天気研究所

ポケモン。主に天候パについて

トップ記事

 

はじめまして。このブログは主に天候パを使った構築を綴るブログです。

前のブログ→

キョウタのブロマガ - ブロマガ

Twitter:@Judaspoke

 

過去使用構築まとめ

・第6世代 ORAS

【ポケモンORASシーズン17使用構築】コジョンド入りサザングロス【最高2010/最終2006】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930214507p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180930214557p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180905014130p:plainf:id:Judaspoke:20180930214640p:plain

 

・第7世代 SM/USUM

【ポケモンSMシーズン1使用構築】ぺリグドラと愉快な仲間たち【最高,最終2008】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20180402222019p:plainf:id:Judaspoke:20180930214940p:plainf:id:Judaspoke:20180709150047p:plainf:id:Judaspoke:20180930215001p:plainf:id:Judaspoke:20180930215018p:plain

 

【ポケモンSMシーズン2、関西.関東シングルFESTA使用構築】カバドリテテフにキノコを添えて【最高,最終2113】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180930215158p:plainf:id:Judaspoke:20180514165218p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plain

 

【ポケモンSMシーズン3使用構築】真冬の暗夜に誘われ…【最高2003/最終1878】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180930215405p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180930215513p:plainf:id:Judaspoke:20180515093134p:plainf:id:Judaspoke:20180514163950p:plain

 

【ポケモンSMシーズン4終盤、真皇杯ラスチャレ使用構築】亀と鹿と洗濯機【最高,最終1910】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930215748p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180930215158p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plain

 

【ポケモンSMシーズン5使用構築】メブキジカ入り晴れ【最高,最終2009】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930215748p:plainf:id:Judaspoke:20180930220333p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180515093134p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン7使用構築】キュウコンフシギバナ純正晴れ【最高,最終2010】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930220933p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20180930220333p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514171100p:plainf:id:Judaspoke:20180514234953p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン8使用構築】アマルルガ+アローラサンドパン入り純正霰パ【最高,最終2004】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180930221948p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180515003703p:plainf:id:Judaspoke:20180930222543p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン9使用構築】ギガドリ純正砂パと筋肉イカ【最高,最終2002】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514163052p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plainf:id:Judaspoke:20180514171301p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン10使用構築】マニュバレルと見せかけてゴルダック入り純正雨【最高,最終2003】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20180709145805p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180709145720p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plainf:id:Judaspoke:20180709164336p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン11使用構築】砂塵と快晴、2天候複合パ(最高順位6位)【最高2072,最終2009】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180904020322p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180904022739p:plainf:id:Judaspoke:20180904112853p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン12使用構築】氷穴に潜む魔獣(キュウコンサンドパン純正霰)【最高,最終2004】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180904135004p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン14使用構築】快晴に咲く一凛の花と砂塵駆けるわんこ【最高2038,最終2002】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020322p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20190328170212p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20180514171100p:plain

 

・第8世代 剣盾

【ポケモン剣盾シーズン6使用構築】砂嵐に巻き込まれたわたげたち【最高,最終レート2011,最高216位,最終393位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180904021958p:plainf:id:Judaspoke:20200604035123p:plainf:id:Judaspoke:20180905014130p:plainf:id:Judaspoke:20200604035555p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plain

  

【ポケモン剣盾シーズン7使用構築】アシッドレイン【最高,最終レート2003,最高113位,最終223位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20200604040041p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180905000145p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン8使用構築】貧弱・砂塵と快晴【最高,最終レート2002,最高105位,最終488位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20190328170212p:plainf:id:Judaspoke:20181113012201p:plainf:id:Judaspoke:20181108011023p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン10使用構築】キュウコンサンドパン純正霰【最高,最終レート2008,最高68位,最終251位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20201005143302p:plainf:id:Judaspoke:20200706145355p:plainf:id:Judaspoke:20201005211315p:plainf:id:Judaspoke:20200706145259p:plain


【ポケモン剣盾シーズン11使用構築】空の王者、大陸の覇者と腕白コンビ【最終順位853位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020151p:plainf:id:Judaspoke:20180711180052p:plainf:id:Judaspoke:20201102154215p:plainf:id:Judaspoke:20201102154647p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plainf:id:Judaspoke:20200706145259p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン12使用構築】新世代カバドリ【最高,最終レート2053,最終順位152位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20201127230631p:plainf:id:Judaspoke:20200604040041p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン13使用構築】流星豪雨【最高,最終レート2005,最終順位252位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20210103025611p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plainf:id:Judaspoke:20190329192452p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン14使用構築】インブレイスエンド【最高,最終レート2005,最終順位223位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20210201184528p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20201103181344p:plainf:id:Judaspoke:20180515092100p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン15使用構築】暗黒砂塵【最高,最終レート2004,最終順位251位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211003000536p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20200604035227p:plainf:id:Judaspoke:20201128032853p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン22使用構築】晴天空破斬【最高,最終レート2006,最終順位247位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020336p:plainf:id:Judaspoke:20200801021725p:plainf:id:Judaspoke:20211001174202p:plainf:id:Judaspoke:20211001174316p:plainf:id:Judaspoke:20180515003612p:plainf:id:Judaspoke:20211001232101p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン23使用構築】桜花爛漫ザシアンスタン【最高,最終レート2039,最終順位67位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020336p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20211001174202p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20200604035632p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plain

 

【ポケモン剣盾ジムチャレンジ使用構築】粉砕!玉砕!ダイロック!【最高,最終レート1743、最終順位28位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20200604035123p:plainf:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plain

 

シーズン24反省会【最高レート2004,最終レート1957,最終順位126位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20200604042113p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン25使用構築】ダイマ枯渇黒バド砂塵【最高,最終レート2000,最順位139位】※シーズン25最速2000達成 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20200604042113p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン26使用構築】ダイマ誤魔化し黒バド砂塵【最高,最終レート2060,最終順位15位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20210103011714p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン27使用構築】展開!始動!バンギランド馬鹿【最高レート2054,最終レート2025最終順位53位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plainf:id:Judaspoke:20220228170445p:plainf:id:Judaspoke:20220216131113p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン28使用構築】要塞アイシクルレイン【最高,最終レート2004,最終順位122位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20220216125159p:plainf:id:Judaspoke:20220216125207p:plainf:id:Judaspoke:20220216125512p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20180402221354p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン29使用構築】砂塵爆誕バドルギア【最高,最終レート2013,最終順位41位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン31 2ROM使用構築】爆炎黒馬砂塵【最高,最終レート2004,最終順位56位 最高,最終レート2012,最終順位33位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン32使用構築】雷鳴黒馬砂塵【最高,最終レート2007,最終順位51位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン33使用構築】難攻不落無限砂塵【最高,最終レート2011,最終順位48位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾チャンピオンリーグ使用構築】お天気チャンピオン【最高,最終レート1812,最終順位3位】 - 天気研究所

 

 

・第9世代(SV)

【ポケモンSVシーズン2使用構築】毒殺バンギガブ【最高,最終2075,最終順位391位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモンSVシーズン3 2ROM使用構築】二極化ペリカメ(ペリイルカ)【最高,最終レート2064,最終順位360位 最高,最終レート2113,最終順位190位】 - 天気研究所

 

()

 

【ポケモンSVシーズン5使用構築】ブリザードムーン【最高,最終レート2003,最終順位405位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモンSVシーズン8使用構築】カバルガワカメ【最高,最終レート2006,最終順位384位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモンSVシーズン10使用構築】霊海ウルガカイリュー【最高,最終レート2001 最終順位315位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモンSVシーズン13 2ROM使用構築】炎天下舞踏会【最高,最終レート2016,最終順位222位 最高,最終レート2116,最終順位40位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモンSVシーズン14 2ROM使用構築】カバドリ動物園【最高,最終レート2002,最終順位558位 最高,最終レート2059,最終順位198位】 - 天気研究所

 

 

※構築記事がアップ次第更新予定

【ポケモンSVシーズン16使用構築】礎ペリグドラ【最高,最終レート2005 最終順位477位】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりでございます。キョウタと申します。

シーズン16お疲れ様でした。シーズン16でも天候パを使いなんとかレート2000に到達することができました。需要があるかどうかわかりませんが、今回も自身が使ってた構築を記録として構築記事にして残します。最後まで読んでくださると幸いです。

 

 

シーズン16使用構築

f:id:Judaspoke:20240401130700j:image

※岩オーガポンとブリジュラスの画像がなかった為、同じタイプのユレイドルディアルガで代用してます。

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

 

・レギュレーションFで追加された天候エースを使いたいと思い最初は天候エースを模索。追加された天候エースを色々探したところキングドラを使ってみたいと思いキングドラ入りの雨パを組むことを決意。雨エースをキングドラにして雨始動要員をニョロトノペリッパーのどちらにするか考えました。最初はだっしゅつボタンニョロトノからこだわりメガネキングドラで高火力を押し付ける古に伝わる戦い方をやろうと考えてましたが、環境に多いハバタクカミやテツノツツミなどのすばやさを上げてくるブーストエナジー勢に不利を取られてしまうのと、技構成全てを攻撃技にしてしまうとパオジアン、悪ウーラオスのふいうちに縛られて窮屈な立ち回りを強いられることになる為、こだわりメガネ持ちキングドラ入り雨パは無しで別の型の雨パを模索。他の型を模索したところ今作からウェーブタックルを新規習得したので物理型(りゅうのまい)で使うのも悪くないと思い物理型での採用を決意(物理+りゅうのまいならハバタクカミ、テツノツツミなどのすばやさを上げてくるブーストエナジー勢に少しでも抗うことができるので上記の弱みを克服することができます)。キングドラに全抜きエースの役割を担うなら雨始動要員は雨ターンを多く残せた状態でキングドラに繋ぐことができるのが望ましい為、雨始動要員はとんぼがえりで安全に雨エースに繋ぐことができるペリッパーにしました。ペリッパーキングドラの2匹からスタートして残りの補完枠4匹を色々試しながら模索。

 

・最初の補完枠はステルスロックキングドラの全抜きをサポートすることができて、雨と組み合わせることで見せ合いの段階でアタッカーを認識させることができるブリジュラスを最初の補完枠として採用。ステルスロック+雨キングドラで全抜きを狙うルートを一つの軸として、残りの裏選出となる補完枠を模索。

 

・天候選出で苦手となるキラフロル、キョジオーン、グライオンに強く戦えるポケモンが欲しい+前期(シーズン15)の序盤で使ってましたが、最後まで上手く使いこなすことができなかったのでシーズン16でこそリベンジしたい想いが強かったのもあり、上記の対策としてたべのこしラティアスを採用。

 

・ここまでの4匹だとサーフゴー、ブリジュラス、はがねテラスタルカイリューに一生隙を見せることになるので、ヒードラン以外のはがねタイプに役割を持てて環境に多いカイリュー、パオジアンにおにびを入れて機能停止を狙うことができるウルガモスを採用。

 

・最後の補完枠はここまでの5匹だとイダイトウ系統のパーティに一生勝てなかったので、イダイトウ入りのパーティに少しでも抗うことができてブリジュラスのステルスロック展開からウルガモスラティアスで積んで相手のポケモンを削り、削りきれなかった残りを最後お掃除するスイーパー+対面選出で相手の場を荒らす役割を担える岩オーガポンを最後の補完枠として採用。

 

 

 

【コンセプト】

 

・天候始動要員、天候エースは上段に配置

・見えないところから相手のポケモンの機能停止を狙う

・最低限対面選出、サイクル選出の両方で戦えるようにする

 

 

【パーティ紹介】

 

 

ペリッパー NNアフラック

持ち物:しめったいわ

テラスタイプ:くさ

性格:のんき 特性:あめふらし

努力値:H252 B108 D148

実数値:167-70-147-115-109-63 ※S個体値0

技構成:ウェザーボール、ぼうふう、とんぼがえり、はねやすめ

 

調整

☆H-B 補正ありA252振りこだわりハチマキ持ちカイリューげきりんを確定耐え

☆H-D 補正なしC252振りこだわりメガネ持ちハバタクカミのムーンフォースを確定耐え

☆S 個体値0(カバルドンに対して天候を変えつつ下からとんぼがえりを撃つことができる)

 

天候始動要員。

雨展開してからとんぼがえりで後続のキングドラに繋ぐ役割を担ってます。なるべく安全にキングドラを着地させたかったので、性格をのんき(すばやさ下降補正)+すばやさ個体値0にして相手の下からとんぼがえりを撃てるようにしました。あくびカバルドン、あくびアカツキガチグマなどのあくびループで嵌めてくる相手にはあくびをペリッパーで受けてからとんぼがえりで後続に繋ぐことができるので使用感はかなり良かったですが、とつげきチョッキ持ちのアカツキガチグマやアシレーヌキングドラの攻撃1発で倒せない相手に対してペリッパーで上から削りを入れてキングドラの攻撃圏内に入れたい場面も多々あったので一長一短です。

技構成は雨状態でタイプ一致となるウェザーボールとぼうふう、交代技のとんぼがえりまで確定。残りの技はカイリューや霊獣ランドロスなどのこおり技4倍勢に撃つれいとうビームやHP管理ができるはねやすめやテラスタル中でタイプ一致となるテラバーストなど候補はありましたが、最終的にTODの勝ち筋を広げたりHP管理を行い雨を再展開する試行回数を増やすことができるはねやすめにしました。持ち物は雨ターンを長くすることができるしめったいわ。後続のキングドラの全抜きのことを考えたらこの持ち物以外持たせることができなかった。

テラスタイプは雨選出で一貫しやすいでんき、くさ技を半減で受けれることができるくさタイプにしましたが、このポケモンにテラスタルを切ることはシーズン中ほとんどなかったです。

 

 

キングドラ NN2PAIR】

持ち物:フィラのみ(HP3分の1回復きのみ)

テラスタイプ:みず

性格:いじっぱり 特性:すいすい

努力値:H164 A244 S100

実数値:171-160-115-×-115-118

技構成:ウェーブタックル、テラバースト、りゅうのまい、みがわり

 

調整

☆H 3n(フィラのみの回復効率)

☆S すいすい発動時最速こだわりスカーフ持ち霊獣ランドロス抜き

☆A 残り(可能な限り高く)

 

天候エース。

ペリッパーの雨展開からりゅうのまいを積んで全抜きを狙うのが理想。雨状態でりゅうのまいを積むことができればブーストエナジーですばやさが上がったハバタクカミやテツノツツミに対して上から攻撃することができます。

5世代のイメージが強いのかキングドラを特殊型と想定して立ち回るプレイヤーが多く物理型の警戒が低い為、一度でもりゅうのまいを積むことができれば全抜きをしてeasy winを量産することができました。りゅうのまい+みず技で完結できてるので技構成のカスタマイズ性能は他の雨エースと比べて高いものを持っていると実感しました。ただ、レギュレーションFの環境はカイリュー、ブリジュラス、水ウーラオス、水オーガポンとみず技を半減以下で受けれることができるポケモンが多く雨の刺さりが悪くなってる関係上選出できる試合は少なかったです。それでも選出できた試合ではりゅうのまいを積んで無双することができたので制圧力は流石の一言です。

