天気研究所

ポケモン。主に天候パについて

トップ記事

 

はじめまして。このブログは主に天候パを使った構築を綴るブログです。

前のブログ→

キョウタのブロマガ - ブロマガ

Twitter:@Judaspoke

 

過去使用構築まとめ

・第6世代 ORAS

【ポケモンORASシーズン17使用構築】コジョンド入りサザングロス【最高2010/最終2006】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930214507p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180930214557p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180905014130p:plainf:id:Judaspoke:20180930214640p:plain

 

・第7世代 SM/USUM

【ポケモンSMシーズン1使用構築】ぺリグドラと愉快な仲間たち【最高,最終2008】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20180402222019p:plainf:id:Judaspoke:20180930214940p:plainf:id:Judaspoke:20180709150047p:plainf:id:Judaspoke:20180930215001p:plainf:id:Judaspoke:20180930215018p:plain

 

【ポケモンSMシーズン2、関西.関東シングルFESTA使用構築】カバドリテテフにキノコを添えて【最高,最終2113】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180930215158p:plainf:id:Judaspoke:20180514165218p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plain

 

【ポケモンSMシーズン3使用構築】真冬の暗夜に誘われ…【最高2003/最終1878】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180930215405p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180930215513p:plainf:id:Judaspoke:20180515093134p:plainf:id:Judaspoke:20180514163950p:plain

 

【ポケモンSMシーズン4終盤、真皇杯ラスチャレ使用構築】亀と鹿と洗濯機【最高,最終1910】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930215748p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180930215158p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plain

 

【ポケモンSMシーズン5使用構築】メブキジカ入り晴れ【最高,最終2009】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930215748p:plainf:id:Judaspoke:20180930220333p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180515093134p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン7使用構築】キュウコンフシギバナ純正晴れ【最高,最終2010】:キョウタのブロマガ - ブロマガ

 

f:id:Judaspoke:20180930220933p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20180930220333p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514171100p:plainf:id:Judaspoke:20180514234953p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン8使用構築】アマルルガ+アローラサンドパン入り純正霰パ【最高,最終2004】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180930221948p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180515003703p:plainf:id:Judaspoke:20180930222543p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン9使用構築】ギガドリ純正砂パと筋肉イカ【最高,最終2002】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514163052p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plainf:id:Judaspoke:20180514171301p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン10使用構築】マニュバレルと見せかけてゴルダック入り純正雨【最高,最終2003】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20180709145805p:plainf:id:Judaspoke:20180515180548p:plainf:id:Judaspoke:20180709145720p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plainf:id:Judaspoke:20180709164336p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン11使用構築】砂塵と快晴、2天候複合パ(最高順位6位)【最高2072,最終2009】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180904020322p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180904022739p:plainf:id:Judaspoke:20180904112853p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン12使用構築】氷穴に潜む魔獣(キュウコンサンドパン純正霰)【最高,最終2004】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20180514163254p:plainf:id:Judaspoke:20180904135004p:plainf:id:Judaspoke:20180514164302p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plain

 

【ポケモンUSMシーズン14使用構築】快晴に咲く一凛の花と砂塵駆けるわんこ【最高2038,最終2002】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020322p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20190328170212p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20180514171100p:plain

 

・第8世代 剣盾

【ポケモン剣盾シーズン6使用構築】砂嵐に巻き込まれたわたげたち【最高,最終レート2011,最高216位,最終393位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180904021958p:plainf:id:Judaspoke:20200604035123p:plainf:id:Judaspoke:20180905014130p:plainf:id:Judaspoke:20200604035555p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plain

  

【ポケモン剣盾シーズン7使用構築】アシッドレイン【最高,最終レート2003,最高113位,最終223位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20200604040041p:plainf:id:Judaspoke:20180514170447p:plainf:id:Judaspoke:20180904112757p:plainf:id:Judaspoke:20180905000145p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン8使用構築】貧弱・砂塵と快晴【最高,最終レート2002,最高105位,最終488位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180930215721p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20190328170212p:plainf:id:Judaspoke:20181113012201p:plainf:id:Judaspoke:20181108011023p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン10使用構築】キュウコンサンドパン純正霰【最高,最終レート2008,最高68位,最終251位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20180905024249p:plainf:id:Judaspoke:20201005143302p:plainf:id:Judaspoke:20200706145355p:plainf:id:Judaspoke:20201005211315p:plainf:id:Judaspoke:20200706145259p:plain


【ポケモン剣盾シーズン11使用構築】空の王者、大陸の覇者と腕白コンビ【最終順位853位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020151p:plainf:id:Judaspoke:20180711180052p:plainf:id:Judaspoke:20201102154215p:plainf:id:Judaspoke:20201102154647p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plainf:id:Judaspoke:20200706145259p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン12使用構築】新世代カバドリ【最高,最終レート2053,最終順位152位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20201127230631p:plainf:id:Judaspoke:20200604040041p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン13使用構築】流星豪雨【最高,最終レート2005,最終順位252位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20210103025611p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plainf:id:Judaspoke:20190329192452p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン14使用構築】インブレイスエンド【最高,最終レート2005,最終順位223位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180905022237p:plainf:id:Judaspoke:20210201184528p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20201103181344p:plainf:id:Judaspoke:20180515092100p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン15使用構築】暗黒砂塵【最高,最終レート2004,最終順位251位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211003000536p:plainf:id:Judaspoke:20180515094854p:plainf:id:Judaspoke:20200604035227p:plainf:id:Judaspoke:20201128032853p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン22使用構築】晴天空破斬【最高,最終レート2006,最終順位247位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020336p:plainf:id:Judaspoke:20200801021725p:plainf:id:Judaspoke:20211001174202p:plainf:id:Judaspoke:20211001174316p:plainf:id:Judaspoke:20180515003612p:plainf:id:Judaspoke:20211001232101p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン23使用構築】桜花爛漫ザシアンスタン【最高,最終レート2039,最終順位67位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180904020336p:plainf:id:Judaspoke:20180930221122p:plainf:id:Judaspoke:20211001174202p:plainf:id:Judaspoke:20180930215811p:plainf:id:Judaspoke:20200604035632p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plain

 

【ポケモン剣盾ジムチャレンジ使用構築】粉砕!玉砕!ダイロック!【最高,最終レート1743、最終順位28位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180709141157p:plainf:id:Judaspoke:20200706145032p:plainf:id:Judaspoke:20200604035123p:plainf:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180930220100p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plain

 

シーズン24反省会【最高レート2004,最終レート1957,最終順位126位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180514171115p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20201005230147p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20200604042113p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン25使用構築】ダイマ枯渇黒バド砂塵【最高,最終レート2000,最順位139位】※シーズン25最速2000達成 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20200604042113p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン26使用構築】ダイマ誤魔化し黒バド砂塵【最高,最終レート2060,最終順位15位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163154p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20210103011714p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン27使用構築】展開!始動!バンギランド馬鹿【最高レート2054,最終レート2025最終順位53位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20180402221354p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20201127232531p:plainf:id:Judaspoke:20220228170445p:plainf:id:Judaspoke:20220216131113p:plainf:id:Judaspoke:20211219145430p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン28使用構築】要塞アイシクルレイン【最高,最終レート2004,最終順位122位】 - 天気研究所

 

f:id:Judaspoke:20220216125159p:plainf:id:Judaspoke:20220216125207p:plainf:id:Judaspoke:20220216125512p:plainf:id:Judaspoke:20180514163802p:plainf:id:Judaspoke:20180514170835p:plainf:id:Judaspoke:20180402221354p:plain

 

【ポケモン剣盾シーズン29使用構築】砂塵爆誕バドルギア【最高,最終レート2013,最終順位41位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン31 2ROM使用構築】爆炎黒馬砂塵【最高,最終レート2004,最終順位56位 最高,最終レート2012,最終順位33位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン32使用構築】雷鳴黒馬砂塵【最高,最終レート2007,最終順位51位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾シーズン33使用構築】難攻不落無限砂塵【最高,最終レート2011,最終順位48位】 - 天気研究所

 

 

【ポケモン剣盾チャンピオンリーグ使用構築】お天気チャンピオン【最高,最終レート1812,最終順位3位】 - 天気研究所

 

 

 

※構築記事がアップ次第更新予定

8世代天候パ総括

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。

 

剣盾改め8世代お疲れ様でした!

 

剣盾(8世代)が終わるのに何も音沙汰無しだと少々悲しいので、今まで自分が使ってきた構築、ランクバトル結果、大会結果等振り返ります。

 

 

 

 

 

 

【シーズン、対戦オフ、オンライン大会振り返り】

 

 

  • S1

最高わすれた 最終1774 最終11415位

 

8世代最初のシーズンってこともあって使いたいポケモンを詰め込んだパーティ。

 

バンドリ(天候)軸も持ちつつトリックルーム(ブリムオン→ハチマキバンギラス)戦術もできたため相手のパーティによって柔軟に選出を変えれることができましたが、バンギラス+アーマーガア+カビゴンの並びを崩す方法がわからなかったため中盤以降は勝ちきれず。

 

結果は最終1万位台で終わりました。7世代(SM)の頃はシーズン1から自分が目標としてた順位(レート)を達成することができたので剣盾でも「今まで通りに頑張れば自分が目標してる順位(レート)に到達できるはず」と思い込んでたのもあってかなり悔しかったです。世代(対戦のシステム)が変わっていきなり壁にぶち当たってしまいました。

 

  • S2

最高わすれた 最終1823 最終4068位

 

アイアントカビゴンの強さにただただ感動してたのは覚えてる。

 

いのちのたまであいがしらでスカーフサザンドラ、ガラルヒヒダルマを葬り去った時は本当に快感です(尚命中率)。

 

序盤は調子が良く2桁順位をキープできるところまで行きましたが終盤勝ちきれず失速。剣盾序盤の環境難しすぎて自分の立ち回りを安定させるのに相当苦労してました。「シーズン3こそ結果出すぞおおおおおおお!!!」と意気込みましたが、シーズン3以降から個人的に剣盾の中で地獄の期間でした。

 

  • S3~S5

仕事繁忙期+切断バグ、順位詐称等が蔓延してたためモチベーション低下でマスターボール級までしかやってません。

 

仕事繁忙期だけだったら自分で時間を作って潜れたのですが、1番は切断バグと順位詐称。これが原因です。

※ここからは少々個人的な考え、愚痴等が含まれる可能性がありますm(_ _)m

 

特にそれらをやってる輩はTwitterとかで堂々と自分がやってることを正当化してたり、自分が順位詐称してるのにも関わらず「自分は順位詐称してない!詐称してるのはあなたのほうだ!」みたいなことも起きてて"世はまさに大海賊時代"状態でした。頑張ってる人は必死で頑張って目標にしてる順位、レートを目指してる中頑張ってない(切断バグ、順位詐称を行って正当化する)人が一定数いたのもあってポケモンのやる気が起きなかった。仮に切断バグ、順位詐称を行わず頑張ったとしても周りから切断バグ、順位詐称を疑われるケースも少なくなかったので正直者が損をする感じでした。7世代の頃に順位(レート)詐称行って本当に嫌いになった人もいたので8世代でとそれをしてる人が多数存在してたので色々と嫌になりました(語彙力皆無)。

 

切断バグ、順位詐称本当にクソ(無慈悲)

 

  • S6

最高,最終2011 最終393位

 

7世代からやってた人が続々と結果を出し始めてる+ポケモンHOMEがアップデートによる順位(レート)を確認できるようになって一気にモチベーション回復。やっぱレート表示はありがたい限りです(老害)。

 

モチベーションは回復したものの、今までと同じやり方だと結果が出ない+8世代での自分のプレイスタイル、構築の組み方を確立できてない状態なのでまずはS5で結果を残した構築(あわよくば天候パ)のレンタルを使ってみてどういった構築、プレイスタイルが合ってるか色々模索することにしました。

 

S5の構築記事を漁ってたらアーモンドさんが結果を残した"要塞バンドリ"の構築記事を目にして丁度その構築のレンタルも載っていたので、序盤はアーモンドさんのレンタルパーティを触ってみて慣れたら自分で構築を組むようにしてました。

 

レンタルをある程度試したところバンギラスドリュウズトゲキッスの3匹が使いやすかったのもあったのでこの3匹を軸に補完枠3匹を自分が使いやすいポケモンを探してこの3匹(ヒートロトム、ワタシラガ、カバルドン)になりました。ネタに思われるかもしれませんが、ワタシラガが普通に強かった+相手のダイマックスを枯らす、ダイジェットのすばやさ上昇を阻止(特性わたげによるすばやさダウン)する性能はかなり好きだったので使ってて楽しかった。

 

今思うとワタシラガが自分の8世代のプレイスタイル(ダイマックス枯らし、後発ダイマックスで勝負すること)を確立させたと言っても過言ではないポケモンです。

 

シーズン6で8世代で初めて最終3桁順位、レート2000を到達することができたので嬉しさもありましたし、同時に安心感もありました(今まで満足するような結果を出せてなくてかなり焦ってたのもあったので)。

 

シーズン6で結果を残すことができてそれ以降も天候パで結果を残すことができたのでアーモンドさんの構築を知らなければ結果出なくてもがき苦しんでたのでアーモンドさんには本当感謝です。

 

  • S7

最高,最終2003 最終223位

 

S7の序盤で夢特性ゴリランダー、エースバーン、インテレオンが解禁されて環境が大きく変化したシーズン。

 

7世代の頃からどくびし+天候パみたいな構築を使ってみたいと思っていたのと当時ゴリランダー、エースバーンは確実に流行ると予想してたので、その2匹に一貫するどくびしが刺さると踏んでどくびし+天候パを軸に組みました。天候パを雨にした理由は単純に構築名がカッコよくなるから。ただそれだけです(シーズン7の構築名は†アシッドレイン†)。

 

序盤から中盤にかけてペリッパー+カジリガメ(雨選出)の選出率が良く雨選出で苦手な相手にはどくびし展開+カビゴンが刺さってかなり強かったです。ただダウンロードコンテンツの鎧の孤島が配信されてからクソゴリラことゴリランダーに何故かグラススライダーというくさタイプの先制技を与えてしまったせいで終盤はペリッパー+カジリガメがベンチウォーマーになってしまった(ほんま許さんあのゴリラめ…)。

※ここから先少々個人の考え、愚痴等が含まれてますm(_ _)m(2回目)

 