技構成は火力とすばやさを上げれるりゅうのまいとタイプ一致で最大打点となるウェーブタックルまで確定。残りはでんじは、どくどくなどの状態異常技とパオジアン、悪ウーラオスのふいうちを透かすことができて天候ターンを調整することができるみがわりとテラスタル時に反動無しでみず技を撃つことができるテラバーストにしました。テラバーストの枠は雨状態で上から撃って怯みを狙うことができるたきのぼりも候補でしたが、たきのぼりだと相手に接触する為、ゴツゴツメットなどのスリップダメージが入ってしまいます。ウェーブタックルを使う関係上キングドラのHP管理が重要になります。なるべく余計なスリップダメージを喰らいたくないのでたきのぼりではなくテラバーストを採用してます(この技構成だと特性ちょすいの水オーガポンに何もできませんが、水オーガポンを見たら裏選出するよう割り切ってました)。持ち物はみがわりとウェーブタックルの反動でHPが削られるのでそこのケアとしてフィラのみ(3分の1回復きのみ)を持たせました。

ラスタルは雨状態でのみず技のリーチを伸ばせるみずタイプ。

 

 

 

 

ラティアス NNLatias】

持ち物:たべのこし

テラスタイプ:フェアリー

性格:おくびょう 特性:ふゆう

努力値:H172 B180 S156

実数値:177-×-133-130-150-165

技構成:ミストボール、ドレインキッス、みがわり、めいそう

 

調整

☆H 16n+1(みがわり+たべのこし)

☆H-B ラティアスのみがわりが補正ありA252振り霊獣ランドロスのがんせきふうじで最高乱数以外壊れない

☆S 最速ウーラオス抜き

 

裏選出時のエース。

天候パで選出されやすいキョジオーン、キラフロルやママンボウ系統のサイクル、ドヒドイデ+チオンジェンに強く戦うことができるポケモンが欲しかったので、その対策となるたべのこしラティアスを採用しました。

従来のめいそうラティアスじこさいせいを覚えて場持ちを良くする型が主流ですが、じこさいせいを採用せずみがわり+めいそうの2ウェポンの型を使ってました。みがわりという技が想像以上に強くでんじは、どくどく、あくびなどの状態異常技のシャットアウトやしおづけのスリップダメージを防ぎ有利に試合運びをすることができます。特にあくびアカツキガチグマやママンボウ系統のサイクルにはみがわりがかなり刺さり、みがわり→めいそうでアカツキガチグマを起点に全抜きを狙えたり、ママンボウクイックターンを撃つ盤面でみがわりを選択してみがわりが残った状態で後続のポケモンと対面する為状況次第ではそこらからめいそうを積んで崩すことができるので非常に使いやすかったです。じこさいせいを採用しなかったことでHP管理がシビアになりかなり慎重な立ち回りを要することになりますが、めいそう→ドレインキッスで最低限のHP管理ができるので雑に扱わなければ問題ないです。

テラスタイプはドレインキッスをタイプ一致で撃つことができるフェアリーにしました。テラスタルの仕様上威力60未満の攻撃技のタイプと同じテラスタイプだったらテラスタルしてる時は威力60になるのでお得です(ドレインキッスの回復量は与えたダメージの4分の3回復できるので威力が高ければその分回復量はぐんと上がります)。他のフェアリー技でドレインキッスではなくみわくのボイスを採用する際は必ずしもフェアリーにしなくてはならないわけではないと感じます(その場合のテラスタイプははがねタイプ、あくタイプが候補)。

 

 

 

オーガポン(いしずえのめん) NNOgerpon】

持ち物:いしずえのめん

テラスタイプ:いわ

性格:ようき 特性:がんじょう(テラスタル時はおもかげやどし)

努力値: A252 B4 S252

実数値:155-172-105-×-116-178

技構成:ツタこんぼう、パワーウィップ、はたきおとす、アンコール

 

いわぽにお。

最後に入ってきた補完枠。岩オーガポン以外の5匹だとイダイトウ系統のパーティに弱く勝率がかなり悪かった為、イダイトウ系統のパーティに強く戦うことができるポケモンを探したところ岩オーガポンに辿り着き採用。

特性がんじょうと岩オーガポンの技範囲が本当に偉かったです。イダイトウ系統のパーティが対面駒→対面駒→イダイトウみたいな組み方、選出が多くステルスロック、どくびし、まきびしなどの設置技を採用するケースが少ないとシーズン途中戦って感じました。上記のケースなら岩オーガポンのがんじょうを潰す手段(ステルスロック等)が限定的になるので、がんじょうを潰さないように立ち回りを徹底すればほとんどのイダイトウに勝てるので本当に強かった(イダイトウ系統のパーティにはブリジュラスとウルガモスである程度サイクルを回して最後岩オーガポンで締める立ち回りを徹底してました)。もちろんイダイトウ系統以外にも強く戦うことができるので補完枠としては十分すぎる活躍をしてくれました。

技構成、努力値等はテンプレな為特に語ることはありません(強いて言うならはたきおとすのところをばかぢからにしたら強かったかもしれません)。

 

 

 

ウルガモス NNコチュジャン

持ち物:あつぞこブーツ

テラスタイプ:みず

性格:おくびょう 特性:ほのおのからだ

努力値:H244 B180 C4 D4 S76

実数値:191-×-108-156-126-143

技構成:ほのおのまい、ちょうのまい、おにび、あさのひざし

 

調整

☆H 16n-1

☆S +1で最速ドラパルト抜き

☆C D 端数

☆B 余り

 

※過去に使ったことがある調整です

judaspoke.hatenablog.com

 

 

 

裏選出のエース。

ラティアスと雨選出で突破が面倒なはがねタイプ(主にブリジュラス)に強く戦えるポケモンが欲しかったので採用しました。過去に使ったことある個体な為使用感等の詳細は省きます。

シーズン16ではぜったいれいどパオジアンやじわれ霊獣ランドロスが体感多く、このポケモンに一撃必殺技を撃って何もできずに倒されてしまうケースがあったので前使ってたほどの強さは感じられなかったです()

とはいえおにびによる物理アタッカーの機能停止やちょうのまいあさのひざしによる特殊アタッカーを起点にして全抜きを狙える動きができるのはシンプルに強かったです。オーガポンやカイリューなど厳しい相手が環境トップにいるのがきつい要因でありますが、使い方や立ち回り等を間違わなければまだまだ戦えるポケモンだと感じました。

 

 

※ブリジュラスのGIFが無かった為、タイプが同じディアルガで代用

ブリジュラス NNブリだいこん】

持ち物:オボンのみ

テラスタイプ:フェアリー

性格:わんぱく 特性:じきゅうりょく

努力値:H212 D252 S44

実数値:192-125-165-×-117-111

技構成:アイアンヘッド、ボディプレス、ドラゴンテールステルスロック

 

調整

☆H 偶数(カタストロフィでオボンのみが発動する)

☆H-B 補正ありA252振りウーラオスインファイトを75%の乱数で耐える

☆H-D 特殊アタッカーに対して行動回数を増やしたい為D252振り

☆S 残り(無振り90族抜き)

 

※過去に使ったことがある調整です

judaspoke.hatenablog.com

 

 

 

ステルスロック要員。

ステルスロックドラゴンテールで雨選出、裏選出での全抜きをサポートする役割を担ってます。雨パに組み入れることで相手視点ブリジュラスの型を雨下でエレクトロビームを撃つアタッカーと認識してもおかしくないので、ステルスロック展開をカモフラージュできる点は他のステルスロック要員と違って良かったかもしれません。過去に使ったことある個体な為使用感等の詳細は省きます。

今期もはがね技をアイアンヘッドにしてました。前使ってた時はヘビーボンバーの方が100倍強いと言ってましたが、僕の邪な心にいる悪魔が「遅い相手だったらアイアンヘッド怯みで無償で突破狙えるぞ。ヘビーボンバーよりアイアンヘッドの方がいいじゃん」と。僕は悪魔に魂を売りました(悪魔)。実際はがね技はブーストエナジーハバタクカミに撃つことがほとんどなのでヘビーボンバーで良かった。アイアンヘッドで耐えられてでんじはされたりしたので碌なことなかったです。

嗚呼神よ。悪魔に魂を売った僕を許してほしい。読んでる方も僕みたいなポケモンプレイヤーにならないよう気をつけてください。

 

 

 

パーティ紹介は以上となります。

 

 

【基本選出】

 

 

☆VSスタンパetc

ブリジュラス+@2

微有利

ブリジュラスは確定で残りの2匹はペリグドラ選出かペリグドラ以外の3匹から2匹選出。ブリジュラスのステルスロック展開から後続2匹で崩しにかかるケースが多いです。

 

☆VS旧BIG6+@1

ラティアスウルガモス+(岩オーガポンorブリジュラス)

微不利

ラティアスウルガモスは確定で残りはブリジュラスと岩オーガポンで選択。ディンルー入り自体キツい傾向があります。ステルスロック+ふきとばしで起点作成と起点回避を両立できる為ちょうのまいウルガモスやめいそうラティアスの起点を作ることができないのが厄介。基本はブリジュラスを選出してディンルーの削りとドラゴンテールの往なしでなるべくディンルーを削って後続の攻撃圏内に入れるのと相手のディンルーを場に居座らせないようにするのを心掛けてました。

 

☆VSイダイトウ系統

ウルガモス+岩オーガポン+ラティアスorブリジュラス

微不利

ウルガモスと岩オーガポンは確定で残りはラティアスとブリジュラスで選択。ミミッキュ+イダイトウ(トリックルーム)タイプかテツノツツミ+イダイトウ(対面選出)タイプかによって立ち回りが変わります。トリックルームならウルガモスのHPを確保してミミッキュ対面でひたすらおにびを撃ちイダイトウの無償降臨をさせないようにする。対面選出なら岩オーガポンのがんじょうを大切にしてラス1イダイトウと岩オーガポン対面を作るようにする。

 

 

☆VSママンボウ系統

ブリジュラス+(ラティアスウルガモス)or(ペリッパーキングドラ)

微有利

ブリジュラスは確定で残りを雨選出かラティアスウルガモスの裏選出。サイクル系統のパーティに対しては早めにブリジュラスでステルスロック展開に持ちかけてラティアスキングドラのみがわりで崩す。基本形ならペリグドラ選出をしますが、エルフーン入りなら裏選出をします。

 

☆VSアローラキュウコン展開

ウルガモス+ブリジュラス+ラティアスor岩オーガポン

不利

ウルガモスとブリジュラスの選出は確定で残り1匹をラティアス、岩オーガポンと選択。オーロラベールまでならケアは効きますが、ミストフィールドを持ってるとウルガモスで後続の物理アタッカーにおにびを入れることができないのでかなりきついです。壁ターン枯らしとブリジュラスのドラゴンテールで起点回避を徹底して相手の有利盤面を作らせないように立ち回ります。

 

☆VS霊獣ランドロスサイクル

ウルガモス+@2

微有利

ウルガモスの選出は確定。取り巻き次第で残りの2匹の選出が変わってきますが基本はラティアス、ブリジュラスの選出が多かったです。ウルガモスちょうのまい→おにびやラティアスのテラスタルからみがわりで霊獣ランドロスを起点に崩しにかかります。

 

☆VSキョジオーン軸

ラティアス+@2

微有利

ラティアスの選出は確定で残りの2匹はペリグドラかペリグドラ以外の3匹から2匹選出。ラティアスキングドラのみがわりで崩しに行きます。キョジオーンのテラスタイプで立ち回り等は変わってきますが基本有利です。

 

☆VS天候パ(主に晴れ、雨) 

ペリッパーキングドラ+@1

有利

対天候パはキングドラが刺さってる傾向があったので雨選出で基本的に勝てます。@1はブリジュラスを選出するケースが多かったです。

 

 

 

 

【きついポケモン

 

 

☆水オーガポン

雨パ使ってて水オーガポンキツくないって言う人この世にいません。いたらその人は人間ではありません()

見せ合いの段階で裏選出を強いられる為オーガポンの中では1番相手したくありません。

 

アシレーヌ

水オーガポン程ではありませんが、相手したくないポケモン。アンコール、ほろびのうたを絡めた型だと苦戦必至。

 

☆テツノドクガ

雨パ見てるから出てこないやろーと思ってましたが余裕綽々な顔で選出されます。どくびし型かメテオビームなどのアタッカー型によって対処方法、選出が変わるので面倒です。

 

 

他にもきついポケモンはいますが、特にきつかったのはこの3匹です。

 

 

 

【最後に】

 

TNジューダス 最終477位

f:id:Judaspoke:20240408182729j:image

 

 

改めましてシーズン16お疲れ様でした。

シーズン16はサブロムの方で最終日潜ってましたが、途中で寝落ちして起きた時にはシーズン16の終了時刻が過ぎてて、なんとも言えない順位で終えてしまいました(ちなみにサブロムの最終順位は810位と微妙で汚い順位で終えました)。

シーズン17はレギュレーションFの最後のシーズンなので悔いは残さず全力を尽くしたいと思います。レギュレーションFが始まってからここまで砂、雪、雨を使ってきたのでシーズン17では晴れを使って結果を残したいと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。シングルランクバトルでTNジューダスとマッチングした方は対戦ありがとうございます!

 

 

※最終レート

f:id:Judaspoke:20240408192608p:image

 

※X(旧Twitter):@Judaspoke

 

【ポケモンSVシーズン15使用構築】豪雪グッドスタッフ【最高,最終レート2007 最終順位457位】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりでございます。キョウタと申します。

シーズン15お疲れ様です。シーズン15も天候パ(雪パ)を使いなんとか内部レート2000を到達することができました。需要があるかどうかわかりませんが、今回も自身が使ってた構築を記録として構築記事に残します。最後まで読んでくれたら幸いで。

 

 

シーズン15使用構築

f:id:Judaspoke:20240229232637j:image

※ブリジュラスの画像がなかったのでタイプが同じディアルガで代用してます。

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・シーズン14が終わる前にX(旧Twitter)でシーズン15で使う天候パ(雨、砂、晴れ、雪)をアンケートしたところ雪パの投票数が多かった為、シーズン15は雪パで足掻くことを決意。天候始動要員、天候エースはレギュレーションEで解禁されて以降今作ではまだ一度も使ったことないアローラキュウコンアローラサンドパンを使って結果を残したいと思いこの2匹からスタート。アローラキュウコンのゆきふらし展開からアローラサンドパンの全抜きを狙うのを1つの軸にして補完枠4匹。裏選出の軸を模索しました。

 

・シーズン14でみがわり+めいそうラティオスを使ってた時に「ラティオスが強いならラティアスも強いのでは?」と思い最初の補完枠は雪パで一貫するタイプ(ほのお、かくとう、じめん等)を半減以下で受け出しすることが可能なラティアスを採用。

 

・シーズン14ではタケルライコ、スカーフ水ウーラオスが流行してて、その2匹に強く戦えるポケモンが欲しかった為、上記のポケモンの対策としてこだわりスカーフ持ちの霊獣ランドロスを採用。

 

カイリュー、パオジアン、イーユイ、テツノツツミ、炎オーガポン等のステルスロックが有効なポケモンが環境に多い+天候選出(アローラサンドパン)の全抜きの手助けする(全抜きの弊害となるきあいのタスキを潰せる)ことができるステルスロック要員が欲しかったと感じた。ステルスロック要員はカイリュー、ハバタクカミ、アカツキガチグマに有効打があり(削りを入れることができる)、霊獣ランドロスのいかくと組み合わせてあらゆる物理アタッカーにステルスロックを撒く役割を遂行することができるブリジュラスをステルスロック要員として採用。

 

・最後の補完枠はエンテイ、イーユイ、水オーガポン、チオンジェン等色々と試してましたが、どれもしっくりこない状態です。こちらが求めてる条件はカイリュー、サーフゴー、ハバタクカミに弱くなく(有効打を持ってる)、イダイトウ軸に強気に選出することができてイバンのみ型、こうそくいどう型両方に対応することが可能なポケモンを模索。シーズン14の構築記事で色々と模索したところ、上記の条件を満たしてるブーストエナジー持ちのステラテラバーストのハバタクカミを最後の補完枠として採用。

 

 

 

【コンセプト】

 

・天候始動要員、天候エースは上段に置く

 

・出し負けが少ないポケモンを初手に置き柔軟な試合運びを行う

 

・特定の並びに対して天候選出、裏選出共に明確な役割を遂行できるようにする

 

 

 

【パーティ紹介】

 

 

キュウコン(アローラのすがた) NNヒシャマル

持ち物:つめたいいわ

テラスタイプ:みず

性格:おくびょう 特性:ゆきふらし

努力値:H244 B.4 C4 D92 S164

実数値:179-×-96-102-132-165

技構成:ムーンフォースフリーズドライオーロラベール、アンコール

 

調整

☆H-D 補正なしC252振りこだわりメガネ持ちハバタクカミのフェアリーテラスタルムーンフォースを高乱数耐え(6.2%で倒れる)

☆S 最速ウーラオス抜き

 

天候始動要員。

環境に多いウーラオス、パオジアン、カイリューに弱くなくオーロラベール+アンコールで起点作成、相手の展開阻害ができる点は非常に優秀でした。

今作から天候が霰から雪に仕様が変更したためぼうぎょ方面に努力値を振らなくてもある程度の耐久が確保できるのは今作ならではの強みです。初手から展開するよりかはブリジュラスのステルスロックドラゴンテール展開の後に後続からオーロラベール+アンコール展開するのが理想。天候ターンを多く残してアローラサンドパンに繋ぎたいのでアローラキュウコンを雑に扱うケースが多かったですが、オーロラベール+アンコールの動きで天候ターンを2ターン消費するので、状況によってはアローラキュウコンを温存して雪を再展開する動きをとるのも視野に入れながら立ち回りをしました。

持ち物は雪のターンを多くすることができるつめたいいわ。ひかりのねんども候補でしたが、アローラサンドパンで全抜きすることを考えたらつめたいいわ一択です。

ラスタルタイプは苦手なはがね、ほのお技を半減で受けれて無理やりオーロラベール展開ができるみずタイプにしました。

 

サンドパン(アローラのすがた) NNカクギョウキ】

持ち物:いのちのたま

テラスタイプ:じめん

性格:いじっぱり 特性:ゆきかき

努力値:H4 A252 S252

実数値:151-167-140-×-85-117

技構成:トリプルアクセルアイアンヘッド、じしん、つるぎのまい

 

天候エース。

アローラキュウコンオーロラベール、アンコールで起点作成した後に雪下で全抜きを狙う。環境に多かったカイリュー、サーフゴー、霊獣ランドロス、パオジアン、ハバタクカミに抜群技を撃つことができたり、シーズン14から流行りだしたママンボウ系統のサイクル(主に取り巻きで採用されやすいグライオンモロバレル、オーロンゲ)に強く戦えることができる為、自分が思ってたよりかは今作ではかなり動きやすいポケモンだと感じました。

雪状態でぼうぎょが上がる仕様がこのポケモンとマッチしてて、元からぼうぎょが高いポケモン(ぼうぎょ種族値120)なので、雪状態+オーロラベールで物理アタッカーに対して安全につるぎのまいを積めるようになります(雪状態+オーロラベールで補正ありA252振り炎オーガポンのツタこんぼうまでは耐えれるようになります)。積めるタイミングが増えて全抜き態勢を整えやすくなるので使用感は前作よりだいぶ良くなりました。持ち物、性格共に足りない火力を伸ばせるようにしました(いのちのたま+いじっぱり)。性格をようきにして雪状態でも抜けれる相手を増やしたかったが、ようきにしたところでブーストエナジーハバタクカミ、テツノツツミを抜くことができないので、ようきにするよりかは火力を上げて倒せる相手を増やした方が強いと感じた為、性格はいじっぱりで最後まで貫き通しました。ちなみにいじっぱりだと雪状態でもこだわりスカーフ持ち最速霊獣ランドロスを抜けません(遅すぎる)。ただ、準速こだわりスカーフ持ちのウーラオス意識ですばやさを調整してるこだわりスカーフ持ちポケモンが多かったので、いじっぱりでもだいたいのポケモンを抜くことができたのでそこまで困ることはなかったです(強いて言うならすばやさが上がるタイプのブーストエナジーテツノカシラの対処が面倒でした)。数値が低く使いづらい部分は多々ありましたが、はがね+こおり+じめん技の範囲が優秀で、つるぎのまいから何度も3タテを量産してくれました。シーズン15で使い続けて思ったのが、雪エースで代替が効かない存在だと言っても過言ではありません。

テラスタイプはでんじはを無効にしつつじしんのリーチを伸ばすことができるじめんタイプにしました。

 

 

ラティアス NNLatias】

持ち物:おんみつマント

テラスタイプ:はがね

性格:おくびょう 特性:ふゆう

努力値:H236 B4 C12 D4 S252

実数値:185-×-111-132-151-178

技構成:ミストボール、はどうだん、めいそう、じこさいせい

 

裏選出のエース。

天候選出で苦手なキョジオーン、キラフロル、グライオン等のどくどく、どくびしで絡めてくる相手やまもる+みがわりで天候ターンを枯らしてくる相手に強く戦えるポケモンが欲しかったので、上記の3匹に強いラティアスを採用しました。

序盤から最終日5日前ぐらいまではたべのこしを持たせたみがわり+めいそうを覚えてて、じこさいせいを覚えてない型を使ってましたが、じこさいせいを覚えてない関係上ボルトチェンジ、とんぼがえり、ステルスロック等のサイクル戦に持ち込まれた時に一気に不利になる+キョジオーンのしおづけやキラフロルのキラースピンに対して後出しができない立ち回りがかなり窮屈に感じた為、途中からおんみつマントを持っためいそう+じこさいせいを覚えさせた型を使いました。型を変えてからキョジオーン、キラフロル入りの構築には無類の強さを誇ったので変えて正解でした。おんみつマントを持ったことでキョジオーンのしおづけやキラフロルのキラースピンの追加効果を防ぐほかがんせきふうじすばやさダウン。つららおとし怯み。シャドーボールのとくぼうダウンと負けに直結する要素を全てシャットアウトしてくれたので本当に偉かった(こなみ)。

テラスタイプはカイリュー、サーフゴーに強く戦えることができて、パオジアンに対して無理やり突っ張れることができる+特性ふゆうと相性が良いはがねタイプにしました。

 

 

ランドロス(れいじゅうフォルム) NNヘルクラウダ】

持ち物:こだわりスカーフ

テラスタイプ:ひこう

性格:ようき 特性:いかく

努力値:H36 A236 B4 D4 S228

実数値:169-195-111-×-101-154

技構成:じしん、いわなだれ、とんぼがえり、テラバースト

 

調整

☆H-B 補正ありA252振りパオジアンのA1段階ダウン(いかく込み)のこおりのつぶてを確定耐え

☆S 準速ウーラオス抜き

☆A 残り(ステルスロック+ひこうテラスタルテラバーストで無振りパオジアン確定1発)

 

今回使った構築の核。

前期からこだわりスカーフ持ちの水ウーラオス、タケルライコが流行り出した為その2匹に強く戦えるポケモンがいないとシーズン15では勝ち続けることができないと思った。その2匹に強く戦えてサイクルパーツ、初手からの奇襲、終盤のスイーパーとほとんどの役割を遂行できる為、採用に至りました。

初手から選出していかく→とんぼがえりでブリジュラスに繋いでステルスロック展開の動きはありとあらゆる構築に対して安定した。水ウーラオスに対してもいかくでこうげきを下げた後にとんぼがえりでブリジュラスに繋いですいりゅうれんだを受けてじきゅうりょくを発動させてアドバンテージを稼ぎます(仮にインファイトを撃たれたとしてもインファイト→オボンのみとじきゅうりょくが発動→インファイトは耐えてステルスロック展開が可能です)。ブリジュラスのステルスロック展開ができた後はひこうテラスタルを切ってテラバーストで圧をかけたり、ラティアスorハバタクカミで相手のサイクルを疲弊させた後に最後お掃除したり状況によって奇襲、スイーパーと様々な役割をこなすことができる為、使用感は非常に良かったです。雪選出ができなかった時はいかにこのポケモンで場を荒らせるかによって勝敗が大きく変わるので、HP管理は他のポケモン以上に大事に扱ってました。

 

 

ハバタクカミ NNフルイワカメ】

持ち物:ブーストエナジー

テラスタイプ:ステラ

性格:おくびょう 特性:こだいかっせい

努力値:H4 C252 S252

実数値:131-×-75-187-155-205

技構成:ムーンフォースシャドーボール、テラバースト、みがわり

 

終盤に舞い降りた補完枠。

見た目カイリュー、サーフゴー、ハバタクカミに弱くなく、イダイトウに対してテラスタル有無関係なく対処が可能なポケモンを探したらこのポケモンにたどり着きました。

ハバタクカミを採用したことでこれまで対処がきつかった対天候パ、ハバタクカミミラー、ありとあらゆるカイリューに対して強く立ち回ることができた為、補完枠の役割を果たしてくれました。特にみがわりが想像以上に強く、相手のテラスタルを誘発させてみがわりで相手のテラスタルの有無を確認してからこちら側が行動できる為、相手の情報を引き出しながらこちらが技選択、テラスタル、交代することができるようになります(イメージだと前作のみがわり黒バドレックスに近いイメージがあります)。相手がテラスタルした場合こちらもテラスタルをしてステラテラバーストで倒すプレイングをとれたり、相手がテラスタルしなかった場合は削りを入れて後続のポケモンに任せるプランをとれたり個人的にはかなり強い動きができると感じます(テラスタルを切ってそれが無駄になるケースがあったりするので、テラスタルを無駄にしないよう未然に防ぐことができる)。

上記以外にもハバタクカミミラーの時にみがわりででんじはを透かせたり、アカツキガチグマのあくびを透かせたりと役に立つ場面は多かったです(様子見の手段としてかなり重宝しました)。

 

 

※ブリジュラスのGIFが無かった為、タイプが同じディアルガで代用

ブリジュラス NNブリだいこん】

持ち物:オボンのみ

テラスタイプ:フェアリー

性格:わんぱく 特性:じきゅうりょく

努力値:H212 D252 S44

実数値:192-125-165-×-117-111

技構成:アイアンヘッド、ボディプレス、ドラゴンテールステルスロック

 

調整

☆H 偶数(カタストロフィでオボンのみが発動する)

☆H-B 補正ありA252振りウーラオスインファイトを75%の乱数で耐える

☆H-D 特殊アタッカーに対して行動回数を増やしたい為D252振り

☆S 残り(無振り90族抜き)

 

天候選出、裏選出の要。

ステルスロックドラゴンテールで相手のサイクルを疲弊させて天候選出、裏選出の全抜きをサポートする役割を担ってます。ステルスロック撒きの役割を持ちながら特性じきゅうりょくのぼうぎょアップからボディプレスで圧をかけれる動きはシンプルかつ純粋に強い立ち回りを取れます。

霊獣ランドロスのいかくと組み合わせるとこで、物理アタッカーに対して安定して受け出しすることができ、安全にステルスロック展開を行うことができる為、2匹の相性はかなり良いです。ステルスロック展開だけではなくハバタクカミを対面処理できたり、りゅうのまいカイリューに対してドラゴンテールで流すことができたり、じきゅうりょくでぼうぎょを上げてからボディプレスで後続のポケモンの攻撃圏内に入れたり、やってることは普通に強いです。

持ち物は当初ラティアスをたべのこしにした関係上消去法でオボンのみを持たせました。途中からラティアスの持ち物をたべのこしからおんみつマントに変わったのでたべのこしを持たせようと考えてましたが、ブリジュラスを使ってて感じたのが何度も後出しができるポケモンではない(高速回復技を覚えない)のと、攻撃を受ける→オボンのみを食べる→攻撃を耐えるケースを何回かあり、たべのこしの回復よりオボンのみの回復で拾えた試合もあったのでたべのこしにはせずずっとオボンのみのまま貫き通しました(構築によってはたべのこしでも十分ありです)。天候選出、裏選出で重要な役割を持ってるのでいかにこのポケモンステルスロック展開+相手の削りを入れて後続のポケモンのサポートができるかによって試合運びが変わります。

技構成でヘビーボンバーではなくアイアンヘッドを採用してる理由はブリジュラスの体重が思ったより軽すぎるから「ヘビーボンバーでダメージそこまで入らないからアイアンヘッドの方が良いのでは?」と思いアイアンヘッドを採用しました。ただ、ハバタクカミに対してアイアンヘッドよりヘビーボンバーの方が圧倒的にダメージが入る+アイアンヘッドを耐えられて無駄にブリジュラスが削られるシーンが何回かあったのでヘビーボンバーの方が100%良いです(ちなみにシーズン終わりにハバタクカミに対してヘビーボンバーの威力がアイアンヘッドより高いことに気づきました。僕はバカです)。

ラスタルは悪ウーラオスの攻撃やパオジアンのせいなるつるぎ+あく技を安定して受けることができるフェアリーにしました。

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

【基本選出】

 

☆VSスタンパ(BIG6)

or

微有利

霊獣ランドロスとブリジュラスは選出確定。残り1匹はハバタクカミかラティアスで選択ですが、ほとんどラティアスを選出してました(アカツキガチグマに強く戦える為)。霊獣ランドロスのとんぼがえりからブリジュラスのステルスロック展開をしてから試合運びをします。

 

☆VSママンボウ系統

有利

ブリジュラスのステルスロック展開からアローラキュウコンオーロラベールを張ってアローラサンドパンで全抜きします。アローラサンドパンが1回でもつるぎのまいを積めれば全員貫けます。あとはアローラサンドパンが技外しをしなければ勝てます(超重要)。

 

☆VSイダイトウ軸+@3

or

微不利

イダイトウの型を誤ったら負けに直結するため慎重に立ち回ることを意識。こちら側はみがわりハバタクカミを大事に扱いつつイダイトウのこうそくいどうを2回積ませないように徹底する。

 

☆VSイエカシ+@3

+@2

不利

かなりきつい構築です。ブリジュラスのHPを大事にしつつドラゴンテールでブーストエナジーテツノカシラとかるわざオオニューラを往なす立ち回りを心がける。

 

☆VSキョジオーン系統

有利
霊獣ランドロスとブリジュラスで相手のサイクルを疲弊させた後にラティアスで詰めるのが理想。岩オーガポン、キラフロルと組んでるケースがあるので、テラスタルは霊獣ランドロスよりラティアスで切るケースがほとんどです(はがねタイプになればどくどく無効+ツタこんぼうを半減で受けれる為)

 

☆VSとんボルチェンサイクル

or

微不利

霊獣ランドロスとタケルライコは問題ないですが、ハッサムがきつめです。ブリジュラスのステルスロック展開から雪選出で圧をかける立ち回りをとります(雪選出ができなかったらラティアスで頑張ります)。

 

 

【きついポケモン

 

ハッサム

ほのおタイプ+ほのお技を覚えてるポケモンが1匹もいない為かなりきついです。来期は焼却処分隊を名乗ります。

 

☆テツノカイナ

体重も重いしパーティ単位でも重い。毎回相手してると「数値高すぎる。誰だよこのポケモン開発したバカは」と毎回キレ散らかしてました()

 

☆チオンジェン

ラスタルを絡められると雪選出、裏選出共に対処がかなりきつい。ハバタクカミ、ラティアスでなんやかんやするしかないです(テラスタルが無ければアローラサンドパンでも対処可能)。

 

他にもきついポケモンはいますが特にきつかったのはこの3匹です。

 

 

 

【最後に】

 

TNジューダス 最終457位

f:id:Judaspoke:20240307014637j:image

 

改めましてシーズン15お疲れ様です。

 

シーズン14に引き続きレート2000を到達することができて非常に嬉しいです。ただ、体調や仕事の日程等がそこまで良くなく最終日潜れなかったことが悔しいです。仕事だけなら何とか時間を確保して多少は潜れましたが、体調が優れなかったのが潜れなかった要因でした(体調管理を怠ったのが自分なので100%自分が悪いです)。シーズン16では体調管理等をしっかり行い万全な状態で最終日挑めるよう努めます。

シーズン16ではどの天候パを使うか全く決まってないですが、色々と模索して決めていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。ランクバトルでTNジューダスとマッチングした方は対戦ありがとうございます!