雨パに限らず高火力先制技は天候パにとって天敵の要素です(メガガルーラの特性おやこあいねこだまし+ふいうち。メガクチートのふいうち。メガルカリオバレットパンチ、しんくうは。6世代ファイアローブレイブバード等)。7世代まではメガシンカの要素があって火力のインフレが発生して先制技で縛られる要素が多かったですが、メガシンカが廃止になって先制技で縛られる要員が少なくなって安心してた矢先ゴリランダーのグラススライダーですよ(絶望)。条件付きの先制技とはいえ威力70でグラスフィールド補正が載って先制できるのははっきり言ってバカです(6世代のファイアロー並みにバカ)。僕以外にいた天候パ使い(雨界隈)を駆逐したあのゴリラの罪は重い。

 

ちなみにゴリランダーのせいで雨パは選出できなかったが、雨パのおかげでゴリランダーの選出をしやすくさせる動きをとれたので選出できなくても選出誘導の役割を担うことができました。どくびし入れてからエルフーンで粘ってゴリランダーを毒殺するのは快感でした(ゲス顔)。

 

このシーズン剣盾で2回目のレート2000を達成しました。前のシーズンは他の方(アーモンドさん)が結果を残した構築をベースに練ったものなので自分で1から作ったわけではありません。シーズン7では1から色々と模索しながら構築を作れてなおかつ自分が目標としてたレート到達、自分のコンセプトを通すことができたので8世代で初めて自信がついたシーズンでした。

 

  • S8

最高,最終2002 最終488位

 

鎧環境最初のシーズン。シーズン始まる前に晴れ界隈の長はるかわさんから「晴れパを救ってください」と晴れパの未来を託されたため晴れパを使うことと、自分のことをはるかわだと思い込んでる精神異常者になることを決意。

 

ただ、いざ晴れパを試してみるとまぁきついきつい(ダイジェット最強のゲームなのでひこう技が抜群で通ってしまうようりょくそエースにとってはかなり向かい風です)。最初はヒヒダルマ(原種)を入れてゴリゴリの晴れパを使ってましたが、選出が晴れ依存になってた+ダイジェットに対して明確なルートを用意するのが難しかったため一度パーティを解散。

 

晴れパでダイジェットの対応ルートを探してたところ、当時少し流行ってた黄昏ルガルガンをヒントに「あれ?もしかして黄昏ルガルガンがそこそこ戦えるなら真昼ルガルガンも戦えるんじゃね?しかも真昼ルガルガンなら特性すなかきだしダイジェット積まれたとしてもダイロックですなあらし状態にすればすばやさ関係逆転できるし真昼ルガルガンワンチャンあるな!」と思い晴れパ+ルガルガン入りの砂パを組み合わせて8世代版の2天候パをウハウハ気分で組んだ。

 

実際真昼ルガルガンを採用したことで晴れパで苦手になるダイジェット勢(トゲキッスギャラドス、エースバーン)に強く戦えることができたので、今思うと真昼ルガルガンが1番適任でした。

 

晴れで苦手なダイジェット勢は砂選出(カバルドン+真昼ルガルガン)でケアができて、砂で苦手なウーラオスアシレーヌなどのみずタイプ勢には晴れ選出(コータスフシギバナ)が刺さるので天候パ同士の相性補完はかなり良かったです。

 

まさか8世代でも真昼ルガルガンを使って結果を残せるとは思わなかった(7世代の頃に真昼ルガルガン入りで結果を出しましたが、専用Z技があったのでそれでなんとかなった感が否めないため)。

 

  • S9

最高1930あたり 最終1849 最終1626位

 

色々と失敗したシーズン。トゲキッスポリゴン2+エースバーンの並びを崩す手段が明確になかったため勝ちきれなかった。重い並びがわかっていたのにも関わらずパーティを変えずに潜ってしまった。もっと色々なポケモン、組み合わせを試行錯誤すべきだと後悔しました。

 

  • S10

最高,最終2008 最終251位

 

制限ルール(フシギバナギャラドスポリゴン2バンギラスコータスカバルドンジバコイルトゲキッスドリュウズエルフーンガオガエンミミッキュ、ゴリランダー、エースバーン、イエッサン、ドラパルトが使用不可)。

 

剣盾のルールの中で2番目に苦手なルールでした(このルールパッチラゴンどうやって処理するの?笑)。

 

パッチラゴンとウーラオスヤバいヤバい言いながらポケモンやってたのは良い思い出(震え声)。制限ルールとはいえ8世代霰で初めてレート2000達成+全ての天候パでレート2000達成することができました。8世代で自分の目標としてた"砂、雨、晴れ、霰でレート2000"をやっとクリアすることができて本当に嬉しかったです(7世代、8世代で全ての天候パでレート2000到達できたの全世界で僕だけかもしれん)。

 

シーズン10のMVPはオンバーンとヨプのみハピナスです。冗談抜きで強かった。

 

  • S11

最高1900ぐらい,最終1845 最終875位

 

天候+フィールド戦法を使いたくて晴れ軸+エレキフィールド軸を組んでました。

 

 

結果ダメでした☆

お わ り

 

 

余談ですがこのシーズン晴れ界隈の長はるかわさんとランクバトルで当たってキュウコンリザードンミラーが発生したのは良い思い出です。リザードンの火力とアローラライチュウの可愛さに惚れ込んだシーズンでした()

 

この頃から初めて葉桜杯という定期的に行ってるオンライン大会の存在を知りそこから時間ができた時は積極的に参加してました。

 

  • S12,第23回葉桜杯本戦

最高,最終2053 最終152位

 

冠環境最初のシーズン。制限ルールの時使えなかった天候パを使いたかった+環境が新しくなったため新しい天候エースを試すよりかは自分が使い慣れてる、自信が持てる天候パを使った方が結果を残せると思い最初はカバドリで挑みました(次のシーズン以降の環境調査も兼ねてます)。モチベーションもあったおかげでこのシーズン最高レート(2052)、最高順位(152位)更新することができた。

 

このシーズンから準伝説などの種族値が高いポケモン、メタられるポケモンを使う喜びを感じ始めた気がします。

 

カバドリも強かったがそれよりもおだやかサンダーとゴツゴツメット持ちねむねごほえるスイクンが強かった(こなみ)。

 

この頃初めて葉桜杯本戦トーナメントに出場できたが1回戦ばっどさんに0-2ストレート負けで散りました。見事なまでに完敗だったので非常に悔しい思いをしたのは今でも覚えてる。

 

  • S13,第25回葉桜杯本戦

最高,最終2005 最終252位

 

本当は霰を使いたかったが、夢特性のパッチルドンを用意(レイドバトル)するのに時間がかかったからしかたなく雨パを使ってた(雨パに失礼)。

 

サンダーが強い環境+ゴリランダーにめちゃくちゃ弱いこともあったので向かい風でしたが色々試行錯誤しながら潜れたので楽しかったシーズンです(尚このシーズン期間が12月だったため年末年始ゆっくり過ごしたいが故に少々焦りもありました)。

 

シーズン終盤からラティオスを採用したことによってだいぶ勝てる試合が増えたのは覚えてる(サンダーに弱くない+サンダーの取り巻きで採用されやすいナットレイウツロイドカミツルギなどにも強く戦えるのは偉かった。あと見た目がカッコいいからパーティの見栄えがかなり良くなる点も素晴らしい)。

 

2回目の葉桜杯本戦出場をしましたがナインさんに1回戦0-2でストレート負け。俺は弱い

 

  • S14

最高,最終2005 最終223位

 

ようやく夢特性のパッチルドンを手に入れることができたのでシーズン14では霰パを組んで戦うことにしてた。

 

霰状態であれば先制ででんげきくちばしを撃つことができて上からこおりタイプとでんきタイプの技を押し付けることが純粋に強く使ってて楽しかった(毎回でんげきくちばしの火力見て「おほーwww」てなってた気がする)。

 

シーズン14で使ってた構築の補完枠は冠環境の中で個人的にかなり相性補完等がとれてると思ってるので欠陥は少なかったはず(だと思いたい)。ウーラオス、サンダーなどが漫遊する冠環境だと天候パは霰が1番強かった(アローラキュウコンが偉かった)。

 

  • S15

最高,最終2004 最終251位

 

竜王戦最初のシーズン+記憶が曖昧なシーズン。振り返ってみると「なんでこの構築でレート2000到達できたの????」と思うレベルで欠陥だらけのパーティで潜ってたのは覚えてます。

 

ザシアン軸きつい。カイオーガ軸きつい。ムゲンダイナ軸きつい。なにもかもきついって言ってた気がする。今思うとよう勝てたな〜と思います()

 

記憶が曖昧だが、ふうせんドリュウズといのちのたまイベルタルがクソ強かったのは覚えてる。

 

  • S16~S20

竜王戦環境+冠環境のモチベーション低下のためそこまで潜ってない。

 

 

  • S21

最高1879 最終1796 最終2204位

 

ルールがダイマックス無しの環境になり5世代からやってた自分にとってモチベーションが爆上がりのシーズンでした。

ダイマックス無しの環境での禁止伝説だとザシアン、黒バドレックスの2匹が群を抜いて強かった印象があったので、その2匹に勝てるスペックがあるダーテング使ってウハウハ気分で潜ってた(尚最終日ウハウハしながら爆死)。

 

このシーズン結果は残せてないが、ダーテングの可能性を感じたシーズンでもあったのでシーズン22でもダーテングを煮詰めることにしました。

 

  • S22

最高,最終2006 最終247位

 

序盤、中盤、終盤とコロコロと構築を変えてましたがコータスダーテング+ザシアンは固定のまま補完枠3匹を色々試してた。

 

ダーテングを選出できないカイオーガ軸、ムゲンダイナ軸、イベルタル軸、ゼルネアス軸にはザシアンと補完枠3匹でケアができたため使ってて面白かった+シーズン15振りにレート2000を達成できて非常に嬉しいシーズンでした(多分ダイマックス無し環境ダーテング全一です)。冠雪原が配信されて以降晴れパで結果を残せてなかったのでここで結果を残すことができて安心しました。

 

ザシアンで誘うサンダー、霊獣ランドロス、ヌオーなどの受けポケモンダーテングで強くいけるので相性補完はかなり良かった。ザシアン軸、黒バドレックス軸には高い勝率を収めて日食ネクロズマ軸には負けた記憶がないです(冗談抜きで)。その代わりホウオウ軸の勝率は酷かった(超絶欠陥)。

 

余談だがこの時期ダーテングエゴサして「ダーテングで3タテされたんだが???」や「ダーテングに3タテされた奴おる???」みたいなツイートを探してニヤニヤしてた気がする←ゲス

 

  • S23,LiBornOFF Ⅱ(サブイベント決勝)

最高,最終2039 最終67位

 

シーズン21,22で晴れパを使って「禁止伝説1匹ダイマックス無し環境は晴れパが最強」と感じたのでシーズン23も引き続き晴れを使うことと自分のことをはるかわだと思い込んでる精神異常者になることを決意(2回目)。

 

実際ザシアンとザシアン受け(霊獣ランドロス、サンダー、ヌオー、メタグロス、日食ネクロズマなど)が流行ってたのでザシアン+ザシアン受けをまとめて破壊できる晴れパは冗談抜きで最強でした。晴れエースはダーテングからフシギバナに変えた理由はフシギバナを使ってみたかったのもありますが、ダーテングがねっぷうを外してザシアンに返り討ちされて負けるのが本当にしょーもなかったので、ダーテングから技外しの負け筋を作らないフシギバナに変えてシーズン23は潜ってました(ウェザーボールは命中率100%)。

 

晴れパが刺さってる環境であったおかげか剣盾で自身初の最終2桁順位で終えれることができたので晴れパを煮詰めて本当に良かったです(晴れパは天候パの中で1番思い入れがある構築なので結果出せて嬉しかった)。

 

晴れパの素晴らしさを教えて、晴れパの未来を託した晴れ界隈の長はるかわさんに感謝。このシーズンは自分のことを常時はるかわと名乗ってました。

 

余談ですがシーズン23で使ってた構築はLiBornOFF Ⅱのサブイベント決勝で使って優勝することができた(嬉しい)。晴れ選出(コータスフシギバナ)はできなかったですが、晴れパのおかげでヌオーの選出を抑制できて勝てたので実質晴れパの優勝です。

※2:4945~から出てます

www.youtube.com

 

 

  • ジムチャレンジ

最高,最終1743 最終28位

 

真面目に構築を組んで初めて公式大会に参加した気がする。普段は中々最後まで潜る(45戦消化する)ことができない+モチベーションを維持することができなかったため数戦やって終わることがほとんどでしたが、ジムチャレンジのルールがシングルバトルかつ天候パ(ペリッパー+カジリガメ)が使えるルールなので「天候パ使いとしては出なければならない」と思いしっかり考察して公式大会に挑みました。

 

最初は補完枠にワタシラガとヌオーを採用してサイクルする気満々の構築で挑もうと思いましたが、トゲキッスミミッキュ、ジュラルドン、ストランダーなど受け出しが成立しづらいポケモンが多い環境だったためサイクルは難しいと感じました。サイクル構築をやめて今まで使ったことがなかった+使ってみたかった壁展開構築を使うことにしました(ちなみに壁オーロンゲはじめて使った)。

 

7世代でも天候パの補完枠に壁展開を入れることは1回も無かったので、使っててなかなか新鮮な気分を味わえたのは良い経験。考察してサイクルから壁展開の構築に変えて公式大会に挑んだら目標としてた最終30位以内を達成することができて楽しかった(公式大会でも天候パが通用することができたのは普段のランクバトルにはない嬉しさがありました)。

 

ペリッパー+カジリガメの雨選出も強かったが、裏選出のオーロンゲの壁展開からりゅうのまいバンギラスで無双する選出がマジで強かった(天候パ使いとは)。

 

  • S24

最高2004 最終1957 最終126位

 

禁止伝説1匹ダイマックス無し環境から禁止伝説1匹ダイマックスあり(竜王戦環境)に戻ったシーズン。正直最初に何使うか全く決まってなかったうえダイマックス無し環境が楽しすぎたゆえ「あれ…ダイマックスあり環境どうやって戦うの?笑」と陥っていました。構築の組み方もダイマックスありと無しじゃ全く違うので環境が変わった最初の方はかなり苦労しました。

 

このシーズンから初めて黒バドレックスを使いました。禁止伝説の中ですばやさが1番高く状況に応じた試合運びができることに魅力を感じてこのシーズン以降黒バドレックスを使うようになりました(シーズン15あたりで黒バドレックスを試してればもっと練度を上げれることができたかもしれないので今思うと使いはじめるのが遅かったです)。

 

序盤から中盤にかけてかなり調子が良くてすぐレート2000到達(到達時は4位)したのは覚えてますが、調子乗って2000以降も潜ったが爆死して最終レート1957となんとも言えない結果に(めっちゃ後悔した)。