 

 

※最終レート

f:id:Judaspoke:20240307022754p:image

 

何かあれば旧Twitterまで

 

X(旧Twitter):@Judaspoke

【ポケモンSVシーズン14 2ROM使用構築】カバドリ動物園【最高,最終レート2002,最終順位558位 最高,最終レート2059,最終順位198位】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりでございます。キョウタと申します。シーズン14お疲れ様です。シーズン14では砂パ(カバドリ)を使って挑みました。自分が目標としてたレート、順位は到達できませんでしたが、シーズン14でもなんとかレート2000を到達することができました。需要があるかどうかわかりませんが、自身が使ってた構築を残す意味で構築記事に残したいと思います。最後まで読んでくださると幸いです。

 

 

シーズン14使用構築

f:id:Judaspoke:20240204005838p:image

※レート2000まで使用

 

f:id:Judaspoke:20240201195915p:image

※レート2000以降、サブロム使用構築

 

 

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・レギュレーションFにルールが変わり新しく使えるようになった天候エースのドリュウズを使いたいと思いドリュウズ入りの砂パを使うところからスタート。天候始動要員はバンギラスカバルドンのどちらにしようか悩みましたが、環境が煮詰まってない状態でバンギラスは使いづらいと感じたのとバンギラスよりカバルドンの方が使い慣れてるため天候始動要員はカバルドンにしました。カバルドンドリュウズの2匹からスタートして残りの補完枠4匹をシーズン通して色々と模索しました。

 

・序盤からカバドリで色々と試してましたが、しっくりくる補完枠が中々思いつかいため、序盤とある方に構築相談をしたところ「水ウーラオスと炎オーガポンがカバルドン展開を阻害してくる相手に対して初手から咎めることが可能」とういことを知り、耐久に厚く振った水ウーラオスと炎オーガポンを最初の補完枠として採用。カバドリ+水ウーラオスor炎オーガポンの選出でカバドリで苦手な相手(パオジアン、ウーラオス、霊獣ランドロスなど)を水ウーラオスと炎オーガポンで倒してからカバドリの通りを良くする動きができたため、残りの補完枠2匹はカバドリ選出ができない時に選出できる(あわよくば全抜きエースになれる)ポケモンを模索しました。

 

・カバドリで一貫するじめん技を撃ってくる勢(主に霊獣ランドロスアカツキガチグマなど)に強く戦えることができて、カバドリで苦手となるくさ技とみず技を半減で受けれることができて裏選出の全抜きエースになれることができるめいそうラティオスを採用。

 

・カバドリ以外の3匹だとハバタクカミの攻撃(ゴースト技、フェアリー技)を安定して受けれる+強く戦えるポケモンがいなかったのでハバタクカミ(あわよくば他の特殊アタッカー)を安定して受けれることができる+カバルドン→クッション→対面操作技を駆使して安全にドリュウズラティオスに繋げたいポケモンが欲しかったので、その2つの条件を満たしてるキチキギスを最後の補完枠として採用。この6匹でメインロムの方でレート2000到達することができたためサブロムの方でも同じ6匹で潜りました。

 

・ただ、サブロムの方で潜ったところこだわりハチマキ持ちのサイコファングパオジアンに全く勝てません(パオジアンの対処が水ウーラオスと炎オーガポンに一任してたためそのパオジアンに全て貫かれます)。環境に一定数こだわりハチマキ持ちのパオジアンの構築(ママンボウモロバレル+パオジアンみたいな並び)が多かったので、そこの構築に対して安定して勝てるようにならないといけないと感じたため構築を1度解散して練り直すことにしました。元々のベースが強かったので変更したとしても1匹か2匹。こちらの求める条件はこだわりハチマキ持ちのパオジアン(サイコファング持ち)に受け出しすることができて、使用率が高いカイリュー、サーフゴーに弱くないポケモンを探したところガオガエンにたどり着き、タイプが被ってる炎オーガポンと代わり採用しました。

 

 

 

 

 

【コンセプト】

 

・カバドリは上段に配置

 

・対面駒→クッション(盤面操作)→崩し駒でサイクルを有利に運ぶ

 

カバルドンの起点作成から積みリレーで崩す

 

 

 

【パーティ紹介】

 

※①レート2000まで使用 ②レート2000以降+サブロムで使用

カバルドン NNイタイワニー】

持ち物:さらさらいわ

①テラスタイプ:はがね

性格:わんぱく 特性:すなおこし

努力値:H252 D252 S4

実数値:215-132-151-×-124-68

②テラスタイプ:みず

性格:わんぱく 特性:すなおこし

努力値:H252 B172 D84

実数値:215-132-176-×-103-67

 

技構成:じしん、ステルスロック、あくび、ふきとばし

 

①調整

☆H-B 補正ありA252振りパオジアンのつららおとしを確定耐え

☆H-D 補正ありC252振りアカツキガチグマのノーマルテラスタルブラッドムーンを確定耐え

☆S ミラー意識で4振り(砂ターンを多く残した状態で展開したいため)

 

②調整

☆H-B 補正ありA252振りいのちのたま持ちパオジアンのつららおとしを確定耐え

☆D 残り(補正なしC252振りこだわりメガネ持ちサーフゴーのゴールドラッシュを確定で耐える)

 

天候始動要員+起点作成要員。動物園で言うとカバです(そのまんま)。

ステルスロックからあくびのルートでドリュウズラティオス、水ウーラオスの起点を作って全抜きのサポートをする役割を担ってます。同じ砂始動要員のバンギラスと違ってでんき技を無効にすることができるため、見せ合いの段階ででんきタイプの選出を抑制することができます(例外はありますが)。ボルトチェンジの一貫を消せる意味では天候始動要員として非常に優秀です(ボルトチェンジで後続のポケモンを無償降臨させないのは偉いポイントです)。

シーズン序盤はHDに厚く努力値を振って特殊アタッカーに対して最低1回は行動できるようにしましたが、ウーラオスやパオジアンなどの高火力物理アタッカーに何もできずに倒されてしまい負けに直結するシーンが何度かあったので途中から型を変えてHBに厚く努力値を振った型を使いました。基本はドリュウズとセットで選出することがほとんどですが、ピンで選出することもありました(カバルドンで起点作成してからラティオス、水ウーラオスで無双するルートも取れます)。

技構成はよくいる起点作成のカバルドンの技構成。テラスタイプはパオジアンのつららおとしや水ウーラオスのすいりゅうれんだを半減で受けれることができるみずにしました。

 

 

※①レート2000まで使用 ②レート2000以降+サブロムで使用

ドリュウズ NNサブウェイ】

持ち物:いのちのたま

テラスタイプ:ステラ

性格:ようき 特性:すなかき

努力値:A252 D4 S252

実数値:185-187-80-×-86-154

技構成:①じしん、アイアンヘッド、テラバースト、つるぎのまい

    ②じしん、アイアンヘッド、みがわり、つるぎのまい

 

砂エース。動物園で言うとモグラポジション。

カバルドンステルスロック+あくびで起点作成した後、つるぎのまいから全抜きを狙うのが理想。環境に多かったカイリュー+サーフゴーの並びに対して有効打を持ちつつ1匹で戦えることが可能なのは純粋に強かったです。ただ、環境に多いウーラオス、パオジアン、アカツキガチグマ、ディンルー、水オーガポン、テツノツツミなどが苦手とするので剣盾(第8世代)と比べたら少し動かしづらかったと感じました(すなかき発動時のドリュウズよりすばやさが高いブーストエナジーテツノツツミは許しません)。それでもつるぎのまいからの全抜き性能は他の天候エースと比べて群を抜いて強いのでまだまだ戦えます。

技構成は序盤はテラバーストを採用したつるぎのまい+3ウェポンの個体を使ってましたが、途中からテラバーストをみがわりに変えて使ってました。みがわりを採用した理由はステラじしん、ステラアイアンヘッドの1発目(ステラテラスタルは1発目の技の威力が上がりますが、2発目から威力は上がらない為)を透かしてくる立ち回りをされるケースが多かったので様子見ができてふいうち等を透かすことができるのが主な理由です。みがわりを採用したことで勝てた試合もあったので使いやすかったです(ステラテラスタル+テラバーストも全てのポケモンに等倍以上のダメージを与えられるのは天候エースと相性が良いのでどちらも捨て難いです)。

調整はシーズンが煮詰まってない状態は自分の中で最速を使うことを決めてたので最速でずっと使ってました。次ドリュウズを使う際は色々な調整を模索して今より良い結果を残せるよう努めます。

 

 

ラティオス NNラティオス

持ち物:たべのこし

テラスタイプ:はがね

性格:おくびょう 特性:ふゆう

努力値:H172 B4 C76 D4 S252

実数値:177-×-101-160-131-178

技構成:ラスターパージ、はどうだん、みがわり、めいそう

 

調整

☆H 16n+1

☆S オーガポン、ミラー意識で最速

☆C 余り

 

カバドリの補完枠+裏選出の要。このポケモンだけ動物園要素が皆無です。

カバドリで苦手となる水ウーラオスアカツキガチグマ、霊獣ランドロスなどに強く戦えることができて、カバドリで一貫するくさ技、みず技、じめん技を半減で受けれることができる為カバドリとの相性は良いです。カバドリ選出できなかった時の全抜きエースの役割を担ってます。初手からテラスタルしてからみがわり、めいそうで崩すルートや、ガオガエンやキチキギスの対面操作(とんぼがえり、すてゼリフ)から崩すルートをとれたので、状況に応じて様々な立ち回りをすることができます。裏選出はいかにこのポケモンを通せるかを考えながら立ち回ってました(テラスタルを切る時はとことんこのポケモンに切ります)。

技構成、持ち物はメインウェポンとなるラスターパージは確定。残りの技は悪ウーラオス、パオジアン、イーユイなどのあくタイプに抜群をつけるはどうだんと耐久ポケモン(主にキョジオーン、でんじはカイリュー)に対して強く戦いたかったので、たべのこしを持たせたみがわり+めいそう型を使ってました。キョジオーンやでんじはカイリュー以外にもテラスタルを絡めればキラフロル、霊獣ランドロス、あくびアカツキガチグマ、ママンボウポリゴン2にも強く戦えることができます。特にキョジオーン(まもる+みがわり等で天候ターンを枯らしてくるポケモン)とキラフロルは天候パではきついポケモンな為(天候始動要員と天候エースがどくびしを無効にできるポケモンが少ない為)その2匹に明確に強く戦えるのは本当に偉かった。カバルドンステルスロック、あくびやキチキギスのとんぼがえりやガオガエンのおにび、すてゼリフで相手にデバフを押し付けてからラティオスに繋いで全抜きするルートはカバドリ選出以外の強い勝ち筋なので、ラティオスのHP管理は怠らないよう立ち回ることを意識してました。

テラスタイプはひこうテラバースト霊獣ランドロスカイリューあたりに強く戦えることができるはがねにしました。ふゆう+はがねテラスタルは純粋に強かった(こなみ)。

 

 

キチキギス NNかっしー】

持ち物:くろいヘドロ

テラスタイプ:どく

性格:しんちょう 特性:どくのくさり

努力値:H236 B252 D20

実数値:193-111-134-×-162-119

技構成:どくづき、とんぼがえり、まもる、はねやすめ

 

調整

☆H-D 補正なしC252振りこだわりメガネ持ちハバタクカミのシャドーボール+ステラテラスタルシャドーボールをくろいヘドロの回復込みで確定耐え

☆H-B なるべく高く(パオジアン、ウーラオスなどの物理アタッカーに対して居座ってとんぼがえりを撃ちたい為)

 

クッション枠。動物園で言うとキジポジションです。

ハバタクカミ、アシレーヌアローラキュウコンなどの特殊フェアリー勢やジャローダ、悪ウーラオスなどカバドリ選出だと受け出しが難しい相手に対して安定して受け出しすることができる為採用しました。

タイプは本当に優秀でフェアリー技と悪ウーラオスのメインウェポン両方とも半減で受けれることが可能なので、タイプで助かった場面は何度もありました。ただ、タイプが優秀な故、過労死になりやすいこともあるので場面に応じてHP管理をしっかり行うことを意識しながら立ち回ってました。技構成は相手の攻撃を受けてから盤面を操作をしたかったので交代技となるとんぼがえりとクッション性能を上げることが可能ならはねやすめまで確定。残りの2つはハバタクカミ、アシレーヌなどとくぼうが高いフェアリー勢に対して削りを入れることができてタイプ一致で撃てるどくづきと特性どくのくさりでもうどく状態になった相手をはねやすめと合わせて倒すことができて、くろいヘドロの回復と相性が良いまもるを採用しました。フェアリー技を切ってる関係上ウーラオスに対して有効打がなくつるぎのまいの起点にされるケースはありますが、ウーラオス側も技構成がわかってないキチキギスに対して悠長に居座ることはできないと信じてフェアリー技を切りました。実際(技構成がわかってない)キチキギスに対してウーラオスは悠長な選択はほとんどしてこなかったのでフェアリー技を切って困った場面はあまりなかったです。

テラスタイプはどく。1番テラスタルを切らないポケモンなので基本何でも大丈夫ですが、くろいヘドロの回復を考えたらどくタイプ一択です。

※NNは実在するポケ勢からとりました。本人から掲載許可を貰ってます。

 

 

ウーラオス(れんげきのかた) NN武道熊師】

持ち物:パンチグローブ

テラスタイプ:どく

性格:いじっぱり 特性:ふかしのこぶし

努力値:H236 A252 B4 D4 S4

実数値:205-200-122-×-81-118

技構成:すいりゅうれんだ、ドレインパンチアクアジェットつるぎのまい

 

最初に入ってきた補完枠。動物園で言うと熊です。

カバドリで苦手となる霊獣ランドロスグライオン、アーマーガアなどのステルスロックが抜群で入らないひこうタイプ勢やパオジアン、ディンルー、イーユイなどのパルデア準伝説勢にタイプ上強く戦えることができる為採用しました。初手から出してカバドリで苦手なポケモンを水ウーラオスで処理してからカバドリの通りを良くするのが理想です。