 

終結果は満足するような結果ではありませんでしたが、黒バドレックスの強さ弱さを知れて色々学ぶことができたので非常に収穫があったシーズンだった。

 

  • S25,第51回葉桜杯本戦

最高,最終,最速2000 最終139位

 

シーズン24の反省を踏まえ改良した黒バドレックス+天候パ。

 

立ち回りが明確になった時、正直負ける気がしなかった。第51回葉桜杯優勝+最速レート2000到達したシーズンこともあったので色々と確変してました。このシーズンから自分のことを知った人が多かったので本当にありがたい限りです(天候パしか使えない騒がしい人間を知っていただきありがとうございます)。

 

パーティの強さはもちろん見た目、色合いは最強クラスでした。ちなみにこのシーズン以降天候パの人から黒バドレックス、ねむねごほえるスイクンの人と呼ばれるようになる(そこまでこの2匹イメージ強いんですかね?)。

 

余談ですがシーズン25は例の如く年末シーズンのため早めにレート2000到達して年末年始ゆっくり過ごしたいのもありました。レート2000到達したのは12月22日とかなり余裕をもって到達することができたため年末年始ゆっくり過ごせたのは良い思い出。

 

第51回葉桜杯(3戦とも配信卓です)

www.youtube.com

 

  • S26

最高,最終2060 最終15位

 

シーズン25に引き続き確変が起きてるシーズンでした。途中までシーズン25で使ってた構築のまま潜ってましたが、ゴリランダーの刺さりが悪くなっていた(カイオーガ軸に出したいが採用されやすいサンダー、エースバーンに不利をとられる)ためゴリランダーからカイリューに変更してそれ以降潜ってました(他のポケモンは変更無し)。

 

中盤から終盤にかけて勝率等安定することができたため早めにレート2000到達できたのは覚えてる。シーズン26では何故か他の黒バドレックス使いの人に負けたくない想いが強かったので最終日1ロム(当時は1ロムしかなかった)で特攻してました。特攻した結果なんとか沼にハマらず生き延びて自分の剣盾シーズンで1番良い順位(最終15位)を達成することができた(当時Twitterのスペースでぺーさんやてらさんなどに勇気をもらったので達成できたのはスペースで勇気を与えてくれた人達のおかげです)。

 

自分が知る限り上位の人で黒バドレックスで結果を残してる人が少なかったためシーズン26では黒バドレックス使いの中で自分が1番順位が高かったのもめっちゃ嬉しかった。個人的にシーズン26の構築は竜王環境の天候結論パと言っても過言では無いぐらい強かった。

 

  • S27

最高2054 最終2025 最終53位

 

禁止伝説2匹環境最初のシーズン。最初ルールを見た時「純正天候パ(天候始動要員+天候エース)で戦うの無理じゃね?笑」と思った。「このまま天候パ捨てて俺もザシアンカイオーガみたいな強いパーティ使うかー」と考えてましたが、天候パ以外の構築を使ってみるとまぁ勝てない勝てない。試してるうちに「俺は天候パでしか勝てない」と思い渋々天候パを使うことに。

 

ただ、前みたいに天候始動要員+天候エースで挑むのはちょっと厳しいうえ環境が全くわからないので組もうにも組めない状態なので最初は天候始動要員だけ入れた構築を作ることにした(禁止伝説2匹orやりたい戦術を決めてそれに応じた天候始動要員を補完枠として入れようと考えてました)。

 

真っ先にやりたかったのはスカーフ霊獣ランドロスステルスロック展開を行いゴツゴツメットスイクンで相手を削ってゼルネアスで無双、スカーフ霊獣ランドロスで残ったポケモンをお掃除する戦術を軸に補完枠3匹を模索してました。

 

軸となる3匹は元々のすばやさが高くないので上から殴られるポケモンの対処法が乏しかったので、禁止伝説2匹目(補完枠)にすばやさが高く上から制圧が狙える黒バドレックスにしました。黒バドレックスを採用したことで必然的に黒バドレックスをコピーしたメタモン、黒バドレックスミラーに対して対策、明確なルートを用意しなければならないのでその対策としてバンギラスを採用(ここでようやく天候始動要員を採用しました)。

 

序盤からゼルネアス+黒バドレックス(通称馬鹿構築。悪口ではない)を使い始めましたが、最初は「どうせすぐ欠陥がでてくるから序盤は環境調査して中盤以降は構築変えて上位目指そう」と考えてました。ところが環境調査でランクバトルを潜ったところ何故か勝ちに勝ちまくって2回目の最速レート2000到達することができました(禁止伝説2匹環境1番最初にレート2000到達した者です)。序盤、中盤かなり調子が良くてレート2000をキープしてなんとかレート2054と中々良いところまできましたが、連敗地獄にハマって1900に落ちて最終的にレート2025(53位)でゴールしました。

 

剣盾で最高レート更新するところまできましたが、自分の詰めが甘すぎて更新できなかったのは本当に弱すぎました。とはいえ2シーズン連続で最終2桁順位で終えれた+環境が変わってもレート2000到達できたのは純粋に嬉しかったです。

 

余談ですがシーズン終わった後くろこさんが自分の構築を参考に動画化してたのはシンプルに喜んだ(7世代の頃でアシキさんに動画化された以来です)。

※このスイクン使うのそんなに難しい???

 

www.youtube.com

 

 

  • S28

最高,最終2004 最終122位

 

禁止伝説2匹環境で唯一黒バドレックスが入ってない構築です。禁止伝説環境を色々考察してたら「カイオーガに対して天候を奪いながら受け出しができてオーロラベール展開ができるユキノオー強くね?」と思いシーズン28ではユキノオー入りのパーティを煮詰めることを決意(ユキノオーをパーティから外さない)。

 

最初はユキノオー+ザシオーガで潜ってましたが、ザシオーガミラーの勝率が悪かったのとメタモンに隙を見せてしまう構築だったため途中からザシオーガを解散させて新しい禁止伝説の組み合わせを模索(ユキノオーカイオーガの組み合わせは強かったのでそのままにして他を模索)。色々迷走してて順位も低迷してた時に黒バドレックス使い兼丸の内OLポケカ女子のさーにゃさんから「日食ネクロズマどうですか?」と勧められザシアンから日食ネクロズマに変更した。一応自分でも日食ネクロズマを採用しようか考えてましたが、ユキノオーカイオーガで天候を操作するポケモンが多い構築だと相性が悪いのではと思っていた(あさのひざしつきのひかりが天候依存の回復技になる)のでなかなか採用に踏み込めなかったですが、さーにゃさんが一言くれたおかげで採用に踏み込めました(今思うとさーにゃさんがシーズン28のMVPですね)。

 

パーティを一新してユキノオーオーロラベール展開からめいそうカイオーガりゅうのまい日食ネクロズマの積み構築でレート2000を到達することができました(禁止伝説2匹環境ユキノオー入り全一。多分)。前々からカイオーガがいる環境(禁止伝説環境)でユキノオー入りの構築で結果を残したい想いがあったため剣盾の中で1番喜んだかもしれません。

 

  • S29,Haze,POKE LEAGUE -offline- #1

最高,最終2013 最終41位

 

復活のバンドリ黒バド。

 

シーズン29も天候始動要員1匹入れて潜ろうかと思ってましたが周りから「純正天候パから逃げるな」「これで天候パ使いって言えますか?笑」「天候パ…?」と辛辣なお言葉と煽りに煽られたので「上等じゃねーか」と思い天候エース(ドリュウズ)を入れてバンドリで足掻くことを決めた。ただ、カイオーガに対して余りにも無力なのでカイオーガ+あわのくばザシアンに対して足掻けるポケモンを模索するところからスタート。

 

シーズン28の途中までザシオーガを使ってた時にルギアの対処が難しいと感じた+ザシオーガで(第60回)葉桜杯本戦に出た時、青井くじらさんが当時使ってたじゃくてんほけんルギアになすすべなく散ってしまったので「ザシオーガ対策にルギアいけるのでは?」と思いルギアの採用を決意。「じゃくてんほけんルギアの良い調整ないかな〜」とぽけっとふぁんくしょんなどの構築収集サイトで探してたところルギア入りで結果を残してるedeさんのブログを見つけてedeさんの調整を参考にしてルギアを使いはじめました。

 

いざルギアを使ってみるとザシオーガに対して安定して勝てるようになったのでバンドリ黒バドの補完枠としては最高です。ルギアと黒バドレックスを一緒に採用することでバンギラスの選出を誘ってバンドリを通す動きやバンドリで苦手なカイオーガ、霊獣ランドロスを誘ってルギア、黒バドレックスを通す動きをとれたので天候パと禁止伝説同士の相性は素晴らしかった。バンドリ+スイクンでサイクル戦もできたし、ひかりのこなミミッキュのでんじは+のろいで削ってからダイマックスルギアで暴れてタスキ黒バドレックスで締める対面的な戦い方ができたので相手の構築に応じた戦い方ができたのは強かった。禁止伝説2匹環境で初めて純正天候パ(天候始動要員+天候エース)で結果(最終41位)を残すことができたので「禁止伝説2匹環境でも純正天候パは戦える」と自信がつきました。

 

シーズン29終わった後3年ぶりに対戦オフ(HazeとPOKE LEAGUE)に参加しました。HazeとPOKE LEAGUEは2つとも予選を抜けれることができたので、構築自体は普通に強かった(問題はその構築を使ってるプレイヤーが弱すぎることです)。予選は抜けれることができましたが、2つともベスト16止まりだったので少し悔いが残る結果となってしまいました。ただ、勝ち負け関係なく色々な方、知り合いと交流できるのは対戦オフならではの楽しさだと改めて再認識しました(色々な方と交流できてめっちゃ楽しいので対戦オフは参加して損はありません)。特に個人的に嬉しかったのはPOKE LEAGUEの時にルギアの調整を参考にしたedeさんとお話できたことですね(シーズン29+対戦オフではルギアのおかげで勝てた試合がほとんどだったためそのお礼をしました)。しかも縁があってことか自分のシーズン29の2000チャレンジの相手がedeさんだったんですよ。まさかレート2000チャレンジの相手がルギアの調整を参考にした方だったので個人的に胸熱の展開でした(当然のようにお互いルギアミラー)。その時の対戦はedeさんのシーズン29最終日対戦集に映ってます。客観的に見た時自分のプレイングは意味わからんプレイングは多いと感じますが、自分なりに考えながら立ち回りをしたはず(だと信じたい)。

 

edeさんのシーズン29最終日対戦集

www.youtube.com

 

  • S30

最高1954 最終1909 最終249位

 

禁止伝説2匹環境で唯一レート2000を達成できなかったシーズン(このシーズンからバンドリ黒バドの3匹は固定化して補完枠3匹をカスタマイズできるように模索しました)。

 

周りの人達が結果を残してる、目標を達成してるなか自分だけ結果を出せてない現実を受け止めれないほど悔しかった。イシズマイに3タテされるわイシズマイネタでいじられるわレート2000に到達できないわレート2000(目標)達成した身近な人に「イシズマイに3タテされるからレート2000到達できないんですよ笑」と煽られるわ散々なシーズンでした(振り返ってみると厄シーズンですねこれ…)。構築の見た目もめっちゃ好きだったので結果を残したかった想いがより一層強かった(バドレシラム見た目100点説)。ただ、レート2000を達成できなかったおかげで「来期はイシズマイ撲滅してリベンジじゃー!!!」とモチベーション爆上がりになったので今思うと結果が出なくて良かったのかもしれません(良くはない)。

 

  • S31,葉桜杯夏の陣

最高,最終2004,2012 最終56位,33位

 

リベンジシーズン。シーズン30の反省を踏まえて構築を練り直しました。レシラムを使ってた時はバンドリ+レシラムだとじめん技が一貫しやすいため補完枠だけでじめん技をケアしないといけない選出せざる得ない状態で選出が窮屈になり苦しい戦いを強いられていた。

 

レシラムと同じくほのお技を覚えることができてじめん技に対して耐性がある+ステルスロックを撒かれてもケアが効くポケモンを探したところホウオウにたどり着きレシラムの代わりにホウオウを採用。レシラムからホウオウに変更したとしても霊獣ランドロスがきついことは変わりませんが、じめん技の一貫を切ることができてじこさいせいと特性のさいせいりょくで体力管理ができてTODによる勝ち筋を広げることができるだけでも構築のカスタマイズ性能が段違いだったのでレシラムからホウオウに変更するだけでも全然違いました。

 

補完枠2匹はコロコロ変えながら潜ってましたが、最終的にゴツゴツメット霊獣ランドロスとつげきチョッキウォッシュロトムに落ち着きました(他の黒バドホウオウで結果残してる並びを見るといかに自分が異質の並びを使ってたのがわかる)。シーズン30の悔しさもあってかシーズン31では今まで以上に潜りまくって戦闘狂になってた気がします。当時「結果を何が何でも残さなきゃ…!」など結果だけにとらわれすぎちゃってたので本当に良くなかった。今思うとダメですね(楽しんでなんぼなんで反省です)。

 

色々と反省点だらけでしたが、2ロム2桁順位+2ロムレート2000を達成してシーズン30のリベンジをすることができました(しんどかった。めっちゃ喜んだ)。レート2000チャレンジはクリフとさん。その前はモーガンさんだったのでマジでボスラッシュでした(これを機にクリフとさんがジューダスアンチになってしまったので俺の罪は重い)。

 

シーズン31終わった後に葉桜杯夏の陣という対戦オフがありバンドリ黒バドホウオウで参加して挑みました。運が味方してくれたおかげでギリギリ予選抜け。決勝トーナメントもなんとかギリギリ勝ち進み対戦オフで4年ぶりに決勝まできました(個人戦では2018年のカントーポケモンオフ以来の決勝です)。8世代の目標の一つである対戦オフ優勝があったので、決勝まで行けた時は「絶対勝って優勝する!」と意気込みましたが、結果は惨敗で準優勝です。青井くじらさんが強かったのはもちろんです。ただ、自分の試合、プレイング等を見返してみると本当に自分が弱かった。決勝戦相手の青井くじらさんにも失礼だし予選、決勝トーナメントで戦った対戦相手に失礼すぎるほどプレイングが弱かったです(準決勝と決勝でプレイングが雲泥の差でした)。プレイングが良かったとしても簡単に勝てる相手ではありませんし勝敗の結果は変わらなかったかもしれません。ただ、もう少し善戦できたかもしれなかったので悔やんでも悔やみきれません(配信卓の敗北はかなりメンタルえぐられます)。

 