耐久に厚く努力値を振ることですばやさが高いウーラオス、こだわりメガネorパワフルハーブ以外のブリジュラスの攻撃を一回受けてからドレインパンチで回復する動きができます(相手のウーラオスインファイトを受けて耐久が下がった相手からドレインパンチで回復したり、ブリジャラスのりゅうせいぐんを受けてとくこうが下がった後にドレインパンチで回復したり)。すばやさを高くしたい場面はありましたが、先手を取ってドレインパンチで攻撃するよりかは後攻でドレインパンチで攻撃したほうが試合を有利に運びやすいと感じる場面が多かったのですばやさを割いて耐久と火力に厚く振った調整を最後まで使い続けました。SVに入ってからシーズン14ではじめてウーラオスを真面目に使いましたが使用感は非常に良かったです。つるぎのまいからのすいりゅうれんだの貫通性能は他のポケモンと比べた時、群を抜いてるのを感じました。今後も色々と模索したいと思います。

テラスタイプは序盤はつるぎのまい→すいりゅうれんだとアクアジェットのリーチを伸ばせるみずでしたが、オーガポン、ハバタクカミと不利対面を取られた時に不利なサイクルを強いられるケースが多発してたので少しでもオーガポン、ハバタクカミに対して居座ることができるどくタイプにしました。

 

 

※レート2000まで使用

オーガポン(かまどのめん) NNスタルキッド】

持ち物:かまどのめん

テラスタイプ:ほのお

性格:いじっぱり 特性:かたやぶり⇒(テラスタル時)おもかげやどし

努力値:H220 A76 B156 D4 S52

実数値:183-165-124-×-117-137

技構成:ツタこんぼう、ウッドホーン、がんせきふうじ、でんこうせっか

 

調整

☆H-B 補正ありA252振り水ウーラオスのみずテラスタルすいりゅうれんだを確定耐え

☆S がんせきふうじ1回で最速135族(ハバタクカミ)抜き

☆A 残り

 

ほのおぽにお。動物園でいうと家族で動物園を満喫してる子供ポジションです。

水ウーラオスと同様最初に採用した補完枠。カバドリ選出で苦手となる耐久みずポケモン(ヘイラッシャ、スイクンなど)とチオンジェン、ジャローダなどのやどりぎのタネ+みがわり(耐久くさタイプ)勢に強く戦えることができます。初手から出してカバドリで苦手な相手を迅速に処理したり、カバルドンステルスロック展開から炎オーガポンの一貫を作ったり様々な選択をすることができる為カバドリとの相性は良かったです。最低限耐久に回すことでウーラオス、パオジアンの相手をすることができるので、序盤は水ウーラオスと炎オーガポンでカバドリの苦手な相手に抗ってましたが、中盤以降から抗えなくなり炎オーガポンを一度構築から外しました。

 

 

※レート2000以降+サブロムで使用

ガオガエン NNガオガエン

持ち物:あつぞこブーツ

テラスタイプ:みず

性格:わんぱく 特性:いかく

努力値:H252 B252 D4

実数値:202-135-156-×-111-80

技構成:フレアドライブ、はたきおとす、おにび、すてゼリフ

 

炎オーガポンの代わりに入ってきた補完枠。動物園で言うと虎です。

水ウーラオスと炎オーガポンだと一定数いる持ち物こだわりハチマキでサイコファングを覚えてるパオジアンに崩されるケースが多発してたので、パオジアンに対して受け出しが安定する枠として採用しました。ガオガエンを採用したことによってパオジアンだけではなく炎オーガポンに受け出しができたり、環境に多かったカイリュー+サーフゴーの並びに弱くない為補完枠として非常に優秀でした。特性いかくとおにび+すてゼリフで相手にデバフを押し付けながら盤面操作できる性能はかなり強くありとあらゆる構築に刺さります。今回使ったラティオスと組み合わすことで特性いかくによるクッションとしての役割を遂行しつつ、おにび+すてゼリフで相手の火力を削ぎながら盤面操作を行いラティオスのみがわり+めいそうの試行回数を増やすことができてラティオスの全抜き態勢を整えることができる為、裏選出でラティオスを通す上で重要な役割を担ってます。

環境上位にも何かしら仕事をこなすので純粋に強かったです。ただ、炎オーガポンからガオガエンに変えたことで、みずタイプのポケモンに対して薄くなりカバドリ選出が中々出来なかったのも事実です。補完枠としては非常に優秀でしたが、カバドリの補完枠としては諸説ありです。もっと色々と考察するべきだとシーズン終わって後悔しました。

持ち物はステルスロックやどくびし等でガオガエンに削りを入れられるのが面倒だったのでそれらの要因を全て無にできるあつぞこブーツを持たせて、テラスタイプは水ウーラオスに少しでも足掻くことが可能なみずタイプにしました。

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

【基本選出】

 

+@1

天候選出。残りの1匹は補完枠の4匹から選択ですが、ラティオス、水ウーラオスの選出が多かったです。

 

or

カバルドン展開からの積みリレー(ラティオスのめいそう。水ウーラオスつるぎのまい)。たまにカバルドンガオガエンの起点作成からラティオスで全抜きを狙うルートもあります。

 

oror

裏選出。ラティオスで頑張る委員会。ラティオスだけでは全抜きが難しいので、クッション(キチキギス、ガオガエン)を絡みながらラティオスを通すのを意識してました。

 

 

 

 

【きついポケモン

 

 

☆イーユイ

パルデアの準伝説の中で1番きつい。こだわりアイテム持ちの対処はまだ楽ですが、こだわってなかった時の対処が本当にだるかった。

 

☆イダイトウ

雨イダイトウ無理無理委員会。ブリジュラスが新しく登場した影響か前の環境より雨パが増えたのら辛い要因です。

 

ラティアス

正確に言えば水オーガポンと組んでるラティアスがマジできついです。ラティアス単体だけならカバドリで対処できますが、カバドリに強く戦える水オーガポンが同居してた場合地獄と化します。

 

 

 

他にもきついポケモンはいますが、特にきつかったのはこの3匹です。

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

TNジューダス 最終558位

f:id:Judaspoke:20240208153445j:image

 

TNオルハ 最終198位

f:id:Judaspoke:20240208153457j:image

 

改めましてシーズン14お疲れ様です。

シーズン14からレギュレーションEからレギュレーションFにルールが変わりましたが、天候パでレート2000を到達することができて安心してます。ただ、自分が目標としてた順位(最終2桁)、レート(最終レート2100)とは程遠い結果で終わってしまいました。砂パ(砂ドリュウズ)の理解度が足りなかったのが結果を残さなかった要因の1つでもあるので悔しい限りです。次回以降砂パを使う際はより良い結果を残せるよう努めます(必ずリベンジします)。

シーズン15では雪パ(アローラキュウコンアローラサンドパン)で足掻こうと思います。シーズン15も続けて天候パで結果を残せるよう色々と模索します。

 

 

【すぺしゃるさんくす】

 

 

☆シーズン序盤に水ウーラオスと炎オーガポンの調整を考えていただいた某氏。本当に助かりました。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。シングルランクバトルでTNジューダス、オルハとマッチングした方は対戦ありがとうございます!

 

 

※最終レート

メインロム

f:id:Judaspoke:20240208154531p:image

サブロム

f:id:Judaspoke:20240208154534p:image

 

何かあれば旧Twitterまで

 

X(旧Twitter):@Judaspoke

【ポケモンSVシーズン13 2ROM使用構築】炎天下舞踏会【最高,最終レート2016,最終順位222位 最高,最終レート2116,最終順位40位】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりです。キョウタと申します。シーズン13お疲れ様です。シーズン13では晴れパを使い久しぶりにレート2000+レート2100を到達することができました。シーズン14からルールが変更して需要があるかどうかわかりませんが、自身の結果を残す意味で今回も構築記事として残したいと思います。最後まで読んでくださると幸いです。

 

 

 

シーズン13使用構築

f:id:Judaspoke:20231231165445j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

 

・レギュレーションEから天候始動要員のキュウコンの解禁と前々からヒスイドレディア入りの晴れパで結果を残したい欲があったのでレギュレーションEでは晴れパ(キュウコン+ヒスイドレディア)を煮詰めることを決めた。シーズン11,12通して使って思ったことはアカツキガチグマ、パオジアン、トドロクツキ、オーガポンなどと厳しい相手が多いため補完枠に求める役割が多すぎると感じました。シーズン11ではパオジアン+ママンボウモロバレルで試したり、シーズン12ではカバルドン+トドロクツキ+サーフゴーなど色々と試しましたが、終盤勝ちきれずレート2000到達しないまま終わったので色々と迷走してました。勝ちきれなかった理由を振り返った時に負けた試合が役割集中で負けるケースがほとんどでした(例をあげるならヘイラッシャでカイリューとパオジアンを受けきると思ったが、こだわりハチマキカイリューでヘイラッシャのHPがかなり削られてパオジアンの受けが成立しなくなるケース)。もちろん上記の例以外にも環境に多いアカツキガチグマやオーガポンも火力に秀でたポケモンなので1匹のポケモンだけで受けを任せて戦うのは危険。こちらが求める理想の補完枠は上記のポケモンに対して最低1回は行動できてクッションとしての役割を果たせるポケモンを最初に模索しました(晴れ選出は受け出しが成立できるほどの耐久がないので、晴れを再展開する際や晴れ始動→補完枠のクッション→晴れエースと安全に晴れエースを着地させるルートを取れる為クッションとしての役割は非常に重要です)。

 

・色々試してる時シーズン中盤にHD霊獣ランドロス+HBヘイラッシャの組み合わせがあらゆる並びに対して選出が可能+最低1回は行動ができて選出しても腐ることがないことを知り、途中からHD霊獣ランドロス+HBヘイラッシャの並びを裏選出の軸として採用。採用したことでクッション+晴れ選出の表選出と霊獣ランドロス+ヘイラッシャ+@1の裏選出を確立することができた。ただ、裏選出で霊獣ランドロス+ヘイラッシャだと相手のサイクルを疲弊させることができるが、状況によって相手のポケモンを確実に倒しきれない為、窮屈な試合展開になってしまいます。残り2匹の補完枠は霊獣ランドロス+ヘイラッシャで相手のサイクルを疲弊させた後のスイーパーとしての役割を担えつつ表選出(晴れ選出)とシナジーがあるポケモンを模索。理想は高速アタッカーor自身のすばやさを上げれる積み技を覚えれるポケモン

 

・晴れ選出と裏選出どちらもシナジーがありカイリューアカツキガチグマ、ウーラオス、オーガポン、パオジアンなどに致命傷を与えることができて、高いすばやさで上から制圧することが可能なこだわりメガネ持ちのハバタクカミを採用。

 

・環境に一定数いるキョジオーン、キラフロル、チオンジェン+ドヒドイデorテツノドクガ等の対策しないと簡単に負けてしまうため、それらの構築に対してメタをはれて晴れと相性が良く霊獣ランドロス+ヘイラッシャと一緒に選出した時に全抜きエースの役割を担うポケモンを探したところおんみつマントトドロクツキに辿り着き最後の補完枠として採用。

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

 

・天候始動要員、天候エースは上段に配置

・裏選出、表選出共に見えない勝ち筋を作る

・クッションを大事にしながら全抜きエースを通す

 

 

 

 

 

 

【パーティ紹介】

 

 

 

キュウコン NNゆたんぽ】

持ち物:あついいわ

テラスタイプ:ほのお

性格:おくびょう 特性:ひでり

努力値:H52 C204 S252

実数値:155-×-95-127-120-167

技構成:オーバーヒート、バークアウト、おにび、おきみやげ

 

調整

☆C H252振りアカツキガチグマを晴れ+ほのおテラスタルオーバーヒートで確定1発

☆S ウーラオスやすばやさを削ってるオーガポン意識で最速

☆H 余り

 

天候始動要員。晴れを展開しておにび、おきみやげ等でデバフを押し付けて後続の起点を作る役割を担ってます。

同じ晴れ始動要員ではコータスが存在しますが、コータスとは違い自主退場技(おきみやげ、いやしのねがい等)を覚えたり、ウーラオスカイリューアカツキガチグマより上から行動できる為レギュレーションEでの使用感はかなり良かったです。特にアカツキガチグマに対して上から行動できるのが偉く、晴れオーバーヒートでHPを削ってから後続の攻撃圏内に入れる動きが純粋に強く、特定のアカツキガチグマ入りの構築(アカツキガチグマ+クレセリア)に対して有利に試合運びをすることができます(クレセリア入りだと初手からアカツキガチグマで暴れるルートを取ってくるので、そこにキュウコンを合わせてオーバーヒートを撃ち込みます)。オーバーヒートを撃った後どうしても相手に隙を与えてしまう展開になってしまいますが、おきみやげやおにびによる物理アタッカーの機能停止など起点回避手段が豊富な為オーバーヒートのデメリットをキュウコン1匹で解決できます。

技構成はオーバーヒート、おにび、おきみやげの3つはすんなり決まりましたが、残り1つをアンコール、ほえる、ソーラービーム等色々な候補はありましたが、オーバーヒートワンウェポンにするとみがわり持ちのテツノツツミにストレスが溜まりまくることを考えて、テツノツツミのみがわりに対して直接ダメージを入れられてデバフ要素(とくこうダウン)を押し付けることができるバークアウトにしました。テツノツツミ以外にもとつげきチョッキアカツキガチグマに対してバークアウト→オーバーヒートで行動回数を増やしながらより多くの削りを入れることができるので便利でした(命中不安に目を瞑れば)。

テラスタイプはオーバーヒートの火力を底上げできるほのおにしました。キュウコンにテラスタルを切ることはあまりないですが、アカツキガチグマ+クレセリアみたいな構築に対しては積極的にテラスタルを切ってました。

 

 

ドレディア(ヒスイのすがた) NNおうじょ】

持ち物:いかさまダイス

テラスタイプ:ゴースト

性格:いじっぱり 特性:ようりょくそ

努力値:H12 A236 B20 D4 S236

実数値:147-170-98-×-96-155

技構成:タネマシンガン、かかとおとし、トリプルアクセル、しょうりのまい

 

調整

☆A 10n

☆S ようりょくそ発動後最速ブーストエナジーテツノツツミ抜き

☆H B D 余り

 

天候エース。キュウコンで起点作成後しょうりのまいを積み全抜きを狙う。

環境に多いウーラオスに対して対面からしょうりのまいを積めることができる性能は他の天候エースにはない強さを持っていると実感しました(あんこくきょうだ、すいりゅうれんだ共に半減で受けられるのは偉い)。技範囲も優秀で晴れエースでありながらテラスタル(テラバースト)に依存せずカイリューに有効打を覚えれるのはこのポケモンならではの強みです。

レギュレーションEを通して使ってきましたが、シーズン11,12は技構成、持ち物が中々決まらず迷走してましたが、シーズン13(藍の円盤が解禁したシーズン)では新しくトリプルアクセルを取得してから使用感はかなり変わりました。トリプルアクセル解禁前はアイススピナーを使ってましたが、アイススピナーだと単発技+火力が足りないため使用感は悪かったです(カイリューのマルチスケイルを貫通できない為ステルスロックのサポートがありきだった)。ただ、トリプルアクセルは連続技なのでステルスロック展開できなくてもカイリューのマルチスケイルを貫通できたので使用感はぐんと良くなりました。持ち物がいかさまダイスの恩恵もあり必ず3回当たるため90%さえ乗り越えればストレスはかかりません(今までタネマシンガンしか恩恵を受けなかったが、タネマシンガン以外にも恩恵を受ける技を覚えたのも大きいです)。いかさまダイスは非常に偉く相手視点から予想できないアイテムだと自分は思ってます。いかさまダイス無警戒で立ち回ってくるプレイヤーも多かった(きあいのタスキ持ちテツノツツミが晴れ状態のヒスイドレディアにテラスタルなしで突っ張ってくる)ので見えない勝ち筋を広げることができます。このアイテムのおかげで負け試合のところを勝ち試合にすることができた為本当に偉かった(こなみ)。

テラスタイプはカイリューしんそく、オーガポンのでんこうせっかを無効にできるゴーストにしました。ノーマル技を透かすケースは何回かあったのでゴーストテラスタルは重宝しました。

 

 

ハバタクカミ NNフルイワカメ】

持ち物:こだわりメガネ

テラスタイプ:フェアリー

性格:おくびょう 特性:こだいかっせい

努力値:H36 B84 C236 D20 S132

実数値:135-×-86-185-158-189

技構成:ムーンフォースシャドーボール、パワージェム、ほろびのうた

 

調整

☆H-D 補正ありC252振りアカツキガチグマのブラッドムーン+しんくうはを確定耐え

☆C なるべく高く(ステルスロック+パワージェムでH252振り炎オーガポンを確定1発)

☆S 最速トドロクツキ抜き

☆B 余り(物理の先制技耐えれたらいいなー程度)

 

破壊の化身。

霊獣ランドロスとヘイラッシャで相手のサイクルを疲弊させてから最後のスイーパー+初手から高火力技で特攻して相手の場を荒らす役割を担ってます。ステルスロック+ハバタクカミの攻撃であらゆるポケモン(カイリュー、パオジアン、炎オーガポンetc)を葬れるので試合のプランを組み立てやすいです。ハバタクカミを選出する時はステルスロック展開とクッションを大事にすることを意識して立ち回ってました。

途中まで性格ひかえめ(最速オーガポン抜き)で火力に夢を追い求めてましたが、最速トドロクツキを抜けない。準速パオジアンを抜けないなどストレスが溜まる一方だったので火力の夢を諦めてすばやさに補正をかけて最速トドロクツキと準速パオジアン抜きの調整に変えて最後まで潜ってました(おくびょうは正義)。

技構成はメインウェポンとなるムーンフォースシャドーボールは確定。残りはステルスロックと合わせて炎オーガポンを倒せるパワージェムとギミック系(バトンパ)に刺さるほろびのうたにしました。無難に強く無難に使いやすかったです。

 

 

トドロクツキ NNコダイノソラ】

持ち物:おんみつマント

テラスタイプ:どく

性格:ようき 特性:こだいかっせい

努力値:H244 A4 B204 D4 S52

実数値:211-160-117-×-122-160

技構成:はたきおとす、ちょうはつ、りゅうのまい、はねやすめ

 

調整

☆A 10n(こだいかっせい発動時の効率を考えて)

☆S 最速霊獣ランドロス、コノヨザルを抜けるライン

☆H-B 残り(なるべく高く)

 

こちらを参考にしました→https://almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com/entry/2023/11/01/133718

※問題があれば消します

 

最後に入ってきた補完枠。トドロクツキ以外の5匹だとキョジオーン、キラフロル入りの構築とドヒドイデ+チオンジェンなどどくびしを絡めた構築に滅法弱かった為その対策として採用しました。

おんみつマントであらゆる技の追加効果を無効にしてちょうはつ+りゅうのまい+はねやすめでHPを管理しながら全抜きを狙える性能は本当に強かった(霊獣ランドロス+ヘイラッシャでサイクル疲弊させた後の積みエースの動きをとれることもgood)。環境に一定数いる上記の構築に対しては無類の強さを誇りeasy winを量産することができました。ヒスイドレディアと同様相手視点からトドロクツキの持ち物をおんみつマントと想定して立ち回る人が少なく見えない勝ち筋を作ることができました。従来キュウコンとヒスイドレディア(晴れパ)をセットに組んでるトドロクツキの持ち物がこだわりハチマキが多い為、こだわりハチマキを想定した立ち回りをとってくるケースが多かったのでおんみつマントはかなり刺さりました。選出率は低いものの選出した時の勝率は1番高い気はします。

テラスタイプは弱点であるフェアリー、かくとう技を半減で受けれることができて、構築単位で重いどくびしの回収+どくどくを無効にできるどくにしました。

 

 

ランドロス(れいじゅうフォルム) NNLandorus】

持ち物:オボンのみ

テラスタイプ:ほのお

性格:しんちょう 特性:いかく

努力値:H252 D236 S20

実数値:196-165-110-×-143-114

技構成:じしん、とんぼがえり、ちょうはつ、ステルスロック

 

調整

☆H-D ハバタクカミ、サーフゴーに行動回数を増やしたい為なるべく高く

☆S ミラー意識(ステルスロック霊獣ランドロスミラーの時上からちょうはつを撃ちたい為)

 

クッション兼ステルスロック要員。間違いなく今回使ったパーティで1番強かったし1番選出してた。

いかく+しんちょうHD振りにするおかげで物理特殊ともにほとんどの攻撃を1回は耐えることができて、ステルスロック展開やじしんによる相手への削りをして後続のサポートを確実に行うことが可能です。不意の高火力技で何もせずに倒されるケースはありますが、そういったケースのほとんどが相手がテラスタルを切って倒しにくるケースなので相手のテラスタルを切らせる最低限の役割を遂行することはできます。基本初手からステルスロック展開をしてから後続にとっておいてクッションとして扱うのが理想(ちょうはつ→とんぼがえりで晴れ展開、トドロクツキ展開に持ち込むルートも取れます)。特性いかくは相手のこうげきを下げる優秀な特性なので状況に応じて雑に切らずに大事にする立ち回りを意識してました。

テラスタイプはハバタクカミのフェアリー技とサーフゴーのはがね技。炎オーガポンのメインウェポンを半減で受けれるほのおにしました。

 

 

ヘイラッシャ NNまぐろ】

持ち物:たべのこし

テラスタイプ:フェアリー

性格:わんぱく 特性:てんねん

努力値:H252 B196 D60

実数値:257-120-176-×-93-55

技構成:ウェーブタックル、あくび、まもる、ねむる

 

調整

☆H-B なるべく高く

☆H-D 補正なしC252振りハバタクカミのフェアリーテラスタルムーンフォースを確定耐え

 

物理受け。霊獣ランドロスステルスロック+ヘイラッシャのあくびで相手のサイクルを疲弊させて後続のハバタクカミやトドロクツキのサポートを行う役割を担ってます。

レギュレーションDの途中からオーガポンが登場してからかなり向かい風になってますが、ウーラオスとパオジアン2匹に受け出しができる数少ないポケモンなため採用しました。レギュレーションEではきついきつい言われてますが、ステルスロックと組み合わせた時に真価が発揮するポケモンだと感じまだまだ強く戦えるポケモンだと実感しました。サーフゴーに弱いのが玉に瑕ですが、ハバタクカミ、トドロクツキ、霊獣ランドロスで最低限カバーできる為そこまで気にはならなかったです。

テラスタイプはこだわりハチマキパオジアンにかみくだくを撃たれてるだけでしんどいのでフェアリーにしました。フェアリーにすることでスケイルショットカイリューに展開阻害できる点は強かった。

 

 

 

 

 

パーティ紹介は以上です

 

 

 

 

 

 

【基本選出】

 

oror

晴れ選出。ほとんどは霊獣ランドロスを選出してますが、オーガポン(みどりのめん)など霊獣ランドロス展開がしづらい相手がいた場合ハバタクカミ、トドロクツキの選出も視野に入れます。

 

oror

裏選出。霊獣ランドロスステルスロック展開から試合を組み立てます。スタンパ(BIG6)系統はハバタクカミ。キョジオーン、キラフロル系統はトドロクツキで頑張ります。

 

 

 

 

 

 

【きついポケモン

 

キノガッサ

テクニシャン、ポイズンヒールどっちも重い。キノコのほうしを無効にできるのがヒスイドレディアしかいない為晴れ選出を強いられる。

 

☆ディンルー

かなりきついと言うわけではないが、選出されたら面倒なポケモン。霊獣ランドロスとトドロクツキのちょうはつを絡めてうまく立ち回るしかありません。

 

☆ヘイラッシャ

じわれ持ち以外なら余裕ですが、現実はほとんどじわれ持ち。ぼくはかなしい()

 

 

 

 

他にもきついポケモンはいますが、特にきつかったのはこの3匹

 

 

 

 

【最後に】

 

結果

TNジューダス 最終222位

f:id:Judaspoke:20240107084542j:image

 

TNオルハ 最終40位

f:id:Judaspoke:20240107084633j:image

 

改めましてシーズン13お疲れ様でした。

レギュレーションEで中々満足した結果が残せず苦しい時期が続いてましたが、シーズン13で晴れパ(キュウコン+ヒスイドレディア)で最終2桁順位を残すことができて本当に嬉しいです。9世代に入って初めての最終2桁なので、これを機にシーズン14以降はより高い順位を目指していきます。

シーズン14からルールが変わりレギュレーションFになります。天候パの変化だとドリュウズが解禁したので、シーズン14ではカバドリかバンドリで結果を残せるよう色々と模索して参ります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!ランクバトルでTNジューダス、TNオルハとマッチングした方は対戦ありがとうございます。

 

 

 

p.s

シーズン13の最終日対戦集をYouTubeの方に投稿しました。

今後余裕がある時はシーズン毎の対戦集を上げていきたいと思います。

 

シーズン13最終日対戦集①

www.youtube.com

 

シーズン13最終日対戦集②

www.youtube.com

 

 

最終レート

メインロム

f:id:Judaspoke:20240107090246p:image

サブロム

f:id:Judaspoke:20240107090342p:image

 

X(旧Twitter)ID:@Judaspoke

【ポケモンSVシーズン10使用構築】霊海ウルガカイリュー【最高,最終レート2001 最終順位315位】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりです、キョウタと申します。

シーズン10お疲れ様です。シーズン10でも天候パを使いなんとかレート2000を到達することができました。次のシーズンからルールがレギュレーションEに変わり需要があるかどうかわかりませんが、自身の結果を残す意味でシーズン10で使ってた構築をここに記載します。

最後まで読んでくださると幸いです。

 

 

 

シーズン10使用構築

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

 

天候始動要員、天候エースは上段に置く

 

ステルスロックから対面選出、サイクル選出の2つの戦い方を両立させる

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

 

 

・レギュレーションDで一度はすいすいイダイトウを使って結果を残したい想いがあったので最初は雨始動要員のペリッパーと雨エースのイダイトウの2匹からスタート。天候エースイダイトウのおはかまいりが「自分のポケモンがひんしになるたびに威力が50上昇する」性質なためサイクル選出よりか対面選出でイダイトウを通すのが強い動きになります。雨を通すにはイダイトウの全抜きの妨げになる要因はマルチスケイルカイリューきあいのタスキ持ちポケモンになります。それらの要因を消すことができるのはステルスロックなため最初の補完枠はステルスロック(あわよくば自主退場技を覚えることができる)要員を模索しました。

 

・最初の補完枠はコノヨザル。ステルスロック展開ができつつ、いのちがけで自主退場ができてイダイトウのおはかまいりの威力上昇につながるため採用しました。雨選出はこの3匹で完結してるので、残りの補完枠は雨選出できない相手に強く戦えるポケモンを模索しました。

 

・見せ合いの段階で雨選出ができないポケモンドヒドイデ、ドオー、ヘイラッシャ、キョジオーンなどの高耐久ポケモンなどにコノヨザルのステルスロック展開からみがわり→ドラゴンテールで一方的に相手のサイクルを疲弊させることができるカイリューを裏選出の補完枠として採用。

 

カイリューで不利をとられるフェアリー勢(主にハバタクカミ)やパオジアンに対して抗うことができて、テラスタルを絡めればほとんどの物理アタッカーに対しておにびを入れて機能停止させてサイクル疲弊を狙えて自身も全抜きエースの役割を担えるウルガモスを採用。

 

・ここまでの5匹だとでんき技の一貫が消せてない状態な為、ボルトチェンジやでんじはなど撃たれ放題です。こちらが求める条件はでんき技(1番重要なのはでんじは)を無効にすることができてコノヨザルのステルスロック展開と相性が悪くないポケモンです。最初はビルドアップ霊獣ランドロスを使いましたが、ウーラオスよりすばやさが低いため上から攻撃されて致命傷を負うケースが多かったので途中から霊獣ランドロスを変えて、ウーラオスよりすばやさが高くダウンロードコンテンツで新たに出た教え技でかなり使いやすくなったガブリアスを最後の補完枠として採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

【パーティ紹介】

 

 

ペリッパー(NNペリッパー)】

持ち物:しめったいわ

テラスタイプ:はがね

性格:おくびょう 特性:あめふらし

努力値:B4 C252 S252

実数値:135-×-121-147-90-128

技構成:なみのり、ぼうふう、れいとうビーム、とんぼがえり

 

今回使った天候始動要員。コノヨザルのステルスロック展開から雨を降らしてからイダイトウに繋ぐ役割を担ってます。

雨ターンを多く残した状態でイダイトウに繋がることをコンセプトとしてるので耐久に努力値は振らずにCS極振りにして持ち物を雨ターンを多く残すことができるしめったいわにしました。耐久に努力値を振らないことで相手の攻撃1,2発でペリッパーが倒れるため雨ターンの消費を抑えてイダイトウを安全に着地させることができました(それ以外にもすばやさにそこまで振ってないサーフゴー、カイリューに上から攻撃をしてイダイトウの攻撃圏内に入れることができるためすばやさに振って活きた場面は多かったです)。ただ、耐久に振りたい場面(ペリッパー対水ウーラオス)もありましたが、最後までCS極振りで使い続けました。

技構成はメインウェポンとなるぼうふう、なみのりカイリューに有効打となるれいとうビームまで確定。残りの技はとんぼがえり、ねごと、はたきおとすなど色々試しましたが、ペリッパーに対してりゅうのまい+はねやすめで雨ターンを枯らしてくるカイリューが何よりも嫌いだったので、後攻とんぼがえりから安全にイダイトウに繋いで雨状態のウェーブタックルで圧をかけれるとんぼがえりにしました。

テラスタイプはテツノツツミのフリーズドライやハバタクカミのフェアリー技を半減で受けれるはがねにしました。ペリッパーでテラスタル切るシーンは少なかったですが、切らないと負けのシーンをテラスタル切って勝ちを拾えた試合もあったのではがねテラスタルは重宝しました。

 

 