この悔しさは9世代で絶対リベンジします。

 

葉桜杯夏の陣 3戦出てます

www.youtube.com

 

  • S32,POKE LEAGUE -offline- #2

最高,最終2007 最終51位

 

最終日前日までシーズン31で使ってた構築をそのまま使ってましたが、レート1900付近でウロウロしてて中々レートが上がらなかった。

 

突如最終日構築が舞い降りて最終日即席で作ってなんやかんやレート2000到達できました(マッチング運が良かった)。補完枠のゼクロムエアームドトリトドンがただただ最強でした。即席で作ったこともありエースバーン、ミミッキュが重い構築となってしまいました(圧倒的欠陥構築)。

 

欠陥構築もあってか2回目のPOKE LEAGUE3勝5敗と予選落ちしました。予選落ちしただけなのに色んな人から「イシズマイ3タテされるから予選落ちするんですよ〜笑」とか「イシズマイに負けて予選落ちしたジューダスザッコ笑」と煽られた(僕なんも悪くなくない?笑)。予選落ちした後テラスタルイシズマイとかいう馬鹿な考察してレート2000を逃したカフェオレさんを一生いじってた気がする(カフェオレさんすまぬ)。

 

  • S33

最高,最終2011 最終48位

 

禁止伝説2匹最終シーズン。

 

最終シーズンということもあるので「自分のやりたいことを押し通す」ことを意識して構築を組んだ。今までの禁止伝説環境で戦って思ったのが「どくびし展開から黒バドレックス通すのもしかして強いのでは?」と思いどくびしギミックを加えたバンドリ黒バドを使うことを決めた。

 

最初は禁止伝説にイベルタル。どくびし要員にドヒドイデを採用しようと考えてましたが、ゼルネアス一生隙を与えてしまうのとジガルデとゼクロムがゲロ重ファンタスティック状態だったため諦めた。

 

ゼルネアス、ゼクロム、ジガルデ等に見た目隙を与えないどくびし要員が欲しいと思って別のポケモンを模索したところムゲンダイナにたどり着きムゲンダイナを採用。バンドリ黒バドムゲンダイナで最終シーズン挑みました。

 

ムゲンダイナを採用したことで積み技持ちの霊獣ランドロスやザシアン等に隙を与えてしまうので、補完枠にエアームドメタモンを入れたことは個人的に最高の補完枠を採用したと思ってます。ムゲンダイナ→黒バドレックスorバンドリも強かったが、ムゲンダイナ→エアームドメタモンの選出も純粋に強く相手の構築によって幅広く戦えたのは偉かった。

 

今まで自分を苦しめてきたメタモンが禁止伝説2匹最終シーズンで味方につくのは因縁の相手がラスボス戦の時味方につくシチュエーションみたく胸熱だった(尚使っても使われてもメタモンはクソだと再認識しました)。

 

次回作メタモンの弱体化お願いしますゲーフリさん(天候パの天敵なんで)。

 

  • チャンピオンリーグ

最高,最終1812 最終3位

 

ジムチャレンジ以来となる公式大会。

 

天候パが使える+ルールがシングルバトルだったため速攻で考察しました。使える天候パが晴れパ(キュウコンフシギバナorリザードン)と砂パ(バンギラスサンドパン)のみでどちらを使うか考えたところ晴れより砂の方が厳しい相手、ケアしないといけない要素が多かったので晴れパ(キュウコンフシギバナ)にしました。

 

時間を作ってチャンピオンリーグの仲間大会(練習会)に潜って環境調査してました。環境調査をしたところジムチャレンジの時と比べて自分の得意な戦術、構築、スタンスで戦いやすい環境だと感じたので自分の得意なスタンス(ダイマックス枯らし、後発ダイマックスで試合運びする)ができる構築作成、補完枠を模索しました。

 

仲間大会で多かったドラパルトの型がたべのこし持ちのたたりめ、でんじは、おにび、みがわり型かこだわりスカーフ持ちの型が主流でした。ドラパルト対策がでんじは、おにびなどの状態異常技を駆使して機能停止にする立ち回りをする人がほとんどだったため「みがわり+りゅうのまい型は警戒されない」と思い補完枠はドラパルトから組んだはず(先にりゅうのまいを積めれば晴れパで苦手なダイジェット勢のトゲキッスギャラドスダイマックスを簡単に枯らすことができるので自分のスタンスとマッチしてました)。

 

仲間大会で環境調査をして考察できたおかげか本番ではかなり勝てるようになりました。蓋を開けてみると29戦行い26勝3敗(勝率89%)とあまりにもできすぎた結果で自分が1番困惑しました。最終結果は自分が目標としてた最終レート1800到達+最終1桁順位(最終3位)を達成することができた。剣盾中にランクバトルor公式大会で天候天候パを使って最終1桁順位をとりたい想いがあったので達成することができて本当に嬉しかった。しかもダイジェットが最強のゲームの中、ダイジェットに滅法弱い晴れパで結果を残すことができたのは自分にとってさらに自信をつけることができました。

 

 

  • S34,35

仲間大会とヒスイ地方に旅立ってました(遠い目)

 

 

 

 

 

シーズン振り返りは以上です。こう振り返ってみるとよく飽きずに天候パを使い続けたな~とつくづく思います。個人的にはどのルール、シーズンでも自分の好きな戦い方ができたり好きな構築を組むことができたのでどの構築も思い入れがあるものばっかです。剣盾の総括記事ということもあるので個人的に今まで使った構築で好きな構築TOP5を紹介+思い出等を語らせてください(ここは完全に自己満足です。許してください)。

 

 

【個人的に好きな構築TOP5】

 

5位

 

シーズン23使用構築 桜花爛漫ザシアンスタン

 

judaspoke.hatenablog.com

 

ダイマックス無し環境の晴れパ。ダーテング入りの構築も捨て難がったが、初の最終2桁順位を達成した構築の方が思い入れが強かった。黒バドレックス、ホウオウ、ジガルデ以外の構築は安定して勝つことができたので禁止伝説枠、補完枠等は素晴らしかった。

 

 

4位

 

シーズン25使用構築 ダイマ枯渇黒バド砂塵

 

judaspoke.hatenablog.com

 

最速2000達成+葉桜杯優勝構築。見た目の色合いは間違いなく最強ですが、黒バドレックス自体がバンドリと補完枠との相性が非常によく中身も最強でした(こなみ)。このパーティのエースは黒バドレックスとスイクンです(真顔)。

 

 

3位

 

シーズン8使用構築 貧弱・砂塵と快晴

 

judaspoke.hatenablog.com

 

8世代版2天候複合パ。晴れ選出もできるし砂選出もできるためほぼ天候選出ができるので個人的に使ってて1番楽しいタイプの天候パです。7世代でも似たような2天候複合パで結果を残したこともあるので思い入れは強い構築です。

 

 

2位

 

シーズン29使用構築 砂塵爆誕バドルギア

 

judaspoke.hatenablog.com

 

多分禁止伝説2匹環境のTNジューダスといえばこの構築のイメージが強いんじゃないかなーって気はします。ザシオーガ、バドザシ、ザシイベルなどメジャーな組み合わせが多い環境の中で黒バドレックス+ルギアで当時はあまりいなかった組み合わせで結果を残せたのは良い思い出です。

 

 

1位

 

シーズン28使用構築 要塞アイシクルレイン

 

judaspoke.hatenablog.com

 

見た目、色合い、戦術何もかもすこすこ(語彙力皆無)。見た目サイクル特化だが、壁からの積み展開を狙えるギミックも入ってるため相手の構築に合わせな柔軟に戦えるのも偉い。あとはなんと言っても天候始動要員が3匹いるところがオシャレポイントが高すぎる。自分が使ってきた構築の中で間違いなく群を抜いてトップ。異論は認めません。

 

 

 

好きな構築は以上です。自分で言うのもアレですが、構築の見た目等はかなりカッコいい部類に入ってると思ってます。次回作も見た目カッコいい構築を作れるよう精進します。

 

 

 

【お世話になったポケモンTOP5】

 

 

 

5位

 

サンダー

耐久型(特にアッキのみ持たせた型)でめっちゃお世話になりました。天候パで苦手なゴリランダー受けとして非常に優秀でした。アタッカー型は全く使いこなせなかったのが少々悔いは残ります。

 

4位

 

スイクン

ねむねごほえるのやべー奴。ここぞという時にねごと→ねっとう→やけどのムーブで何回も勝利に貢献したのは本当に神だった。特に禁止伝説環境で日食ネクロズマ、ザシアンのはがね技を受けてゴツゴツメットのスリップダメージを入れてから裏の圏内に入れる動きがシンプルに強かった。

 

3位

 

ドリュウズ

7世代、8世代続いて本当にこのポケモンにお世話になりました。環境がコロコロ変わっても砂エーストップに君臨し続けるのは流石の一言です。(もし内定したら)次回作でもまたお世話になります。

 

2位

 

バドレックス(こくばじょうのすがた)

禁止伝説環境を支えてくれたポケモン。使った全てのシーズンみがわり、やどりぎのタネ搭載した型を使ってました。1番強くて1番使いやすい。ダイマックス枯らす性能は他の禁止伝説自分のスタンス、得意な戦術とマッチしてたため禁止伝説環境中盤(シーズン24)からはほとんど黒バドレックスしか使ってこなかった(マジで最初から使っとけばよかった…)。最強で最高の禁止伝説。

 

1位

 

バンギラス

間違いなく剣盾で支えてくれたポケモンと言っても過言ではないです。剣盾で初めてレート2000達成した時、剣盾最後にレート2000達成した時もバンギラスがいたのでこのポケモンが剣盾にいなかったら結果残せずもがいてたかもしれません。たくさん「最強」と言ったポケモンでもありますしたくさん「クソ」と言ったポケモンでもあります。

サンキューバンギフォーエバーバンギ。

 

 

 

 

【感謝】

 

7世代もそうだったんですが、8世代も人と人との出会いが本当に多く本当に大切だと再認識しました(このご時世だからこそよりそう思います)。

 

7世代の頃と比べて8世代では天候パを通して多くの人と知り合うことができた+多くの人が自分のことを知ってもらうことができたため本当にありがたいです。

 

特にいつ炎上、凍結してもおかしくなく天候パしか使えない騒がしいだけの自分ですが、炎上や凍結せずに8世代もなんとか生き延びることができたのは自分の周りが良い人だらけで恵まれてるおかげです。周りの人たちが結果を残してるところを見ると自分のモチベーション等に大きくかかわってきます。そのおかげで自分のモチベーションを維持し続けられて安定した結果を残すことができました。本当に感謝です。

 

次回作ももちろんポケモンを続ける予定なので、こんな騒がしい人間と仲良くしてくれたら幸いです。

 

 

 

【最後に】

 

最後になりますが、8世代も本当に楽しかったです。色々な人と出会えて色々な人と知り合うことができて本当に良かったです。

 

次の新作スカーレット、バイオレットも自分のスタンス(天候パ)を貫き通して自分なりに楽しんで結果を残せられるよう足掻きたいと思います。

 

あとは次回作は自分以外に全天候パ使いを増やすのも目標としてるので、天候パに興味がある方はtwitter等で気軽に連絡ください(怪しい宗教の勧誘ではありません)。

 

7世代で盛んだった天候界隈は8世代になって生き残りは僕しかいなくなったので、自分を筆頭に天候界隈を作れるよう9世代も楽しみます!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!TNジューダスとランクバトル、対戦オフ、オフライン大会等で当たった方は対戦ありがとうございました!!

 

また次回作でお会いしましょう!!

 

 

 

twitter キョウタ@天候パ(@Judaspoke) / Twitter

【ポケモン剣盾チャンピオンリーグ使用構築】お天気チャンピオン【最高,最終レート1812,最終順位3位】

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。普段はランクバトルで使った構築記事を上げてます。今回は公式大会のチャンピオンリーグに参加して自分が目標としてた結果を残すことができました。需要があるかどうかわかりませんが自身の結果を残す意味でチャンピオンリーグで使用した構築を記事にします。最後まで読んで下さると幸いです。

※簡易記事です

 

 

チャンピオンリーグ使用構築

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

キュウコンの晴れ始動、起点作成から積みエースで全抜きを狙う

・タイプ相性、特性をうまく使い最低限サイクルを回せるようにする

・相手のダイマックスを枯らしてこちらのダイマックスで圧をかける

 

 

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・チャンピオンリーグ開催するまで定期的にチャンピオンリーグの仲間大会に参加して環境調査をしてました。当初はドラパルトの壁展開からからをやぶるパルシェン、わるだくみトゲキッス、ビルドアップエースバーンにつないで積みリレーをしようと考えましたが、試してみていくつかの欠点が浮き彫りになりました。

 

・ドラパルトを補助特化にすると相手のすりぬけドラパルトで壊滅する(特性すりぬけで壁を貫通して攻撃してくる為)

・壁ドラパルト+天候選出があまりにもパワーが低く選出が窮屈になってしまう

・ドラパルトに対してでんじは、あくびなど状態異常技を駆使して壁ターンを枯らす+ドラパルトの機能を停止にさせる立ち回りをしてくる相手が多かった

 

以上の理由で壁ドラパルトの構築を解散させ新しく構築を練ることにしました。壁ドラパルトを試してた時にドラパルトに対して”状態異常技で機能停止にして立ち回る人”がほとんどだったため「みがわり+りゅうのまいはあまり警戒されないのでは?」と思いみがわり+りゅうのまいドラパルトを1匹目に採用。いかに天候選出とドラパルトを通す立ち回りを徹底、構築を組めるよう心掛けました。

 

・天候パを使わないTNジューダスは「肉が無い肉うどんのようなものだよ」とばっちゃが言ってたので当然のように天候始動要員のキュウコン、天候エースのフシギバナを採用。真面目な話晴れ以外にも砂(バンギラスサンドパン)も考えましたが、ドラパルトを物理型にしたため砂+ドラパルトだとエアームドに対して弱くなるのとゴリランダーのグラススライダーで縛られて選出が窮屈になることを踏まえてエアームドに有効打がありゴリランダーのグラススライダーで縛られず有利に試合運びができる晴れにしました。キュウコンは起点作成、起点回避の技(おにび、おきみやげ、ほえるなど)を覚えるためキュウコンの晴れ展開からフシギバナを通すルートとキュウコンの起点作成からりゅうのまいドラパルトを通すルートの2つの軸で戦えるようにして残りの3匹を補完枠として模索しました。

 

・ドラパルト+天候コンビだとエースバーンがきつくなってしまうのとガブリアスドサイドンなどのじめん技を撃ってくるポケモンに隙を見せてしまうのでじめん技の一貫が切ることができって特性いかくで誤魔化しが可能なギャラドスを4匹目に採用。

 

・ここまでの4匹だとドラゴン技が一貫してるためドラゴン技の一貫を切りつつドラパルト、カイリューボーマンダなどのドラゴン勢に対してタイプ一致で抜群技を突けることができて、キュウコンの起点作成からわるだくみで全抜きを狙うことができるトゲキッスを採用。

 

・最後はカイリューボーマンダガブリアスに対して隙を見せずトゲキッスに受け出しが可能+晴れ選出で苦手なバンギラスに対して有効打があり技範囲が広く多くのポケモンに弱点を突くことができるメタグロスを3匹目の補完枠として採用しました。

 

 

【パーティ紹介】

 

キュウコン@あついいわ NNゆたんぽ

性格:おくびょう 特性:ひでり

努力値:H84 B116 C52 D4 S252

実数値:159-×-110-108-121-167

技構成:マジカルフレイム、おにび、ほえる、おきみやげ

 

調整

☆H-B 補正なしA252振りこだわりハチマキ持ちドラパルトのドラゴンアローを確定耐え

☆S 最速

☆C 余り

 

選出:17/29

 

天候始動要員+起点作成要員。いのちのたま持ち以外のドラパルトの攻撃を耐えて確実に行動できるよう耐久に厚く振った型を使ってました。

今回のルールコータスがいない関係上晴れ始動要員がキュウコンのみしかいない為必然的にキュウコンを採用しました。おにび+マジカルフレイムによるデバフを押し付ける、ほえるによる起点回避、おきみやげによる起点作成は他の天候始動要員にはできない戦い方ができます。

基本的にフシギバナとセットで選出することがほとんどですが単体だけで選出する試合もあったので後続の起点作成としては優秀でした。

 

フシギバナ@きあいのタスキ NNバナード

性格:ひかえめ 特性:ようりょくそ

努力値:C252 D4 S252

実数値:155-×-103-167-121-132

技構成:ソーラービームヘドロばくだん、ウェザーボール、せいちょう

 

選出:7/29

 

晴れエース+今回使ったパーティの軸その1です。キュウコンの晴れ始動展開からせいちょうを積んで全抜きを狙います。

ギャラドスカイリューボーマンダトゲキッス、エースバーンなどのダイジェット勢に弱くせいちょうを積んだところで相手のダイジェットで切り返されるケースが多発するのでダイジェット勢に対して最低1回は行動が可能なきあいのタスキを持たせました。いのちのたまなどの火力アップアイテムではないので火力が足りないのは否めませんが、きあいのタスキで耐えてから勝てた試合の方が圧倒的に多かったのできあいのタスキで正解でした。

 

ドラパルト@たべのこし NNシャルーア

性格:ようき 特性:すりぬけ

努力値:H108 A140 B4 D4 S252

実数値:177-158-96-×-96-213

技構成:ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、みがわり、りゅうのまい

 

調整

☆H 16n+1

☆A H252振りドラパルトをだいたい落とせるライン(87.5%の乱数)

☆S ミラー意識で最速

☆B D 余り

 

選出:18/29

 

今回使ったパーティの軸その2です。キュウコンの起点作成からの積みエース+相手のダイマックスを誘発させてみがわりで枯らす動きが純粋に強かった。みがわり+たべのこしまで見るとおにび、でんじは、たたりめなどの型を想定して立ち回るプレイヤーが多くみがわり+りゅうのまいを想定するプレイヤーが少なく1度でもりゅうのまいを積めればイージーウィンを量産したので非常に使いやすかったです。

特に1度りゅうのまいを積めればトゲキッスギャラドスに対してみがわりを絡めてダイマックスを枯らしてこちらのダイマックスを通したり有利に試合運びをすることができました。

 

メタグロス@とつげきチョッキ NNメタグロス

性格:いじっぱり 特性:クリアボディ

努力値:H252 A236 S20

実数値:187-203-150-×-110-93

技構成:アイアンヘッドバレットパンチ、じしん、れいとうパンチ

 

調整

☆H なるべく高くいたいため252振り

☆S エアームドなどのすばやさ70族+ミラー意識

☆A 余り

 

選出:12/29

 

最後に入ってきた補完枠。トゲキッスに隙を見せた時状況によっては安定して受け出しすることができてカイリューボーマンダガブリアス、ドラパルトなどのドラゴン勢に対してれいとうパンチ+バレットパンチでスイープすることができて隙を見せない動きをとり試合運びができる為採用。キュウコンフシギバナを見せてる関係上バンギラスを非常に呼ぶため初手から投げることが多かったです。

ダイマックス性能も高かったため状況に応じてメタグロスでダイアース、ダイスチルで要塞化したりトゲキッスバレットパンチ2発で倒したりすることもできるのでパーティの穴を埋めてくれました(きあいのタスキ持ちのガブリアスに対してれいとうパンチ+バレットパンチで相打ちに持っていけるのがでかかった)。

 

トゲキッス@ラムのみ NNあげぽよ

性格:おくびょう 特性:てんのめぐみ

努力値:H100 C156 S252

実数値:173-×-115-160-135-145

技構成:エアスラッシュマジカルシャインかえんほうしゃ、わるだくみ

 

選出:10/29

 

補完枠+積みエースその①。ドラパルトで全抜きすることが難しい相手(ミロカロスウインディエアームド等)がいた時に選出してました。キュウコンの起点作成からわるだくみ→ダイジェットで圧をかけるのが理想。

一定数いたステルスロック+あくび(エアームドステルスロック展開からトリトドンのあくびループに持ち込む等)のパーティもいたのでラムのみを持たせて状態異常展開に対してカウンターを取れる型を使いました。最悪エアスラッシュで怯ませて突破もできるので色々な面で最強でした(ゲスの極み)。

 

ギャラドス@カゴのみ NNジゼル

性格:わんぱく 特性:いかく

努力値:H164 B244 S100

実数値:191-145-143-×-120-114

技構成:たきのぼり、とびはねる、りゅうのまい、ねむる

 

選出:23/29

 

補完枠+積みエースその②。環境に多いエースバーン、すりぬけドラパルト、じしんかじょうギャラドスに対して強く戦えるポケモンが欲しかったのと、ドラパルト、トゲキッス以外に積みエースが欲しかったのもあって特性いかくの耐久に厚く振ったりゅうのまいねむるギャラドスを採用しました。

いかく+ねむるによる物理ダイマックスアタッカーのダイマックスを枯らすこともできたためドラパルトとギャラドスで相手のダイマックスを凌ぐルートも確保できたので自分の戦い方ができて使いやすかったです(おにびドラパルトに対してもりゅうのまい2回積んでからねむる→ダイジェットするルートも取れるのでかなり重宝します)。

特性いかくが非常に優秀でキュウコンのおにびが入らないポケモン(主にエースバーン)に対して火力を下げる手段となるので後続のサポートができたため雑に切らずなるべく物理アタッカーに対していかくを入れれるように心掛けてました。大会中とびはねる1回も外してないのでマジで偉かった。

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

【結果】

TNジューダス 最終順位3位 26-3

 

 

 

【最後に】

ジムチャレンジ以来天候パで公式大会に挑みましたが、公式大会初のレート1800達成+最終1桁順位+表彰台に上ることができたので本当に嬉しいです。本音を言うと最終日レート1812の段階で2位だったので「1回潜って勝てれば最終1位…!」てラインまで来てたので潜ろうかと思ってましたが、大連敗して溶かす未来が怖かったので潜らず保存しました(圧倒的豆腐メンタル)。

今後もこういった公式大会があれば時間を作って参加して今度こそ最終1位を達成できるよう努めます。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

 

twitterID:@Judaspoke

【ポケモン剣盾仲間大会】第1回テンペストマスターカップ ~最強の天候使いは誰だ!~ 開催要項

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。普段は天候パ関連の構築記事を上げてますが、今回は仲間大会の開催要項の記事になります。

 

f:id:Judaspoke:20220412203511j:plain

※↑あやきち(@popochanfr)さんに素敵なイメージイラストを描いて貰いました。ありがとうございます!

 

【仲間大会詳細】

 

☆対戦ルール

ダイマックスあり冠(シリーズ9)ルール ※禁止伝説(ザシアン、カイオーガ等)は使えません

・持ち時間5分 総合時間15分

・対戦回数20回まで

 

☆特別ルール

・以下のポケモン(天候始動要員)を必ずパーティに1匹以上採用すること

※1匹以上入れるポケモン:ロコン、アローラロコンキュウコンアローラキュウコンニョロトノバンギラスペリッパーコータスヒポポタスカバルドンユキカブリユキノオーギガイアスバイバニラアマルスアマルルガ、スナヘビ、サダイジャ

 

☆パーティ例(良い例)

・天候始動要員を1匹以上パーティに入れる

 

☆パーティ例(ダメな例)

・天候始動要員を1匹も入れない

 

 

☆開催日時

・2022年10月8日(土) 21:00~23:59

 

☆参加方法

・バトルスタジアム→インターネット大会→仲間大会に参加→大会IDを入力して参加登録をお願いします。

f:id:Judaspoke:20220928110210j:image

 

☆景品

twitterのほうで記載します。

 

 

よくある質問

 

Q:天候始動要員を2匹以上入れてもいいですか?

A:大丈夫です。カバルドンバンギラス同時採用はありです。

 

Q:必ず入れるポケモンの特性はすなおこし、ゆきふらしなど天候を変える特性じゃないとダメ?

A:ダメではないです。きんちょうかんバンギラスフリーズスキンアマルルガなどを採用しても大丈夫です。

 

Q:天候エース(すなかき、すいすいなどの天候によって恩恵を受けるポケモン)をパーティに入れなくて大丈夫?

A:強制ではないのでパーティに入れても入れなくても大丈夫です!

 

Q:ダイマックス技(ダイストリームやダイバーンなど)で天候を変えるのはありですか?

A:全然ありです。むしろそれが醍醐味だと思ってます。

 

 

【最後に】

7世代の頃から自分ならではのルールで仲間大会を開きたいと思ってましたが、なかなか実行する勇気と時間が無くてずっと開催できずにいましたが、今現在禁止伝説ルールが続いてる状態なので少し変わったルールの仲間大会をやりたいなーと思い開催を決意しました。

5~7世代の頃と比べて、だんだんと天候パを使ってる人が少なくなりインターネット対戦で天候パ同士で戦う機会が減りました。個人的に天候パ同士の対戦は他のパーティ同士の対戦にはない面白さがあると僕は思ってるので天候パで対戦する楽しさを伝えていきたいです。初めての仲間大会開催で至らぬ点は多々あると思いますが、皆様のご参加お待ちしております。特別なルールはありますが、冠環境ぜひぜひ楽しんでいきましょう

 

何かご不明な点がございましたらtwitterでお願いします

キョウタ@天候パ(@Judaspoke)Twitter

 

【ポケモン剣盾シーズン33使用構築】難攻不落無限砂塵【最高,最終レート2011,最終順位48位】

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。シーズン33お疲れ様です。シーズン32に引き続きシーズン33でも天候パで内部レート2000を達成することができました。需要があるかどうかわかりませんが、自身の結果を残す意味で構築記事を書きます。最後まで読んでくれたら幸いです。

 

 

 

シーズン33使用構築

※3匹目は黒バドレックスです

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

バンギラスドリュウズ、黒バドレックスはパーティの上段に置く

・どくびし、ステルスロックを絡めて黒バドレックス、ドリュウズの一貫を作る

・相手の積み技を誘ってカウンターを仕掛ける

 

 

 

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・禁止伝説2匹環境最後のシーズンだったため自分がやりたい、使いたい並びで最後も結果を残したいと思いもあったので自分が禁止伝説環境で使い続けた並び+自分の中でやりたいこと、1番強い戦い方ができるバンドリ+黒バドレックスの3匹からスタート。当初考えてたのは3匹で苦手な相手をサイクルで疲弊させて受けを成立させなくする。黒バドレックス、ドリュウズでなるべく全抜きを狙えるような構築を考えました。そのため補完枠は全抜きをできるエースよりかは削り、起点回避、相手の積み技に対してカウンターができる補完枠を模索しました。

 

・バンドリ+黒バドレックスで一貫してるみず技を半減で受けれる+黒バドレックス、ドリュウズで全抜きを狙う上で弊害になってくるポリゴン2やラッキーなどの高耐久ポケモンにどくびし展開で有利に試合運びが可能にすることができるムゲンダイナを補完枠1匹目+禁止伝説枠2匹目として採用。

 

・バンドリ+禁止伝説枠を黒バドレックスとムゲンダイナを採用したことでじめん技(主に霊獣ランドロス)が一貫してるためじめん技の一貫を消すことができて霊獣ランドロスに弱くないエアームドを採用。霊獣ランドロスつるぎのまいからのダイロックで受けが成立しなくなりますがムゲンダイナのリフレクターと絡めてエアームドで相手のダイマックスを枯らしてこちらのダイマックスで詰めるルートを作ります。

 

・ここまでの5匹で気になってくるのはザシアン+黒バドレックスの2匹に明確に強く戦えるポケモンが少ないのと、ムゲンダイナ+エアームドを突破する手段で積み技を駆使して突破を試みるポケモンが多数存在してたためそれらのポケモンに対してカウンターを仕掛けることができて、バンドリ(天候パ)と組み合わせるとこで見せ合いの段階で選出誘導をすることができるメタモンを最後の補完枠として採用。

 

 

 

 

 

 

【パーティ紹介】

 

バンギラス@たべのこし NNグシオス

性格:しんちょう 特性:すなおこし

努力値:H252 D244 S12

実数値:207-154-130-×-166-83

技構成:がんせきふうじ、イカサマ、ステルスロック、まもる

 

今回使った天候始動要員+サンダー、黒バドレックス、イベルタルなどの攻撃を受ける特殊受けと黒バドレックスをコピーしたメタモンの切り返しの役割を担ってます。禁止伝説2匹ルール環境の最初の頃と比べてバンギラスに対するメタが厚くなって不意の役割破壊技で不利な立ち回りを強いられる盤面も多々ありましたが、ダイジェットを半減で受けれて黒バドレックスに対して隙を見せないのはこのポケモンしかいないので環境のメタが変わっても今回のパーティでは必要不可欠な存在でした。

技構成、調整はいつものやつです。多分これが1番使いやすくて1番強いです。

 

 

 

ドリュウズ@きあいのタスキ NNネコダマシ

性格:いじっぱり 特性:すなかき

努力値:A252 B4 S252

実数値:185-205-81-×-85-140

技構成:じしん、アイアンヘッド、ロックブラスト、つるぎのまい

 