イダイトウ(NNイダイトウ)】

持ち物:しんぴのしずく

テラスタイプ:みず

性格:いじっぱり 特性:すいすい

努力値:A252 D4 S252

実数値:195-180-85-×-96-130

技構成:ウェーブタックル、たきのぼりアクアジェット、おはかまいり


今回使った雨エース。コノヨザルのステルスロック展開+ペリッパーの雨展開からひたすら相手を薙ぎ倒していくバーサーカー

雨状態でのみずテラスタルウェーブタックルの火力は凄まじいです。ステルスロック込みで等倍以上の相手はイダイトウの攻撃は基本受かりません。コノヨザル、ペリッパーで相手ポケモンをいかに削れるかどうかでイダイトウの全抜きの難易度が変わってくるので、なるべくコノヨザルとペリッパーで相手に削りを入れてからイダイトウで全抜きを狙う立ち回りをするよう心がけてました。

持ち物はいのちのたまが余っているので序盤はいのちのたまを持たせてましたが、ウェーブタックルの反動+いのちのたまダメージで先制技圏内に入ってしまうケースが多々あったので、途中からみずタイプの技の威力を上げれるしんぴのしずくにしました。しんぴのしずくだとおはかまいりの火力上昇に繋がらないので「いのちのたまだったら勝てたな〜」と思う試合はいくつかあったのでどちらの持ち物も一長一短です。

テラスタイプは雨状態で火力を更に上げることができるみずにしました。雨に関してはみず技の威力を上げてゴリ押すのが無難に強い気がします。

 

 

カイリュー(NNカイリュー)】

持ち物:たべのこし

テラスタイプ:はがね

性格:わんぱく 特性:マルチスケイル

努力値:H212 B228 S68

実数値:193-154-158-×-120-109

技構成:ドラゴンテールアイアンヘッド、みがわり、はねやすめ

 

調整

H 16n+1

S 補正なしS4振りフォルムチェンジロトム抜き抜き

B 余り

 

コノヨザルのステルスロック展開から相手のサイクルを荒らす昆布要員。調整はシーズン3の時に使ってた調整からぼうぎょを削って残りをすばやさに振った個体を使いました。

 

前回使ってた調整→【ポケモンSVシーズン3 2ROM使用構築】二極化ペリカメ(ペリイルカ)【最高,最終レート2064,最終順位360位 最高,最終レート2113,最終順位190位】 - 天気研究所

 

雨選出で苦手になるドヒドイデ、ヘイラッシャ、ちょすいドオー、ヘイラッシャなどの高耐久ポケモンに対して非常に強く戦えるため雨の補完枠として優秀でした。コノヨザルのステルスロック展開からカイリューのみがわり→ドラゴンテールで相手のサイクル疲弊を狙いウルガモスガブリアスで〆る動きはシンプルに強かったです。

技構成は相手のサイクル疲弊させるドラゴンテールカイリューに有効打がない耐久ポケモン咎めるみがわり、HP管理ができてTODによる勝ち筋を増やせるはねやすめまで確定。残りの技はシーズン3と同様にじしんを最初は使ってましたが、ドラゴンテールを無効にしてしまうフェアリー勢、フェアリーテラスタル勢にはみがわり→ドラゴンテールのルートが封じられ相手のサイクルを疲弊できず有利な試合運びができないケースが多発してたので、フェアリー勢とフェアリーテラスタル勢に有効打となるアイアンヘッドを採用しました。じしんを採用しないことでサーフゴーやヒードランに対して有効打がない型になってしまいましたが、その2匹は雨選出やガブリアスウルガモスでなんやかんやできたので困るケースはほとんどなかったです。

テラスタイプはアイアンヘッドの火力を上げることができる+どくどくを無効にしつつカイリューで抜群をとられてしまうこおり、フェアリー、いわ、ドラゴン技を半減で受けれるはがねにしました。

 

 

ウルガモス(NNコチュジャン)】

持ち物:あつぞこブーツ

テラスタイプ:みず

性格:おくびょう 特性:ほのおのからだ

努力値:H244 B180 C4 D4 S76

実数値:191-×-108-156-126-143

技構成:ほのおのまい、ちょうのまい、おにび、あさのひざし

 

調整

H 16n-1

S +1で最速ドラパルト抜き

C D 端数

B 余り

 

裏選出の補完枠。雨選出で苦手なチオンジェンやテラスタルを絡めれば環境に多いパオジアン、ウーラオスに強く戦えることに魅力を感じ採用。調整、技構成はシーズン2で使ってた個体と同じで、テラスタイプをくさからみずに変えて使ってました→【ポケモンSVシーズン2使用構築】毒殺バンギガブ【最高,最終2075,最終順位391位】 - 天気研究所

 

ちょうのまい+おにびで物理アタッカー、特殊アタッカーどちらも制圧できる性能は強く、物理アタッカーに火力を削いで後で紹介するガブリアスの全抜きのサポートをしたり、ちょうのまいで自身が全抜きエースになったらできるので状況に応じて柔軟な立ち回りをすることができました。

過去に使ってた調整+技構成もテンプレなので特に語ることはありません()

 

 

 

ガブリアス(NNキリサメ)】

持ち物:いかさまダイス

テラスタイプ:はがね

性格:ようき 特性:さめはだ

努力値:A252 B4 S252

実数値:183-182-116-×-105-169

技構成:じしん、スケイルショット、みがわり、つるぎのまい

 

最後に入ってきた補完枠。でんじはを無効にしつつでんきタイプに対して強く戦えることができるため採用しました。

一言で言うと最強です。ダウンロードコンテンツで追加されたわざマシン(スケイルショット)と今作で新たに登場した持ち物のいかさまダイスとの相性が良く、一気に使いやすくなりました。

今までのガブリアスはすばやさを上げる手段がこだわりスカーフを持たせるぐらいしかないため窮屈な立ち回りを強いられます。スケイルショットを取得したおかげでこだわりスカーフを持たせなくても自身ですばやさを上がれることができるようになりました。つるぎのまい→スケイルショットで火力を上げつつすばやさを上げて全抜き態勢を整えることもできるので使用感は非常に良いです。いかさまダイスを持たせることで連続技が必ず4回以上当たるので安定した火力を出すことができました。命中が90%なのでシーズン中外して負けに繋がるケースは何回かありましたが、当てた時のリターンが外した時のリスクより遥かに上回っているので外しは割り切ってました(90%怖くてポケモンやってられるかーって言いながらスケイルショット撃ってました)。

テラスタイプはカイリューと同じフェアリー、こおり、ドラゴンなど抜群技を半減で受けれるはがねにしました。

 

コノヨザル(NNアイアイ)】

持ち物:きあいのタスキ

テラスタイプ:はがね

性格:ようき 特性:せいしんりょく

努力値:H252 B4 S252

実数値:217-135-101-×-110-156

技構成:ふんどのこぶし、いのちがけ、がんせきふうじ、ステルスロック

 

雨選出、裏選出のステルスロック要員。ステルスロック展開でイダイトウの全抜きの補助やカイリュードラゴンテールでのサイクル疲弊を狙ったりと、このポケモン始動で試合を組み立てるので余程のことがない限り初手選出してました。

コノヨザルよりすばやさが高いポケモンにはがんせきふうじ→ステルスロックで後続に繋ぐ。コノヨザルよりすばやさが遅いポケモンにはステルスロック→いのちがけor攻撃or交代(TODを見据えるなら)。雨選出、裏選出で重いポケモンと対面したらいのちがけを選択するなど機械的に技選択を行い試合運びをすることを心がけてました。

いのちがけが自分が思ったより優秀で雨選出で苦手な相手(ドヒドイデ、チオンジェン、カイリュー、キョジオーンなど)を無理矢理倒してイダイトウの一貫を作ったり、コノヨザルを1発で倒すためテラスタルを切ってくるポケモン(主にパオジアン、水ウーラオスなど)が多く、序盤から相手がテラスタルを切ることで後続のポケモンでテラスタルのじゃんけん要素を消したりと強い要素が盛りだくさんです。

特性はパオジアンのつららおとしの怯みやイーユイのあくのはどう怯みに臆せずステルスロック展開が確実にできるせいしんりょくにしました。

テラスタイプはミミッキュやハバタクカミと対面した時にフェアリー技を半減で受けれて、きあいのタスキを潰れても安全にステルスロック展開ができははがねにしましたが、終盤の初手コノヨザルとハバタクカミ対面でハバタクカミ側の選択がほとんどでんじはを選択してたのででんじはによる麻痺の負け筋を減らすことができるでんきの方が良かったかもしれません。

 

 

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【基本選出】

 

雨選出。コノヨザルでステルスロックを撒いてからイダイトウで全抜きを狙っていきます。カイリューとコノヨザルが初手で対面した時はステルスロックではなくいのちがけを選択してイダイトウの全抜きの妨げになる要因を消します。

 

+@2()

裏選出。ステルスロックカイリュードラゴンテール展開かステルスロックウルガモスガブリアスの積みリレー展開で戦います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【きついポケモン

 

 

☆トドロクツキ

純粋にきつい。イダイトウのみず技、ゴースト技を両方半減以下で受けれる+トドロクツキよりすばやさが高いポケモンがいないため。

 

☆テツノツツミ

初手から選出されるのはまだ大丈夫ですが、後続から選出されるのが1番きつい。

 

☆オーガポン(いどのめん)

みがわり+やどりぎのタネ持ちはマジで勝てません(圧倒的欠陥構築)。ガブリアスで頑張るしかない()

 

 

 

他にもきついポケモンはいますが特にきつかったのはこの3匹です。

 

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

結果

TNジューダス 最終315位

f:id:Judaspoke:20231006230756j:image

 

 

改めましてシーズン10お疲れ様です。

 

シーズン8振り+レギュレーションDルールで最後にレート2000を達成することができて非常に嬉しいです。シーズン11からルールが変わり環境がだいぶ変化すると思いますが、自分のペースであわよくば結果を残せるよう努めてまいります。

 

 

 

 

 

【すぺしゃるさんくす】

 

 

☆自覚ある色違いペリッパーと自覚ある色違いイダイトウを譲ってくれたふっとんさん。ガーダシルさん

 

 

☆一緒にスマブラ遊んでくれた葉月陽菜乃ちゃん

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。シングルランクバトルでTNジューダスと当たった方は対戦ありがとうございます!!

 

 

 

 

※最高,最終レート

f:id:Judaspoke:20231007013012p:image

 

X(旧Twitter)→キョウタ@天候パ (@Judaspoke) / X

【ポケモンSVシーズン8使用構築】カバルガワカメ【最高,最終2006,最終順位384位】

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。シーズン8お疲れ様です。シーズン8からポケモンHOMEとSVの連動が解禁され過去作のポケモン(一部の準伝説)とヒスイポケモン(ガチグマ、バサギリ、イダイトウ等々)がランクバトルで使用可能となったシーズンでしたが、なんとか天候パで内部レート2000を到達することができました。

需要があるかどうかわかりませんが、自身の結果を記録として残す意味でシーズン8で使ってた構築をここに記載します。最後まで読んでくださると幸いです。

 

 

 

シーズン8使用構築

 

※ジュラルドンのところはヒスイヌメルゴンです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

 

・天候始動要員、天候エースは上段に置く

・火力の押し付け、積みからの無双を両立させる

・受けポケモンにも最低限相手のサイクルを疲弊させる要素を入れる

 

 

【構築経緯】

 

・9世代でここまで晴れ、雨、雪と3つの天候パでレート2000到達できて残りは砂だけなので結果を出す(レート2000到達する)まで砂パを使うことを決意。今作(シーズン8の段階)で使用可能な砂始動要員と砂エースはバンギラスカバルドンと真昼ルガルガン、ハカドッグになります。シーズン8以前にハカドッグ入りの砂パで結果を残した人を見かけましたが、ルガルガン入りの砂パで結果を残した人を見たことはない+どうせなら他の人がまだ結果を残してないポケモンで結果を残したい欲があったので砂エースは真昼ルガルガンからスタート。天候始動要員はあくび+ステルスロックで真昼ルガルガンの全抜きのサポートができてでんき技(ボルトチェンジ)の一貫を消せることができるカバルドンを採用。カバルドン+真昼ルガルガンの2匹を軸にして残りの補完枠、軸となるポケモンを模索しました。

 

・真昼ルガルガンできついポケモン(サーフゴー、ウーラオス、霊獣ランドロスガブリアス、ヘイラッシャ等)に強く戦えるポケモンが欲しかったのと環境に多かったディンルー、カイリュー、ウーラオス、サーフゴー、テツノツツミ、パオジアン等に対してフェアリー+ゴースト技の通りが非常に良いと感じたので最初の補完枠はこだわりメガネ持ちのハバタクカミを採用。

 

カバルドン、真昼ルガルガン、ハバタクカミの3匹だとパオジアン、ウーラオスと不利対面をとられた時受け出しができないためパオジアン、ウーラオスの攻撃に対して受け出しすることができてあくびで盤面を操作することができるヘイラッシャを採用。クッションだけではなくカバルドンステルスロック展開からヘイラッシャのあくび展開に持ち込み相手のサイクルを疲弊させる役割を担います。

 

・ここまでの4匹だとじめん技が一貫しるためじめん技に受け出しすることが可能+真昼ルガルガン以外に積みエースが欲しかったのでその2つの条件を満たしているめいそうクレセリアを採用。

 

・最後の補完枠はテツノツツミ、サーフゴー、ハバタクカミなどの特殊アタッカーと不利対面を取られた時に受け出しすることができてその3匹に対して抜群技を撃つことができるポケモンを模索。候補としてとつげきチョッキ持ちのモロバレルヒードラン、ヒスイヌメルゴあたりを考えてました。モロバレルだとパーティ単位で重いガチグマよりすばやさが低いため何もせずにやられてしまい試合の負けに直結するケースが多い。ヒードランはサーフゴー、ハバタクカミに対してはがね技、フェアリー技を4分の1で受けれることができるのでかなり安定しますが、テツノツツミのみず技が抜群をとられるため選出段階で窮屈な立ち回りになるため消去法でヒスイヌメルゴンになりました(真面目な理由は技範囲が広いためカスタマイズ次第でテラスタルに依存せずハバタクカミ、サーフゴー、テツノツツミの相手ができるため)。

 

 

 

【パーティ紹介】

 

 

 

カバルドン@オボンのみ NNイタイワニー

テラスタイプ:はがね

性格:わんぱく 特性:すなおこし

努力値:H252 B140 D116

実数値:215-132-171-×-107-67

技構成:じしん、ステルスロック、あくび、ふきとばし

 

調整

☆H-B 補正なしA252振りいのちのたま持ちパオジアンのつららおとしを確定耐え

☆H-D 補正なしC252振りこだわりメガネ持ちサーフゴーのゴールドラッシュを確定耐え

 

砂始動要員+ステルスロックやあくび等で後続のサポートを行う起点作成要員。よくいるオボンのみ持ちのカバルドン。砂撒いてステルスロックを展開した後にあくびで真昼ルガルガンつるぎのまいの起点を作るのが理想。

シーズン8の期間ずっと使い続けましたが、9世代(レギュレーションD)に入ってからディンルー、ガチグマなど強力なじめんタイプが登場したり、同じじめんタイプ霊獣ランドロスが新規取得技でちょうはつを覚えたり、サーフゴーが環境に漫遊してるおかげであくび+ふきとばしを簡単に無効化されたり前作(8世代)と比べたら非常に動かしづらいと感じました(ステルスロック+ふきとばしの動きをしたいならカバルドンよりディンルーの方が良いです)。ただ、特性すなおこしのおかげですなあらしによるスリップダメージでパオジアンのきあいのタスキを確実に潰せるのは他のじめんタイプにはない強さを持っていると実感しました(つららおとしの怯みやぜったいれいど1発被弾の要素があったとしてもすなあらしのスリップダメージがあるためきあいのタスキをほぼほぼ潰せます)。環境が変わるにつれて向かい風になってきてますが、それでも無難に強いです。