今回使った天候エース。シーズン32に引き続ききあいのタスキを持たせて単体でもなるべく選出が可能な型をシーズン33でも使い続けました。カイオーガ入りにはなかなか選出できなかったり環境に多かった霊獣ランドロスに不利をとられてしまいましたが、ゼルネアス+ネクロズマやホウオウ+ムゲンダイナなど特定の禁止伝説の組み合わせには滅法強く戦えることができたので他の天候エースにはない強さがあるとシーズン通して実感しました。

禁止伝説枠にムゲンダイナを採用してる関係カイオーガ入りでもドリュウズを選出する機会が増えた+エアームドメタモンドリュウズで苦手なポケモンのケアが可能なのでシーズン32と比べたら選出率が高くなりドリュウズを通す試合が比較的多くなったので使用感はかなり良かったです。シーズン34(幻環境)以降は多分ドリュウズ(バンドリ)で結果を残すことがほぼほぼ無理なのでシーズン33(禁止伝説2匹ルール最後のシーズン)で結果を残すことができて満足です。

 

バドレックス(こくばじょうのすがた)@のろいのおふだ NNバドレックス

性格:おくびょう 特性:じんばいったい

努力値:C252 D4 S252

実数値:175-×-100-217-121-222

技構成:アストラルビット、サイコショック、みがわり、やどりぎのタネ

 

禁止伝説枠1匹目。禁止伝説の中で1番すばやさが高く最低限削りを入れることができて試合展開を組み立てやすいため個人的に1番使いやすい禁止伝説ポケモンです。バンドリの並びで選出されやすい霊獣ランドロス、ヌオー、テッカグヤカバルドンは黒バドレックスで強く戦えることができて逆に黒バドレックスを見て選出されやすいバンギラスハピナス、黒バドレックスをコピーしたメタモンに対してはバンドリで強く戦えることができるので相性補完はかなり良いです。

技構成、調整等はいつものやつです。みがわりは相手のダイマックスを枯らす、誘発する手段として非常に強力ですが、後に紹介するムゲンダイナのどくびし展開からみがわり+やどりぎのタネで相手の耐久ポケモン(ラッキー、ポリゴン2など)の受けを成立させなくする手段としてかなり重宝しました(どくびし展開からみがわり連打でどくのダメージを稼いでから黒バドレックスの攻撃圏内に入れる立ち回りもできるので純粋に強かった)。

 

ムゲンダイナ@くろいヘドロ NNEternatus

性格:おくびょう 特性:プレッシャー

努力値:H252 B196 S60

実数値:247-×-140-165-115-173

技構成:マジカルフレイム、リフレクター、どくびし、じこさいせい

 

調整

☆H-B 補正ありA252振りザシアンのA+1きょじゅうざん+リフレクター時にA+1きょじゅうざんをくろいヘドロの回復込みで最高乱数切り耐え

☆H-D 補正なしC252振りサンダーのC−1いのちのたまダイジェットがくろいヘドロの回復込みで確定2耐え(補正ありだと乱数ですがこちらが部が良い乱数です)

☆S 準速エースバーン抜き抜き

 

禁止伝説枠2匹目。黒バドレックスで苦手になる高耐久ノーマルタイプ勢(ラッキー、ポリゴン2など)に強く戦えることができる+バンドリ黒バドレックスで苦手なカイオーガ、ウーラオスあたりに弱くなくマジカルフレイム、どくびしで有利展開に持ち込めることに魅力を感じ採用しました。

環境に多かったザシアン+サンダーの並びにリフレクターとマジカルフレイムを合わせることで隙を見せない性能が強くあらゆるザシアン+サンダー構築に最低限仕事をすることができるのでかなり動かしやすかったです。リフレクターを選択するとザシアンや霊獣ランドロスの積み技(つるぎのまい)を誘発する動きを取れるのでリフレクターで相手の積み技を誘ってメタモンで能力変化ごとコピーしてカウンターをとることが可能です。

技構成でどくどくではなくどくびしを採用してる理由はどくどくだとどくを入れたいポケモンに入れさせてくれない立ち回りをしてくる人がほとんどで不毛な読み合い(どくどくよみでザシアンに交代してくる読みマジカルフレイム…etc)が発生してしまうのでその読み合いをなくしてサイクル下で安全にどくを入れることができるどくびしを採用しました。どくびしのデメリットとしてどくタイプのポケモンが場に出た時回収されてしまうデメリットがありますが、環境に多かったどくタイプがムゲンダイナ以外そこまでいなかったのでどくびしが回収する頻度は少なかったので特に困る盤面はほとんどなかったです。

シーズン33のランクバトルで初めてムゲンダイナを使ってみましたが積み技誘発、マジカルフレイム+どくびしなどデバフの押し付け、ダイマ誘発、サイクル補助等々様々なことができたので非常に使いやすかったです。もっと早い段階で使えば良かったと禁止伝説2匹環境終わってから後悔しました。

 

エアームド@ゴツゴツメット NNエアムード

性格:わんぱく 特性:がんじょう

努力値:H252 B252 S4

実数値:172-100-211-×-90-91

技構成:ステルスロック、みがわり、ふきとばし、はねやすめ

 

ノーウェポンエアームド。シーズン32に引き続き採用。主な役割はムゲンダイナでどくびし展開をした後にエアームドステルスロック+ふきとばしで相手のポケモンを疲弊させて黒バドレックス、ドリュウズの一貫を作る(似たような動きだとノーウェポンラッキー+ノーウェポンルギアの動きをムゲンダイナ+ノーウェポンエアームドで行う)こととゴツゴツメットを駆使して黒バドレックスの攻撃圏内に入れて安全にくろのいななきを発動させて全抜き態勢を整えることです。ムゲンダイナでどくびし展開できたとしてもどくびしが入ってないラッキーとムゲンダイナが対面したらラッキー側はラッキーにどくびしを入れるのを嫌で居座り続ける(HPの総量でTODを狙う)ケースがあるのでムゲンダイナのどくびし→エアームドのふきとばしで無理矢理ラッキーを交代させてどくびしを踏ませる動きが取れるのでどくびし展開をする上でかなり重要になってきます(ほとんどムゲンダイナとセットで選出してました)。

技構成、調整はシーズン32と同じなので割愛。シーズン中みがわりの枠をカバルドン展開を咎めるちょうはつにしようか考えましたが、メタモンにコピーされた時ちょうはつされるとディスアドになってしまう(交代しようにも交代先のポケモンにちょうはつが入って立ち回りの幅を狭めてしまう)のとムゲンダイナのどくびし展開からみがわり連打でスリップダメージを蓄積させて後続の攻撃圏内に入れる動きがとれたためメタモンにコピーされた時の被害を最小限に抑えられて相手のスリップダメージを蓄積させることが可能なみがわりで最後まで貫き通しました。

 

メタモン@こだわりスカーフ NNメタられた

性格:なまいき 特性:かわりもの

努力値:H252 D252

実数値:155-×-×-×-×-×

技構成:へんしん

 

調整

☆D>B ダウンロード対策

☆S 最遅

※多分もっと良い調整あったと思う

 

最後に入ってきた補完枠。ここまでの5匹だとザシアン+黒バドレックスをまとめて相手することができるポケモンが少なかったのとムゲンダイナ、エアームドと状況によっては相手の積み技を許して全抜きされる恐れがあるので、相手に積み技からムゲンダイナ、エアームドを突破されても切り返すことが可能なメタモンを採用しました。

今まで天候パの天敵+自分で使っててもあまりうまく使いこなせない(選出が相手依存になりがちでパーティによっては見せ合いの段階で6vs5からスタートしてしまう)ため使うのを避けてました。ただ、禁止伝説枠にムゲンダイナを採用することでメタモンの扱いやすさが段違いになり、ここの枠はメタモン以外考えられなくなりました(リフレクタームゲンダイナを最大限活かす意味で)。ムゲンダイナで積み技を誘発して能力上昇ごとメタモンでコピーして全抜きを狙う強いルートをとれるのはこのポケモンならではの強みだとシーズン33で使い続けて実感しました。

禁止伝説環境でメタモンと和解する日は訪れないと思ってましたが、禁止伝説2匹環境最終シーズンで和解できて良かったです(所々クソなのは変わりませんが)。

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

 

 

 

 

【基本選出】

※禁止伝説の組み合わせはかなりあるので自分がランクバトル潜ってる時によく見た並びの基本選出を記載します。

 

☆VSザシアン+カイオーガ


☆VSザシアン+黒バドレックス

or

 

☆VSザシアン+イベルタル

 

☆VSザシアン+ホウオウ

or

 

☆VSザシアン+ディアルガ

+@1


☆VSカイオーガゼクロム

+@1

 

☆VSイベルタル+ムゲンダイナ

or

 

☆VSイベルタル+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+ムゲンダイナ

or

 

☆VSゼルネアス+日食ネクロズマ

or

 

☆VSゼルネアス+黒バドレックス

+@1

 

☆VSジガルデ全般

 

 

 

 

 

 

【きついポケモン

 

☆白バドレックス

禁止伝説の中で1番きつい。真面目な話勝率2割切ってます()

 

☆みがわりめいそうカイオーガ

カイオーガの中で1番きつい型です。ムゲンダイナ対面みがわりはやめてください死んでしまいます()

 

☆Gヒヒダルマ

当たらないことで対策してました(白目)

 

 

 

他にもきついポケモンはいますが特にきつかったのはこの3匹です。

 

 

 

 

 

 

【最後に】

 

結果

 

TNジューダス 最終48位

 

改めましてシーズン33お疲れさまでした。禁止伝説2匹環境最後のシーズンでしたがシーズン32に引き続き内部レート2000+2桁順位を達成することができてすごく嬉しいです。

最初は不安だらけの状態から幕を開けた禁止伝説2匹環境でしたが蓋を開けてみれば7シーズン中6シーズン内部レート2000を達成することができて自分としては天候パでよう頑張ったほうではないかなーと思います(しみじみ)。

シーズンによっては使ってきた禁止伝説の組み合わせもバラバラだったので振り返ってみると

 

S27

S28

S29

S30※構築記事なし

S31

S32

S33

 

などなどよく飽きずに天候パを使ってきたな~と感じます(←こいつ相変わらずダイマックス環境でザシアン使うの下手すぎるな)。禁止伝説2匹環境でも天候パから逃げなかった僕を褒めてください()

 

シーズン34以降からまたルールが変わりますがのんびりと自分のペースでやっていきあわよくば結果を残せるよう頑張ります。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!!

シングルランクバトルでTNジューダスとマッチングした方は対戦ありがとうございます!!!

 

 

 

【すぺしゃるさんくす】

 

☆自分のモチベーションを維持し続けてくれた3桁を目指す窓の方々

 

 

☆9月1日に希望休を了承してくれた上司

 

 

 

 

 

 

 

 

※最終レート

f:id:Judaspoke:20220908201917p:image

 

 

TwitterID:@Judaspoke

【ポケモン剣盾シーズン32使用構築】雷鳴黒馬砂塵【最高,最終レート2007,最終順位51位】

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。シーズン32お疲れ様です。シーズン31に引き続きシーズン32でも天候パを使って内部レート2000を達成することができました。需要があるかどうかわかりませんが、自身の結果を残す意味で記事にします。最後まで読んでくれたら幸いです。

 

 

シーズン32使用構築

※3匹目は黒バドレックスです

 

 

 

 

 

 

 

【コンセプト】

・天候始動要員、天候エースは上段に置く

・みがわり展開から黒バドレックス、ゼクロムを通す

ステルスロックゴツゴツメット、すなあらしのスリップダメージでサイクルを崩す

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・序盤から中盤まではシーズン31で使ってた構築を使ってのんびり潜ってました。レート1900まではいけましたがシーズン31よりきついポケモン、構築と当たる頻度が多くなった+みず技の一貫がウォッシュロトムでしか切れなかったためウオノラゴン、水ウーラオスカイオーガなどのみずタイプアタッカーに苦戦を強いられていたのでパーティを解散させ新しいパーティを作ることにしました。

 

・バンドリ+黒バドレックスの3匹は竜王戦(禁止伝説1匹)環境の時から使っていたので新しい並びを試すより、今まで使ってた3匹を入れた並びのほうが戦いやすい+選出がわかりやすくなると思ったのでバンドリ+黒バドレックスの3匹からスタート(個人的な理由でTNジューダスといえばこの並び!みたいなものが欲しかった+竜王戦環境から使ってたこの3匹で結果を残したいという思いもあったため)。残りの3匹は環境に多い並びに対して自信が持てる選出、役割を遂行できるポケモンを模索しました。

 

・最初の補完枠はみず技の一貫を切ることができてカイオーガ入りのパーティに役割を遂行することができるトリトドンを採用。バンギラスステルスロックからトリトドンのあくび展開で相手のサイクルを疲弊させてから黒バドレックスを通すのが理想です。

 

・ここまでの4匹だとじめん技が一貫してるため霊獣ランドロスガブリアスカバルドンなどのじめんタイプ勢と不利対面をとられた時の引き先となり禁止伝説だと日食ネクロズマ、ザシアン入りに選出、役割を持つことができて黒バドレックスの全抜きをサポートできるエアームドを2匹目の補完枠として採用

 

・ここまでの5匹だと火力と耐久に厚く振ってるカイオーガとみがわりめいそうカイオーガに対して後手に回る可能性が高くサイクルが不利になる+バンドリ選出ができない時ホウオウ入りに対して安定しなかったと感じたため最後の補完枠はカイオーガに対して後手に回らずホウオウ入りに積極的に選出できるゼクロムを禁止伝説2枠目として採用。

 

 

【パーティ紹介】

 

バンギラス@カゴのみ NNバンホーテン

性格:しんちょう 特性:すなおこし

努力値:H252 D252 S4

実数値:207-154-130-×-167-82

技構成:イカサマ、がんせきふうじ、ステルスロック、ねむる

 

今回使った天候始動要員+環境に多い特殊イベルタル、黒バドレックス、サンダーなどの特殊アタッカーを受ける役割と黒バドレックスで苦手なメタモンにコピーされた時の切り返しの役割を担ってます。シーズン31までは持ち物をたべのこしにして技構成にまもるを覚えさせて相手のダイマックスを枯らす動きに特化した型を使ってましたが、試運転をしてる時ねむるを覚えてたら勝てた試合(主にTODで勝てた試合)が多かったと感じた+別のポケモンにたべのこしを持たせたいこともあったため持ち物はカゴのみを持たせた型をシーズン32では使いました。

持ち物をたべのこしからカゴのみに変えたことで、耐久型ムゲンダイナに対して数的有利を取ってしまえばねむる連打でTODに持ち込んで勝てた試合が増えたのでカゴのみ+ねむるはかなり重宝しました。ただ、たべのこし+まもるを抜いたことで特殊アタッカーのダイマックスを枯らすことが難しくなったので個人的に立ち回りが少し窮屈になったと感じました。それでもカゴのみじゃなかったら勝ってない試合も多々あったので一長一短です。なるべくダイマックス枯らしをバンギラスで一任せずトリトドンエアームドと交代しながらダイマックスを凌ぐ立ち回りをするよう心掛けました。

技構成は黒バドレックスの有効打+バンギラスに対して後出ししてくるザシアンに対して削りが優秀なイカサマとTODの勝ち筋を広げるねむるとドリュウズ、黒バドレックス、ゼクロムの全抜きをサポートできるステルスロックまで確定。残りの技はいわ技でがんせきふうじかロックブラストで悩みましたが、ロックブラストだと相手のダイジェットに対してケアがしづらいと感じたためダイジェットに対して少しでもケアがしやすくなるがんせきふうじにしました(外しは知らん)。

 

ドリュウズ@きあいのタスキ NNネコダマシ

性格:いじっぱり 特性:すなかき

努力値:A252 B4 S252

実数値:185-205-81-×-85-140

技構成:じしん、アイアンヘッド、ロックブラスト、つるぎのまい

 

今回使った天候エース。主にゼルネアス、ホウオウ、日食ネクロズマ絡みのパーティに対して選出してました。シーズン31では耐久、火力調整したいのちのたまを持たせた型を使ってましたが、いのちのたまだと不意の高火力技、抜群技でドリュウズが何もせずに倒されてしまうケースがあり負けに直結するシーンが何回かあったため最低1回行動ができる+単体でも選出がしやすいきあいのタスキを持たせて型をシーズン32で使ってました。きあいのタスキにしてからは多少選出率等上がったので持ち物を変えて正解でした。

刺さるパーティにはとことん刺さりますが、環境に多い霊獣ランドロス対策のついでにドリュウズも対策されるのでそこが辛いところです。それでもバンギラスと一緒に並べることで選出しなくても選出誘導の役割を担うことができるのでドリュウズ以外の適任はいないです。シーズン33もドリュウズを使い続けます(使命感)。

 

バドレックス(こくばじょうのすがた)@のろいのおふだ NNバドレックス

性格:おくびょう 特性:じんばいったい

努力値:C252 D4 S252

実数値:175-×-100-217-121-222

技構成:アストラルビット、サイコショック、みがわり、やどりぎのタネ

 

禁止伝説枠の1匹。禁止伝説の中で1番すばやさが高く最低限削りを入れることができるため試合展開を組み立てやすい+特性のくろのいななきでとくこうを上げて全抜き態勢を整える性能は純粋に強く禁止伝説の中で1番使いやすいです。バンドリの並びで選出されやすい霊獣ランドロス、ヌオー、テッカグヤカバルドンは黒バドレックスで強く戦えることができて逆に黒バドレックスで苦手なハピナスバンギラス、黒バドレックスをコピーしたメタモンにはバンドリで強く戦えるので相性補完はかなり良いです。

技構成、調整等はいつものやつです。竜王戦(禁止伝説1匹)環境の時から同じ技構成、調整を使ってきたので立ち回り、戦い方は熟知してる(と信じたい)。新しい型を使うより使い慣れてる型の方が絶対強く立ち回れると思ってる+個人的に黒バドレックスを使うならこの型が1番強いと思っているので技構成、調整を変えずに使い続けてます。

持ち物はゴースト技の威力を上げることができるのろいのおふだを持たせてますが、火力アップアイテムを持ってるとはいえ黒バドレックスのアストラルビットだけで倒しきれない相手が多いのですなあらし、ゴツゴツメットステルスロック等のスリップダメージを入れて黒バドレックスのアストラルビット圏内に入れる立ち回りをするよう心掛けてました。

 

ゼクロム@たべのこし NNゴルベーザ

性格:いじっぱり 特性:テラボルテージ

努力値:H12 A180 B4 D108 S204

実数値:177-212-141-×-134-136

技構成:らいげき、スケイルショット、みがわり、りゅうのまい

 

調整

☆H 4n+1

☆A ステルスロック+A+1ダイサンダーでH252振りザシアンを乱数1発(93.7%)

☆H-D 補正なしC252振りカイオーガのダイアイス(れいとうビーム媒体)を確定耐え

☆S 気持ちとつげきチョッキ持ちカイオーガより早く(+1で最速130族抜き)

 

【剣盾s29 最終36位 最高最終2015】マルスケ展開テラボルテージ - onion soupのいうとおり

※調整はこちらから参考にさせていただきました(めーでーさんに掲載許可をもらいました。めーでーさん本当にありがとうございます)

 

補完枠+禁止伝説枠2匹目。禁止伝説枠1匹目に黒バドレックスを採用すると状況次第でイベルタルカイオーガ、ホウオウに不利をとられて厳しい試合を強いられることが多々あると思い黒バドレックスで苦手な禁止伝説入りのパーティに対して対面から勝てることが可能なゼクロムを採用しました。

ゼクロムを採用したことでバンドリ以外でホウオウ軸に対する選出の幅を広げることができた+バンドリで一貫しやすいみず技を受けたりみずタイプのポケモンに強く戦えていけたので補完枠としてはかなり優秀でした。その分霊獣ランドロスに対して隙を見せてしまうのでそこが玉に瑕。

技構成、調整はカイオーガに対して行動ができる+メタモンにコピーされても被害を最小限に抑えることができるように耐久、すばやさを調整した型を使ってました。いのちのたまが余ってたのでいのちのたまを持たせた火力ゴリ押しの型も考えましたがバンドリ、黒バドレックス、ゼクロムをパーティに入れることでメタモンがほぼほぼ選出されるのでメタモンに対するカウンター要素を入れる必要がありこのような技構成にしてます。スケイルショットはガブリアスのタスキを貫通できたりメタモンにコピーされても回数次第で黒バドレックス、トリトドンも攻撃を耐えて返しの攻撃で倒すことができるので攻めと受けを両立できる点はげきりんより優れてると感じました。ただ、命中率が90%なので外しにやる負けた試合がいくつかあったのでそこは一長一短です。

余談ですがシーズン32ではジガルデ(たべのこし持ち)と対面した時はほとんどはゼクロムがすばやさが勝ってて上から行動できましたが、すばやさに厚く振ってるたべのこしジガルデも一定数いたのでもっとすばやさに振るべきでした(トラウマ)。

 

エアームド@ゴツゴツメット NNエアムード

性格:わんぱく 特性:がんじょう

努力値:H252 B252 S4

実数値:172-100-211-×-90-91

技構成:ステルスロック、みがわり、ふきとばし、はねやすめ

 

補完枠の1匹。攻撃技がないノーウェポンエアームドです。主にザシアン、日食ネクロズマ入りに対して積極的に選出してました。バンドリ、黒バドレックス、ゼクロムで一貫しやすいじめん技を無効にすることができてつるぎのまいを覚えてるガブリアス、霊獣ランドロスに対してふきとばしで隙を見せず盤面を操作できることに魅力を感じ採用しました。同じはがね・ひこうタイプにアーマーガアやテッカグヤがいますがその2匹ではなくエアームドを採用した理由は

 

ステルスロックを覚えるためサイクルを疲弊させることが可能

・特性がんじょうのため最低1回は行動できる

・ふきとばしによる起点回避(ステルスロックと合わせることでダメージレースを有利にする)

 

主な理由はこの3つです。特にステルスロック+ふきとばしを覚えることができる点が優秀でした。黒バドレックス、ゼクロムドリュウズだけだと攻撃1発で相手を倒しきれず返しの攻撃で倒されるケースが多いので絶妙に足りない火力をエアームドステルスロック展開の削りで補うことができたので非常に強かったです。技構成にみがわりを採用してる理由はカバルドンラグラージトリトドンなどのあくび勢に隙を見せない+ナットレイに対してみがわり→ステルスロック→ふきとばしで有利に試合展開ができるため採用してます(みがわり状態ならいのちのたまを持ってないジガルデのサウザンアローはみがわりが確定で耐えるのでジガルデ軸には多少の役割を持ってます)。特にあくび勢にみがわりを展開することであくびループから試合の主導権を握る動きを止めることができたためみがわりという技はかなり重宝します。

純粋にステルスロック+ふきとばしで疲弊させる動きが強く雑に扱ってもなにかしら仕事をこなしてくれます。持ち物は攻撃技がないため接触してくる相手に対してメインウェポンとなるゴツゴツメットを採用。ゴツゴツメットを持たせることでザシアンを削って黒バドレックスのアストラルビット圏内に入れたり、物理技メイン(フレアドライブDDラリアット等)のガオガエンに削りを入れて黒バドレックスを通しやすくする動きをとれるのでこの持ち物は本当に強かった。選出率も1番高かった気がします。

NNの由来は自分が小学生の頃エアームドのことをエアムードと間違えた名前で呼んでいたため。自分以外にエアームドの名前を間違えて覚えてた人はいるはず(いるよね?)。

 

トリトドン@きれいなぬけがら NNミズカルゴ

性格:なまいき 特性:よびみず

努力値:H252 A4 B140 C4 D108

実数値:218-104-106-113-127-×

技構成:じしん、れいとうビーム、あくび、じこさいせい

 

調整

☆H-B 補正ありA252振りA+1じゃれつくを確定耐え

☆H-D 補正ありC252振りカイオーガのダイアイス(ふぶき媒体)で乱数2発(0.3%)

 

補完枠の1匹。バンドリ+黒バドレックスで一貫しやすいみず技(主にカイオーガ)を受けれてカイオーガ軸に隙を見せないポケモンが欲しかったちため採用。調整はザシアン+カイオーガの並びに役割を持ちたかったためザシアンのじゃれつく+カイオーガのダイアイスを耐える調整にしました。

立ち回りはエアームドステルスロック展開からトリトドンのあくびで削りつつゼクロム、黒バドレックスで全抜きをするのが理想です。エアームドだけだと削りはできても裏のポケモンを確認することができないケースがあるのでトリトドンを展開補助としての役割を担うようにしました。持ち物は最初はオボンのみを考えてましたが、カイオーガ入りにゴチルゼルが入ってた時に選出を歪まされて負けてしまうのが1番しょーもないと思ったのでゴチルゼル入りにも選出を歪ませず積極的に選出できるきれいなぬけがらを持たせました。実際今回使ってたパーティでゴチルゼルが選出されることが全くなかったのできれいなぬけがら以外の持ち物の方がよかったとシーズン終了時に思いました。

技構成はカイオーガに対してダメージが期待できるじしん、HP管理のじこさいせいと起点作り、起点回避ができるあくびは確定。残りの技はねっとう、まもる、れいとうビームクリアスモッグあたりと選択ですが霊獣ランドロスに隙を見せたくないのもあり霊獣ランドロスに対して4倍弱点が突けれて遂行速度を速めることができるれいとうビームにしました。

 

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

【基本選出】

※禁止伝説の組み合わせはかなりあるので自分がランクバトル潜ってる時によく見た並びの基本選出を記載します。

 

☆VSザシアン+カイオーガ

or


☆VSザシアン+黒バドレックス

 

☆VSザシアン+イベルタル

or

 

☆VSザシアン+ホウオウ

 

☆VSザシアン+ディアルガ

or


☆VSカイオーガゼクロム

+@1

 

☆VSイベルタル+ムゲンダイナ

or

 

☆VSイベルタル+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+ムゲンダイナ

or

 

☆VSゼルネアス+日食ネクロズマ

or

 

☆VSゼルネアス+黒バドレックス

+@1

 

☆VSジガルデ全般

+@1

 

 

 

【きついポケモン

 

☆エースバーン

気づいたら重くなっていた(超絶欠陥構築)

 

☆ホウオウ

耐久型ならそこまできつくはないですが、いのちのたま持ちアタッカーは少々きついです。先に展開されたらゼクロムでも致命傷を負います。

 

ゼクロム

こっちのゼクロムが耐久振ってるため先に展開されたらしんどい。

 

 

 

【最後に】

結果

TNジューダス 最終51位

f:id:Judaspoke:20220808182600j:image

 

改めてシーズン32お疲れ様でした。シーズン31に引き続きレート2000+2期連続2桁順位を達成することができて非常に嬉しいです。

シーズン33では禁止伝説2匹環境が最後のシーズンとなるので楽しく、のんびりと、あわよくば結果を残せるよう頑張ります。

 

【すぺしゃるさんくす】

 

☆自分のモチベーションを維持し続けてくれた3桁を目指す窓の方々

 

☆シーズン29終わりの通話で「ゼクロムは軸で採用するより補完枠で採用するほうが強い」とアドバイスをしてくれたシグマさん

 

ゼクロムの調整を参考にさせていただいためーでーさん(ゼクロムだけで勝てた試合が多かったので本当に感謝です)

 

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。ランクバトルでTNジューダスとマッチングした方は対戦ありがとうございます。

※最終レート

f:id:Judaspoke:20220815140824p:image

 

※TwitterID:@Judaspoke

【ポケモン剣盾シーズン31 2ROM使用構築】爆炎黒馬砂塵【最高,最終レート2004,最終順位56位 最高,最終レート2012,最終順位33位】

はじめましてのかたははじめまして。そうでないかたはお久しぶりですキョウタと申します。シーズン31お疲れ様です。シーズン31でも天候パを使って内部レート2000を達成することができました。需要があるかどうかわかりませんが、今回も自身が使ってた構築を残す意味でシーズン31で使ってた構築を記事にします。最後まで読んでくれたら幸いです。

 

 

シーズン31使用構築

※3匹目は黒バドレックスです

 

 

 

 

【コンセプト】

・天候始動要員、天候エースは上段に置く

・みがわり、とんぼがえり、ボルトチェンジを駆使し有利盤面を作って試合運びをする

・定数ダメージを稼いで黒バドレックスの全抜き態勢を整える

 

 

 

【構築経緯】

※採用順

 

・禁止伝説の中で1番すばやさが高く個人的に使い慣れている黒バドレックスからスタート。禁止伝説2匹環境になってからきあいのタスキこだわりスカーフ以外の持ち物を持っている黒バドレックスが数を減らした+ほとんどのプレイヤーが黒バドレックスの持ち物をきあいのタスキこだわりスカーフ警戒で立ち回る方がかなり多い(シーズン30の最終1位の方がザシアン+こだわりスカーフ持ちの黒バドレックスで結果を残したため、シーズン31では今まで以上にこだわりスカーフきあいのタスキを警戒される)と予想しました。個人的にこだわりスカーフきあいのタスキ以外の持ち物で結果を残したい欲もあったのでその2つ以外の持ち物を模索しました。模索したところのろいのおふだ(ゴースト技の威力を上げる)を持たせたときのアストラルビットの火力に魅力を感じシーズン31はのろいのおふだ持ちの黒バドレックスを煮詰めることにしました。