テラスタイプはパオジアンのこおり技、ハバタクカミのフェアリー技を半減で受けれてほぼ確実にステルスロック+あくびの展開を作れるはがねタイプにしました。

 

 

ルガルガン(まひるのすがた)@きあいのタスキ NNランパード

テラスタイプ:かくとう

性格:いじっぱり 特性:すなかき

努力値:H4 A252 S252

実数値:151-183-85-×-85-164

技構成:ストーンエッジ、アクセルロック、インファイトつるぎのまい

 

今回使った天候エース。カバルドンで起点を作ってから砂下でつるぎのまいを積んで全抜きを狙っていきます。

今作で砂エース(特性すなかき)としての真昼ルガルガンを使いましたが、7世代、8世代と比べてきつい相手が多すぎてしんどかったです。しんどい理由は主に3つあります。

 

①環境に多いサーフゴー+ディンルーの並びを崩せない(サーフゴーに強い型だとディンルーに弱く、ディンルーに強い型だとサーフゴーに弱い)

②悪ウーラオスより水ウーラオスの方が使用率が高い(剣盾の頃は水より悪の方が使用率が高いためまだ真昼ルガルガンでも相手できた)

③前作と比べていわ技の通りが若干悪くなった(剣盾の頃多かったエースバーンの減少。ダイジェットで暴れ回ったひこうタイプ勢の使用率が軒並み下がったため)

 

主な理由はこの3つです。1番影響が大きかったのはサーフゴーの存在です。7世代の頃から真昼ルガルガンははがねタイプに隙を見せてしまうため砂始動要員のカバルドンでじしんの削りを入れたり、あくびで起点作成をしてから真昼ルガルガンつるぎのまいから無理矢理突破したりとカバルドンのサポートがあって真昼ルガルガンで苦手なはがねタイプはなんとかなってました。ただ、サーフゴーが持つ特性おうごんのからだはあくび、ふきとばしを無効化されるためカバルドンで無理矢理起点を作って真昼ルガルガンの全抜きを狙う動きができないのが非常にきつい要因です(使用率も高く対戦相手のパーティに入ってないケースが少なくない+じこさいせいを覚えるためカバルドンで削ったとしてもじこさいせいでHPを回復されて真昼ルガルガンの攻撃圏外になるのもきつい要因です)。それでも強い部分も多少はあります。砂状態であればテツノツツミ、ハバタクカミなどの高速パラドックスポケモンがブーストエナジーですばやさが上がったとしても上から攻撃することができたので他の天候エースにはない強さを持っていると感じました(他には砂状態であればパオジアンのふいうち、こおりのつぶてより上からアクセルロックで縛れるのも強いポイントです)。

技構成はいわ技とかくとう技でサーフゴーに有効打を持ってない型を使ってました。ほのおのキバ、ドリルライナー等とサーフゴーに有効な技を覚えるので型や持ち物次第で抗えますが、そうすると他のポケモンに対する役割がかなり薄くなるので技構成、型は変えずに最後まで貫きました。テラスタイプはディンルーに強く戦いたかったのでインファイトの火力を底上げできるかくとうタイプにしました。かくとうタイプになればステルスロックつるぎのまいインファイトでHB特化のディンルーを確定で倒せます。

 

 

 

ハバタクカミ@こだわりメガネ NNフルイワカメ

テラスタイプ:フェアリー

性格:臆病 特性:こだいかっせい

努力値:H4 C252 S252

実数値:131-×-75-187-155-205

技構成:ムーンフォースシャドーボールサイコショック、マジカルフレイム

 

破壊の化身。真昼ルガルガンできついポケモン(サーフゴー、ウーラオス、ヘイラッシャ、霊獣ランドロス等)や使用率が高いポケモン(カイリュー、パオジアン、ハバタクカミ、ディンルー、テツノツツミ等)にゴースト+フェアリー技の通りが良かったので非常に使いやすかったです。

初手から出して高火力をぶち込んだりカバルドン、ヘイラッシャですなあらし、ステルスロック+あくびで相手のサイクルを疲弊させてから最後お掃除したりと序盤、終盤のスイーパーとして役割を担ってます。攻めのタイプとして非常に優秀で相手のテラスタルを強要する能力は他のポケモンと比べて頭ひとつ抜けてます。有利対面時(例:ハバタクカミとディンルー対面時)相手のテラスタルを誘発(強要)させてから裏に引いて相手のテラスタルを確認して、2サイクル目からこちらのテラスタルで圧をかけることができるため純粋に強かったです。「どのポケモンがテラスタルをするのか」「そのテラスタイプは何タイプか」とテラスタイプの切るタイミングと変更後のタイプを早い段階で確認できるかできないかで勝敗を左右する要因だと僕は思ってます。今回使ったハバタクカミはその要因をいち早く確認することができるため使用感はすごく良かったです(選出率堂々の1位です)。有利対面時はテラスタルを切って高火力で殴るよりかは一度交代して相手の出方を伺う立ち回りをするよう意識しました。

調整はハバタクカミミラーやパオジアンを意識して最速。耐久に振ってある程度の攻撃を耐えて場持ちを良くするのも考えましたが、耐久振りですばやさ調整したハバタクカミと不毛なすばやさ勝負をしたくなかったので最速のまま貫き通しました(最速同士だと50%勝負になりますが、耐久振りすばやさ調整した個体なら100%上から殴れるので勝率を上げる意味で個人的には最速一択でした)。

テラスタイプはこだわりメガネムーンフォースでほとんどのポケモンを破壊できるフェアリータイプ。最初はヒードランドヒドイデを葬るためにテラスタイプじめんにしてましたが、フェアリーテラスタルだったら勝ってた試合が何回もあったのでフェアリーにしました(じめんテラスタルも強かったのでいつかリベンジしたいです)。

 

 

※ヒスイヌメルゴンのGIF素材が見つからなかったので同じタイプのジュラルドンで代用してます

ヌメルゴン(ヒスイのすがた)@とつげきチョッキ NNエスカルゴン

テラスタイプ:ひこう

性格:ひかえめ 特性:そうしょく

努力値:H252 B4 C124 D124 S4

実数値:187-108-121-160-186-81

技構成:ヘビーボンバー、ハイドロポンプかえんほうしゃ10まんボルト

 

調整

☆H-D 補正ありC252振りこだわりメガネ持ちハバタクカミのフェアリーテラスタルムーンフォースをほぼ2耐え(0.3%の乱数2発)

☆C かえんほうしゃでH252振りサーフゴーを確定2発(みず、ひこうテラスタルの場合10まんボルトで確定2発)

 

最後に入ってきた補完枠。ヒスイヌメルゴン以外の5匹だとサーフゴー、ハバタクカミ、テツノツツミの受け出しが厳しいためその3匹に対して受け出しすることができ有効打を持てるポケモンとして採用しました(構築単位でキノガッサモロバレルなどのキノコのほうし勢に弱いのでそこの対策として採用したのもあります)。

最後の補完枠ということもあるので技構成は小学生が好きそうな構成になってます(一応真面目に考えてこうなりました)。ヘビーボンバーはテラスタルをしないハバタクカミを一撃で仕留めるため。10まんボルトかえんほうしゃはテラスタル前、テラスタル後(みずタイプ、ひこうタイプ)に抜群をつけるため。最後の技はヒードラン、イーユイなどのほのおタイプ勢や霊獣ランドロス、ガチグマなどのじめんタイプ勢に削りを入れることができるハイドロポンプを採用しました。ピンポイントの技構成になってるため選出率は低め。ただ、選出できた試合ではほぼほぼ活躍できたので補完枠としての役割を果たしてくれました。

テラスタイプはじめん技を無効化することができるひこうタイプにしました。ひこうのおかげでガチグマ対面でテラスタルをしてひこうタイプに変わればじめん技を透かしながらハイドロポンプ2発で倒すことができるので色んな場面で役に立ちました。

 

 

クレセリア@おんみつマント NNゴッグ

テラスタイプ:どく

性格:ずぶとい 特性:ふゆう

努力値:H252 B236 S20

実数値:227-×-176-95-140-108

技構成:アシストパワー、ムーンフォース、めいそう、つきのひかり

 

調整

☆S 4振りフォルムチェンジロトム抜き

☆H-B 残り

 

めいそう+アシストパワーで全抜きを狙う積みエース。真昼ルガルガンが選出できない時にもう1匹積みエースが欲しかったのと、この後紹介するヘイラッシャ以外にも物理アタッカーに対してある程度受け出しができるポケモンが欲しかったので、上記の条件を満たしてるクレセリアを採用しました(ヘイラッシャの役割集中を防ぐのもあります)。

一度でもめいそうを積むことができればほとんどの特殊アタッカー相手にも強く戦えることができるため使用感は良かったです。ただ、アンコールやちょうはつに対しては無力です。環境に多かったカイリュー、テツノツツミなどのアンコール勢やヒードラン、霊獣ランドロスなどのちょうはつ勢には滅法弱いので選出、立ち回り時に注意は必要です。

テラスタイプはどくどくを無効にすることができてハバタクカミのフェアリー技を半減で受けれることが可能などくタイプ。カイリューのじしん、しんそく、ひこうテラバースト全て半減以下で受けれるはがねタイプも候補でしたが、ウーラオスのかくとう技が抜群になってしまうのが何よりも嫌だったのでかくとう技にも耐性があるどくのまま貫き通しました。

 

 

ヘイラッシャ@たべのこし NNぬしさま

テラスタイプ:はがね

性格:わんぱく 特性:てんねん

努力値:H252 B252 D4

実数値:257-120-183-×-86-50

技構成:ウェーブタックル、ボディプレス、あくび、まもる


高性能クッション。カバルガ+ハバタクカミできついパオジアン、ウーラオスに受け出しすることができて、カバルドンステルスロックと組み合わせることであくびで相手のサイクルを疲弊+盤面操作をすることができるため採用しました。カバルドン1匹でもステルスロック+あくびの展開はできますが、砂パということもありカバルドンは真昼ルガルガンを全抜きをサポートする役割を持っているのでカバルドンを雑に扱えないです(カバルドンを倒されてしまうと砂を展開することができなくなってしまうので真昼ルガルガンの全抜きが狙えなくなるためなるべくカバルドンを温存する立ち回りをするよう意識しました)。カバルドンステルスロックを撒いた後、すぐヘイラッシャに交代してあくび展開で相手のサイクルを疲弊させて再度砂展開してから真昼ルガルガンで全抜きするのが理想です。

たべのこし+あくび+まもると特性てんねんの性能は相手の積み技(つるぎのまい、めいそう等)を無効にしながら不利な展開を押し付けてこちらのHP管理ができるのは純粋に強いですが、役割集中(物理アタッカー2枠でヘイラッシャを崩す)にすごく弱いうえ高速回復技(じこさいせい、はねやすめ等)を覚えないので、HP管理が他のポケモンと比べて難しいと感じるポケモンでした(こだわりハチマキ持ちパオジアンでヘイラッシャがかなり削られて相手のウーラオスが受からなくなり負けるケースもあります)。

技構成はタイプ一致で撃てるウェーブタックルと相手のサイクルを疲弊させつつこちらのHP管理ができるあくび+まもるは確定。残り1つの枠はパオジアンに致命傷を与えられてノーマルテラスタルカイリュー、ディンルー、テツノツツミ等に対して抜群をつけて反動ダメージを受けずに削りを入れることが可能なボディプレスにしました。じわれも候補でしたが、あるとどうしても一撃必殺技に依存してしまうのとプレイングがお粗末になってしまうので採用を見送りました。

テラスタイプは中盤まででんき技を無効にできるじめんを使ってましたが、こだわりメガネ持ちのフェアリーテラスタルハバタクカミへの勝率が低かったため、フェアリー技を半減で受けれるはがねタイプにしました。NNの由来はドラクエⅨに登場するモンスター。完全に余談ですが、色違いの見た目はぬしさまよりオーシャンボーンに似てるのでもし英語ロムで捕まえてたらNNはオーシャンボーンとつけてました。

 

 

※似てると思ってるのは僕だけ?

 

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

 

 

【基本選出】

 

or

砂選出。砂ルガルガンであばれてから最後こだわりメガネハバタクカミで締める対面選出か、カバルドン+ヘイラッシャで相手のサイクルを疲弊させてから真昼ルガルガンで締めるサイクル選出をしてました。

 

or

裏選出。基本こだわりメガネハバタクカミを通すことを意識して立ち回りしてました。ハバタクカミで苦手な物理先制技持ちのウーラオス、パオジアンはテラスタルを絡めてクレセリアでなんやかんやします(適当)。

 

or

カバルドンを絡めた裏選出。主にディンルー+カイリューの並びには積極的に選出します。ハバタクカミでテラスタルを誘発させてカバルドン+ヘイラッシャでサイクルを疲弊させてからハバタクカミで圧をかけるのが理想。

 

 

 

 

 

 

【きついポケモン

 

ドヒドイデ

どくびしを回収するポケモンがいないため対処に困るポケモンカバルドンステルスロックやすなあらしのスリップダメージ等を与えながらハバタクカミのシャドーボール圏内に入れるよう立ち回る必要があります。

 

☆ドオー

ドヒドイデほどではないが対処に困るポケモンクレセリアでなんやかんやするのが理想(ドわすれ持ちかあくテラスタルはほぼほぼ詰みレベル)。

 

☆チオンジェン

砂選出の天敵。テラスタルが絡むと砂選出(真昼ルガルガン)での突破が困難になるため裏選出を強いられる(やどりぎのタネ+まもるで天候ターンを稼がれるのもきついポイント)。

 

 

 

 

他にもきついポケモンはいますが、特にきつかったのはこの3匹です

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

結果

 

TNジューダス 最終レート2006 最終順位384位

f:id:Judaspoke:20230813153417j:image

※シーズン終わった後に表示される最終順位スクショし忘れましたm(_ _)m

 

改めましてシーズン8お疲れ様でした。シーズン6,7と良い結果を残せない時期が続いてましたが、なんとか砂パで結果を残すことができて安心してます。

7世代、8世代と続いて今作(9世代)も全ての天候パでレート2000を達成。今作もテンペストマスター†を名乗ることができます。

7世代(サン・ムーン)から全ての天候パを使い続けてきますが、ここまで記録を継続できるとは思ってなかったので今までにない嬉しさがあります。まだまだ天候パを辞める気はないので今後も自分のペースであわよくば結果を残せられるよう努めます!と言いたいところですが、シーズン9では7年振りに天候パ以外の構築を使ってみたいと思っているのでシーズン9は天候パはお休みです。勝てなくてボロボロだったらまた天候パに戻ります(信念弱男)。

 

 

 

【告知】

 

自分は「デカヌチャンカップ」という仲間大会に携わってます。2023年8月16日(21:00~23:59)に第2回デカヌチャンカップの予選が開催されます。下記にURLと仲間大会のIDを添付しますので、興味がある方、時間がある方は是非参加してください!

☆第2回デカヌチャンカップ開催要項URL

第2回 デカヌチャンカップ 開催要項 | デカヌチャンネル 

 

☆予選仲間大会ID

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。ランクバトルでTNジューダスとマッチングした方は対戦ありがとうございます!

 

 

TwitterID:@Judaspoke