 

・天候始動要員、天候エースは黒バドレックスで苦手となるイベルタルメタモンに強く戦えて黒バドレックスミラーになった時に引き先になれるバンギラスと耐久とすばやさを調整したドリュウズにしました(すばやさを調整することでメタモンにコピーされても砂状態じゃなければ黒バドレックスで切り返しが容易になるためメタモンに対して隙を見せずに戦うことができます)。

 

・前期(シーズン30)では2匹目の禁止伝説は物理レシラムを使ってましたが不甲斐ない結果で終わってしまったので達成できなかった要因を振り返ったところ

①じめん技(主に霊獣ランドロス)が一貫してるため補完枠がじめん技を透かせるポケモンを採用、選出せざる得なかった

②回復技を覚えないためサイクル戦になった時不利な戦いを強いられる

メタモンの切り返しで簡単に試合を捲られる

などの要因が挙げられた。この3つが前期勝ちきれなかった要因でもあるので改善が必要だと感じました。理想はナットレイテッカグヤ、ザシアンなどのはがねタイプに有効打がありじめん技を無効化できてメタモンにコピーされてもケアが効きやすい禁止伝説枠を模索しました。模索したところホウオウが上記の条件に当てはまっていたので禁止伝説枠2匹目にホウオウを採用しました。

ホウオウを採用したことでじめん技の一貫が切れますが、霊獣ランドロスがきつくなってくるので、残りの補完枠で霊獣ランドロスに隙を見せない補完枠を模索しました。

 

・補完枠1匹目はとんぼがえりによる対面操作性能+ステルスロックゴツゴツメットの削りをいれて黒バドレックスのアストラルビット圏内に入れることができる霊獣ランドロスを採用。霊獣ランドロスに圧倒的に有利ではありませんが、いかくでこうげきを下げて誤魔化せたりがんせきふうじですばやさを操作してダイジェットからの無双を止めることができるため採用しました。

 

・ここまでの5匹だとみず技(主にカイオーガ)の通りが良いためみず技に対して受け出しが可能でみずタイプのポケモンに対して有効打を持ててバンドリ+ホウオウで苦手な霊獣ランドロスに対して弱くないとつげきチョッキ持ちのウォッシュロトムを最後の補完枠として採用。

 

 

【パーティ紹介】

 

バンギラス@たべのこし NNグシオス

性格:しんちょう 特性:すなおこし

努力値:H252 D244 S12

実数値:207-154-130-×-166-83

技構成:がんせきふうじ、イカサマ、まもる、ステルスロック

 

今回使った天候始動要員。いつものやつです。霊獣ランドロス、ホウオウと組み合わせることで特殊イベルタル、物理イベルタル両対応することが可能で黒バドレックスの天敵であるイベルタルダイマックスを枯らすことができます。

今回使った禁止伝説が黒バドレックスとホウオウだったためメタモンにコピーされた際バンギラスで簡単に切り返しすることができた(黒バドレックスもホウオウ共にバンギラスに対して有効打を持たない)ため対メタモンの性能は非常に優秀でした。

技構成、調整、持ち物はシーズン29で使ってた個体と同じです。別の型とかも使ってみたかったですが、個人的に使い慣れている型+相手の特殊アタッカーのダイマックス枯らし性能がトップレベルなためこれ以外なかったです。

禁止伝説2匹環境ではパーティに必ずバンギラスが入ってるレベルなので僕の中でバンギラスがビジネスパートナーみたいな立ち位置になりつつあります()

 

ドリュウズ@いのちのたま NNゲッター2

性格:いじっぱり 特性:すなかき

努力値:H28 A124 B68 D60 S228

実数値:189-188-89-×-93-137

技構成:じしん、アイアンヘッド、ロックブラスト、つるぎのまい

 

調整

☆H 10n-1(いのちのたまダメージ最小)

☆H-B ドリュウズをコピーしたメタモンのダイアースをダイマックス状態で確定耐え

☆H-D 補正なしC4振りサンダーのダイバーンを確定耐え

☆S 準速マンムー抜きカイオーガ意識

☆A 残り(じしん+ダイアースでHB特化ヌオーを確定で倒せます)

 

今回使った天候エース。いつもの砂エース。バンギラスと同様に調整、技構成、持ち物はシーズン29で使ってた個体と同じです。火力は申し分なかったが、前のシーズンと比べたら選出率が低かったのでもっと色々な調整、型を模索したほうが良かったと思ったので反省。

ただ、日食ネクロズマ、ムゲンダイナ、ゼルネアス絡みのパーティに対して強く戦えることができたので今回使ったパーティでは必要不可欠の存在でした。

来シーズン以降はもっと色々な型を模索します。

 

バドレックス(こくばじょうのすがた)@のろいのおふだ NNバドレックス

性格:おくびょう 特性:じんばいったい

努力値:C252 D4 S252

実数値:175-×-100-217-121-222

技構成:アストラルビット、サイコショック、みがわり、やどりぎのタネ

 

今回使った禁止伝説枠の1匹+この構築の軸です。今まではメタモン、黒バドレックスミラーのことを考えたらきあいのタスキこだわりスカーフ以外の型はなかなか使いづらいと考えてましたが、シーズン30の最終1位の方がこだわりスカーフ持ちの黒バドレックスで結果を残されていたのでシーズン31ではほとんどのプレイヤーがこだわりスカーフきあいのタスキを警戒して(火力アップのアイテムを想定せず)立ち回る方が多くなると予想しました。黒バドレックスに対してきあいのタスキこだわりスカーフを想定した立ち回りをする相手に対して予想外の火力を叩き込めて相手のプランを崩壊させてeasy winを量産することができると思い持ち物はのろいのおふだ(ゴースト技の威力アップアイテム)を持たせました。のろいのおふだを持たせたことで今まで倒しきれなかった相手を倒しきることができたので個人的に使ってて楽しかったです。

 

火力

☆C+1のアストラルビットでH252振りのザシアンを87.5%で倒せる(火力アップアイテムが無いと確定耐え。ちなみにC+1のダイホロウでカイオーガの雨状態しおふきを確定耐えまで振っているザシアンを確定1発にできます)

ステルスロック+アストラルビットで無振りイベルタルを95.7%の乱数2発(火力アップアイテムが無いと確定3発)

☆アストラルビットでH252振りヌオーを確定1発(火力アップアイテムが無いと6.2%の乱数1発)

 

火力は大体こんな感じです。特に1番大きかったのはザシアンに対して確定耐えから高乱数で倒せるようになるのでストレスフリーに立ち回ることができました(火力アップアイテムを持ってないとC+1のアストラルビットでH252振りザシアンを確定で倒せないのでダイマックスを強いられていたため)。きあいのタスキこだわりスカーフと比べて行動保証は多少低くはなり、黒バドレックスミラー、メタモンに対して明確な対処方法を黒バドレックス以外で用意しないといけません。それでものろいのおふだの火力アップ+こだわらず柔軟に技選択できる点はきあいのタスキこだわりスカーフにはない強さを持っていると感じました。

技構成、調整はいつものやつ。みがわり+やどりぎのタネは受け出しに来たポリゴン2、ラッキーを崩したり、相手のダイマックスを誘発させてから後続に交代してダイマックス枯らしを展開する手段としてかなり重宝しました。

 

ホウオウ@あつぞこブーツ NNホウオウ

性格:わんぱく 特性:さいせいりょく

努力値:H252 A4 B188 D4 S60

実数値:213-151-147-×-175-118

技構成:せいなるほのお、ブレイブバード、みがわり、じこさいせい

 

調整

☆H-B 補正ありA252振りザシアンのA+1ワイルドボルトを確定耐え

☆H-D 補正ありC252振り黒バドレックスのアストラルビットを乱数2耐え(93.8%)

☆S +2でこだわりスカーフ持ちカイオーガ抜き

 

【S30最終2097,2089-4位,5位】バドホウオウ結 - Origin Regression 

※調整はこちらから参考にさせていただきました(うわっきーさんに掲載許可をもらいました。うわっきーさん本当にありがとうございます)

 

今回使ったパーティの禁止伝説枠2匹目。バンドリ+黒バドレックスだとナットレイテッカグヤなどのはがねタイプが苦手+じめん技が一貫してたためはがねタイプに有効打がありじめん技を透かせるポケモンを模索したところホウオウにたどり着き採用しました。

ザシアン+黒バドレックスに隙を見せない性能なためバンドリ+ホウオウで相手のザシアン+黒バドレックスを相手できたり、バンギラス、霊獣ランドロスと組み合わせることでイベルタルダイマックスを凌いでからこちらのダイマックスで圧をかける立ち回りができるため非常に使いやすかったです。特性さいせいりょくも優秀でサイクル戦になった時に有利に試合運びができてTODによる勝ち筋を追えることができたので本当に偉かった。

技構成は参考にした構築記事の技構成をそのまま使いました。ゼルネアス、ジガルデがきつかったので途中みがわりからふきとばしに変えようか考えましたが、みがわりからせいなるほのおの動きが強い(霊獣ランドロスに交代される読みみがわりを選択すればみがわり状態からせいなるほのおの追加効果を押し付ける試行回数を稼げる)のとでんじは、あくびなどの状態異常技を咎める手段として非常に優秀+みがわりのおかげで勝てた試合がかなり多かったため最後まで技構成は変えずに戦い続けました。

 

霊獣ランドロス@ゴツゴツメット NNトンカチ

性格:わんぱく 特性:いかく

努力値:H252 B252 D4

実数値:196-165-156-×-101-111

技構成:じしん、がんせきふうじ、とんぼがえり、ステルスロック

 

調整

☆H-B ザシアンの乱数が変わるためHB特化

 

物理受け霊獣ランドロスステルスロックゴツゴツメットの定数ダメージを稼いで黒バドレックス、ドリュウズの攻撃圏内に入れる役割を担ってます。バンドリで一貫するじめん技を無効化できて黒バドレックス、ホウオウで苦手なバンギラス、レジエレキ、ガオガエンに対して後出しすることができたので補完枠として優秀でした。バンギラスが選出できなかった時のステルスロック要員でもあるので、バンドリ選出ができなかったとしても裏選出でステルスロックを展開できたため選出の幅を広げることができました。

雑に扱っても何かしら仕事をこなすので無難に強かったです(こなみかん)。

 

ウォッシュロトム@とつげきチョッキ NNこわれかけ

性格:ひかえめ 特性:ふゆう

努力値:H252 B12 C140 D100 S4

実数値:157-×-129-157-140-107

技構成:ほうでん、ボルトチェンジハイドロポンプあくのはどう

 

調整

☆H-D 補正ありC252振りカイオーガの雨状態のしおふきを乱数2耐え(98.9%)

 

今回使ったパーティで最後に入ってきた補完枠。ここまでの5匹だとみず技(特にカイオーガ)が一貫してるためみず技を半減以下で受けれてカイオーガに有効打があり黒バドレックス+ホウオウで苦手な霊獣ランドロスバンギラスガオガエンに弱くないポケモンを模索したところウォッシュロトムにたどり着き採用しました。

調整はカイオーガの雨状態のしおふきに対して受け出しができつつ火力アップアイテムを持ったカイオーガ対面時最低1回は行動できるように耐久に振って残りは火力に振りました。耐久に少し振ったことでカイオーガに対して安定した立ち回りをすることができたので耐久に振って正解でした。ただ、火力を削いだことでウォッシュロトムの攻撃で落としきれずに耐えられて返り討ちになるケースがあったので色々と足りないと実感しました。それでもじめん技を透かせてカイオーガ、霊獣ランドロスに有効打がある性能は唯一無二なので替えが効かない存在です。

技構成はハイドロポンプと上振れが狙えるほうでんは確定。残りの技は対面操作ができて安全に黒バドレックスを出すことが可能なボルトチェンジと黒バドレックスと対面した時4倍弱点を突かれるあくのはどうにしました。

 

 

パーティ紹介は以上です。

 

 

【基本選出】

※禁止伝説の組み合わせはかなりあるので自分がランクバトル潜ってる時によく見た並びの基本選出を記載します

 

☆VSザシアン+カイオーガ

or

 

☆VSザシアン+黒バドレックス

oror

 

☆VSザシアン+イベルタル

or

 

☆VSザシアン+ディアルガ

+@1

 

☆VSザシアン+ホウオウ

 

☆VSカイオーガゼクロム

 

☆VSイベルタル+ムゲンダイナ

 

☆VSイベルタル+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+日食ネクロズマ

or

 

☆VSホウオウ+ムゲンダイナ

or

 

☆VSゼルネアス+日食ネクロズマ

+@1

 

☆VSゼルネアス+黒バドレックス

+@1

 

☆VSジガルデ全般

or



 

 

【きついポケモン

 

☆ウーラオス(れんげきのかた)

黒バドレックス、ウォッシュロトム以外不利をとられてしまうため。見せ合いの段階で苦戦を強いられる1匹。

 

☆ゼルネアス

1番きつい禁止伝説。対面で明確に勝てるのがドリュウズしかいません。

 

☆ジガルデ

ゼルネアスほどではないですが、きつい禁止伝説。霊獣ランドロスのいかくと黒バドレックスのみがわりを駆使しながら頑張るしかないです。

 

 

 

【最後に】

 

結果

TNジューダス 最終順位56位

TNげんばねこ 最終順位33位

 

改めましてシーズン31お疲れさまでした。前のシーズンではレート2000に到達することができず悔しいシーズンでしたが、シーズン31ではレート2000を達成+2ROMで最終2桁順位で終えれることができて本当に嬉しいです。今回レート2000達成したことで通算30回目のレート2000を達成することができたので個人的に安心してます。シーズン32以降もいつも通りのんびりポケモンやっていきあわよくば上の順位を目指せるよう頑張ります。

 

すぺしゃるさんくす

 

☆自分のモチベーションを維持させてくれた3桁目指す窓の方々

 

☆シーズン30で悔しさを植え付けたスーパーザコモンスターことイシズマイ。サンキューザッコ フォーエバーザッコ。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。シングルランクバトルでTNジューダス、TNげんばねこと当たった方は対戦ありがとうございます!

 

 

※最高,最終レート

 

・メインロム

 

・サブロム

 

twitterID:@Judaspoke